« 今日のジミベン。 | トップページ | 今日のジミベン。 »

2013年7月12日 (金)

ここにしかないという特徴。

以前客室1室の改装をお手伝いしたときに書いた記事に記したとおり、このたびリノベーションをお手伝いさせていただいた橋本珈琲の母体、橋本旅館には昭和初期に建てられた旅館建築という素性のよさがあって、その良さを引き出すことが、この計画のほとんどすべてでした。
それには女将である小貫さんにかかる地元の期待を受け止めることが不可欠で、当然施工を担当してくださった郡司建築工業所の技術力なしでもできませんでした。
橋本珈琲はただのリノベーションでなく、真壁という歴史的まちなみが残る地区のコミュニティスペースとしての役割も担います。
そんな橋本珈琲に、きょう応募していたグッドデザイン賞1次審査通過のお知らせが舞い込みました。
2次審査は公開、幕張メッセで8月に開催されます。
文化財という資産を活用した地域の中のコミュニティスペースを魅力的に紹介する
ことが僕に課せられた使命で、それがどんな結果になろうとも、橋本珈琲の魅力は唯一無二であると確信しています。
0428043254dpi
_v0a049872dpi
0304030854dpi
k

|

« 今日のジミベン。 | トップページ | 今日のジミベン。 »