« 今日のジミベン。 | トップページ | 今日のジミベン。 »

2013年9月 2日 (月)

紙のれん

Img_1207

おとなりの埼玉県では竜巻による甚大な被害が報告されている。
越谷の親戚は無事だったようでそれは一安心なのですが、被災した地域の方々にはお見舞いを申し上げます。
さて、ウチの事務所は自宅食堂と建具一枚でつながっていて、それはそれで至極便利なのですが、開けるとすべてお見通しになってしまうのが欠点。
最近、例のデザイン賞応募のために出したA1プリントを貼ってチェックするスペースがないためにその入り口に貼って眺めていたところ、これがちょうど良い目隠しになることが判明しました。しかし通る時に屈まなくてはならずちょっと不便だったのと検討も終わったので、通りやすいようにはさみで竪に切れ込みを入れてみました。最初は何筋かいれて「ああ通りやすくなった」などと満足していたのですが、そのうち「もう少し細かくすると縄暖簾のようになるのかな」なんておもいザクザクたくさん(一本の幅が5ミリくらい)切れ目を入れて行きました。
結果、縄暖簾ならぬ紙暖簾とでも呼びたくなるようなものが出来上がりました。
軽さも相まってすこぶる快適です。
で、よくよく眺めるとプリントしてある店内”写真”が隙間からのぞく本当の部屋のように現実と反転して見えて来て、これは意外に面白い効果が生まれてしまったとほくそ笑んだところです。
k

|

« 今日のジミベン。 | トップページ | 今日のジミベン。 »