« starnetでパンケーキ | トップページ | ホンカクハここに »

2013年5月 3日 (金)

すきな人すきなやきもの

Dsc_0155

学校の帰り、笠間で開催中の陶炎祭(ひまつり)に寄ってきました。

笠間焼産地でのやきもの市は、同時期開催されている益子の陶器市が、まちなかで展開されるのに対し、陶芸の丘という広場で一同に集まってブースを出しているのが特徴です。
なので、足早に笠間近辺で窯を構える200軒以上の”いま”をみることができます。
着いたのが3時過ぎだったので”さささ”と、くまなく見て思ったことは
「お、いいな」と目に留まるうつわが、知っている人のものである確率がとても高いこと。
知り合うのは偶然であることが多い笠間の作家さんで、しかも10人ほどしか存じ上げないにも関わらず、200の中で気に入ったうつわがそれだと言うのは、偶然だというより、必然的に出会っているような気さえします。
写真は桑原哲夫さん、典子さんご夫妻のうつわ。
(6角皿が哲夫さんでカップは典子さん)
きのう手に入れたものです。
このお二方、哲夫さんには1年半ほど前に笠間にあるカフェ&ギャラリースペース「かしゃま文化会館」で車掌のあやさんに紹介されて、典子さんとはつい先日、益子の陶芸家鈴木稔さんに連れられて訪れた益子のカフェ「ひじのわ」でウクレレを教わりました。
どちらも偶然。
哲夫さんと典子さんのうつわは端正で、品が漂います。
お会いした方ならわかるでしょうが、それでいて親しみやすいお人柄の二人から産まれたことがとても良くわかるうつわです。
もともとやきもの好きなのですが、最近はそういったことで、偶然の出会いの不思議さも楽しんでいます。
k

|

« starnetでパンケーキ | トップページ | ホンカクハここに »