« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月30日 (月)

今日のジミベン。

18_2
9/30 栗ごはん、ひじきの煮物、おやつにバナナマフィン

栗をいただいたので栗ごはん。餅米入り。
うまい。むくのすんごい大変だけどそれを忘れちゃうくらいうまい。

バナナマフィンは卵なし、くるみバター入り。

はぶ

|

2013年9月25日 (水)

今日のジミベン。

17

9/25 鶏肉と根菜の煮物、枝豆とエビの湯葉包み(市販品)、のり巻き卵焼き、ナメタケ

昨日とほぼ変わらないお弁当。煮物の味が一日経って少し美味しくなっていた。
根菜は蓮根と牛蒡と人参が入っている。この中では蓮根が一番好き。

はぶ

|

2013年9月24日 (火)

今日のジミベン。

16

9/24 鶏と根菜の煮物、茹でたいんげん、なめたけ、マフィン

なめたけは自家製。ちょっと甘かったかなー。
鶏と根菜の煮物は久々に作った。少しだけ煮汁をかけといたらご飯に染みていてすごくおいしかった!

おやつに今日はスイートマフィン。半年前にcocociさんのお菓子教室で習ったマフィン。ちょっと贅沢おやつ。ほろほろ甘くて珈琲にぴったり。

はぶ

|

2013年9月23日 (月)

しるしとかたち

2ヶ月ほど痛風による足の腫れが引かずあひあひしてました。
靴でもサンダルでも測ったように痛い部位に当たるんですよ。とほほ。
そんなことでビーチサンダルで過ごした夏。
あまりおかしく見えなかったのは、普段からラフな恰好をしていたからでしょうか。
社会人としてすこし反省しなければなりませんね。
それにしても、痛風にやさしい靴、誰かつくってくれませんかね〜(発作でないような生活をしろとおこられそうですが。)
写真は、視覚障害者のためのしるし。
牛乳パックは丸欠けが一つ、ジュースは2つだそうです。
かたちで判別できるように出来たらいいのにと思ったのもつかの間、いやいや、かたちにしるしの組み合わせだから判別が付きやすくなっているのかもと思い返した痛風明けの朝です。
k

Img_0871

Img_0873_2

Img_0874_2

Img_0876


Img_0875_2

Img_0877_2



|

2013年9月21日 (土)

おかし

Img_1965

9/21 今日は打ち合せがあって外ご飯だったのでジミベンはなし。
代わりに先週焼いたお菓子の写真。

少し涼しくなってちょうど良く黒ぽちができてきたバナナがあったのでバナナブレッド。後、いちじくもあったのでバターケーキも。
バナナブレッドはなかしましほさんレシピに材料に無いシナモンとラム酒を入れて焼いた。
いちじくのバターケーキはネットにあったレシピを元にカルダモンとシナモンをいれてスパイシーに。
これから焼き菓子がおいしい季節。簡単なものしかできないけど、シンプルなビスケットやスコーンはもちろん季節の果物が入ったお菓子を焼きたいなーと思っている。

はぶ

|

2013年9月20日 (金)

今日のジミベン。

Img_2032

9/20 ぶりの味噌粕漬け、油揚げの含め煮、茄子の味噌炒め(母作)、けんちん汁(母作)、生姜の甘酢漬け、塩昆布

今日は新米です。おいしい。
油揚げの含め煮はきつねうどんのおあげの味付け。ご飯がすすむ。
久々に味噌粕漬け。やっぱりおいしいなー。
けんちんは昨日十五夜さんだったので母が直径30センチ以上はある鍋いっぱいに作った。二人暮らしなのに・・・。

はぶ

|

2013年9月19日 (木)

今日のジミベン。

15

9/19 さつまいもご飯、ごぼうの煮物、しめじと万願寺とうがらしの炒め物

今日は十五夜さん。というわけでさつまいもご飯。栗ごはんがいいなと思っていたけど栗が用意できなかったので。
さつまいもが甘くっておいしい!

はぶ

|

2013年9月18日 (水)

今日のジミベン。

14

9/18 焼き鮭、卵焼き、なすの味噌炒め(母作)、生姜の甘酢漬け

のりはいつも通りの2段。

一気に秋らしくなったこのごろ。
これからの季節が一番好きなのでウキウキしています。
食べ物も着るものも風景も。秋〜冬が大好き。
もう少しで終わっちゃうけど、あまちゃんが面白いので毎朝ウキウキしています。

はぶ

|

2013年9月17日 (火)

今日のジミベン。

13

9/17 おにぎり 大葉、しょうゆ、ゆかりのみっつ。

朝がちょっと早かったのでおにぎり。一つは朝用。
大葉は去年の夏に塩漬けして保存していたもの。今年も少なかったけど採れた分を塩漬けしといた。
この大葉の塩漬けのおにぎりはすんごくおいしい。去年はちょいと奮発してゲランドの塩でやってみたからかも?今年はいつも使っているお塩でやってみた。

はぶ

|

2013年9月14日 (土)

今日のジミベン。

12

9/14 パンとサラダ

昨日、パンを頂いたのでパンのお弁当。
パンは何も入っていないシンプルなパン。おいしかった。
サラダはサニーレタス、茹でたアスパラとオクラとじゃがいもと卵、スライスオニオン。

イプシロン、打ち上げ成功!

