« 今日のジミベン。 | トップページ | 今日のジミベン。 »

2013年10月24日 (木)

母校で講義

Img_2620
Img_2621

ひょんなことから母校で2週に渡って講義をすることになりました。

理由はまた後ほどということにして、
テーマは「文化財の実測調査について」
1週目は基礎的な講義で2週目の今日はこれまで僕が関わってきた事例を軸に。
先週が少々退屈に陥りやすい(でも大切な)話であったので、きょうは文化財調査に興味を持ってくれるような話題を出すように心がけました。
そこでまず実際に教室の天井高さを「自分の身体で」測ってもらうことに。
いわゆる「身体尺」というもので、ぼくも実際にそれをつかって調査のときにスケールの”あたり”をつけている「とても役に立つツール」です。
有名建築のスケールを身体に覚えさせるときなんて大活躍です。
さて、学生たち。
さすがに突然言われてできるはずもなく、僕が−5ミリの誤差で精度を見せて先輩風吹かせて終了となったのですが、自らを使って測れる体験をした学生がひとりでもきょうのことに興味をもってくれればOBとしてうれしいことはありません。
ちなみに身体で測ることを覚えておくと何かと便利です。(円周や直径、複雑な形も測れます。ぼくは片手では0.3・20・105・210ミリが測れる部位を把握しています。)
*写真は3Dスキャナーについて説明する5年生(学校で購入したそうです)
と、校舎の風景。
k

|

« 今日のジミベン。 | トップページ | 今日のジミベン。 »