はぶ


|

2013年9月12日 (木)

今日のジミベン。

10

9/12 舞茸の炊き込みご飯、生姜焼き、ピーマンのおかか炒め、新生姜の甘酢漬け

頂いた舞茸を炊き込みご飯に。お焦げもできた。はーおいしい。
ピーマンと新生姜はうちの畑で採れたもの。
夏と秋が混ざっているお弁当。

はぶ

|

2013年9月 9日 (月)

よろしくどうぞのre-design

3年ほど前に、飲んでいる席で「カトーさんのところは事務所名が目立たない。もっとカトーさんらしい名前にしたらよい」と言われ、まだ数回しかお会いしてない方からこのように会社の根幹である名前について指摘されることに驚くとともに、その方の書かれた著作や活動に尊敬の念を抱いていたことやらお酒が程よく思考能力を鈍らせていたこともあって、その場で「では、どんな名前が良いのか考えていただけませんか」という流れになって”その方”考えること数分。

で、できたのが「のぶひろアーキテクツ」
それからすこしづつ準備を始めて、先日事務所登録名を変更し、このたび名刺ができました。
お願いしたのも、あの日現場にいて、名前誕生の瞬間を目撃した方です。
今回は、既にこちらで考えていたデザインをre-design(リデザイン=再設計)というやり方でデザインしていただきました。
「できているものを使う」というのは簡単なようで難しくて、何を隠そう僕が「これ以上まとまらない」ことからプロの助けを受けたとも言えます。
それだけの実力が、やはりデザイナーにはあると、今回改めて実感することができる仕上がりで手元に届けられました。
今後、順次「のぶひろアーキテクツ」を浸透させて参ります。
よろしくお願いします。
Img_1417
よく使い始めに書く「試し書き」
「の」にも「か」にも見えることからヒントを頂戴した
Img_1414
表と裏のデザイン。
スプラウトさんの構成力
Img_1415
表側の「の」デザインがポイントに
印刷は少し厚めの生地に活版
Img_1416
「繋がる」「バネのように伸びる」「気さく」なイメージがとてもよく伝わります。
加藤誠洋

|

2013年9月 5日 (木)

今日のジミベン。

9

9/5 茗荷と葱と生姜の炒めご飯、茄子と切干し大根の煮物、茄子の味噌炒め(母作)、エビと枝豆の湯葉包み(市販品)、塩昆布

塩昆布はスターネットで購入。甘くなくておいしい。
茄子うんまい。これからぐぐっと美味しくなる茄子。

はぶ

|

2013年9月 4日 (水)

LOVER ALBUM2を聴きながら

Img_0448

しずかに案に考えを巡らせている時間は至福のとき。

そんなアシストを、きょうはクラムボンのやさしい唄声がしてくれます。
方向が見えました。
k

|

今日のジミベン。

8

9/4 ゴーヤと茄子のオイスター炒め、がんもと厚揚げの煮物、塩昆布、黒米入りご飯。

またまたオイスター炒め。今日は豆板醤を少し入れてちょっとぴりっと。
たくさん作ったから今晩のおかずもこれ。(ビールのつまみにいいな・・・)

Img_0711
今日は丹下健三の誕生日。生誕100年ということで香川で展覧会やイベントが開催中とのこと。去年行って外観しか見られなかった香川県庁舎の見学ツアーもあるとか。行きたい。

はぶ

|

2013年9月 3日 (火)

今日のジミベン。

7

9/3 がんもと厚揚げの煮物、卵焼き、茄子の味噌炒め(母作)、梅干し

今日は好物ばかりを詰めてきたので、午前中はお昼が待ち遠しかった。

梅干しは数年前に母が作ったもの。梅干し好きの父が畑に梅の木を数本植えて母に作ってもらっていた。もう木が古くなってしまい良い梅が採れなくなって何も作っていないけど。

がんもと厚揚げは益子の直売所で。いくと大抵買って帰る。

はぶ

|

2013年9月 2日 (月)

紙のれん

Img_1207

おとなりの埼玉県では竜巻による甚大な被害が報告されている。
越谷の親戚は無事だったようでそれは一安心なのですが、被災した地域の方々にはお見舞いを申し上げます。
さて、ウチの事務所は自宅食堂と建具一枚でつながっていて、それはそれで至極便利なのですが、開けるとすべてお見通しになってしまうのが欠点。
最近、例のデザイン賞応募のために出したA1プリントを貼ってチェックするスペースがないためにその入り口に貼って眺めていたところ、これがちょうど良い目隠しになることが判明しました。しかし通る時に屈まなくてはならずちょっと不便だったのと検討も終わったので、通りやすいようにはさみで竪に切れ込みを入れてみました。最初は何筋かいれて「ああ通りやすくなった」などと満足していたのですが、そのうち「もう少し細かくすると縄暖簾のようになるのかな」なんておもいザクザクたくさん(一本の幅が5ミリくらい)切れ目を入れて行きました。
結果、縄暖簾ならぬ紙暖簾とでも呼びたくなるようなものが出来上がりました。
軽さも相まってすこぶる快適です。
で、よくよく眺めるとプリントしてある店内”写真”が隙間からのぞく本当の部屋のように現実と反転して見えて来て、これは意外に面白い効果が生まれてしまったとほくそ笑んだところです。
k

|

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »