« 今日のジミベン。 | トップページ | 今日のジミベン。 »

2013年4月25日 (木)

水戸にて

先週からいよいよ今期の授業が始まりまして、きょうは第2週目。

汚れていたPANDA号を洗ってからの出発は朝6時。
Img_6405
春休みで授業はなかったものの、毎週の朝の儀礼!(笑)、ベンツカフェのコーヒーがある僕は、すんなりとリズムを取り戻すことが出来ます。
Img_6411
きょうの茨城新聞は、大工町1丁目にできた再開発ビルオープンの記事が一面を飾ります。
なんでも住居部分100戸は完売だとか(ベンツカフェおかみさん情報)。
さて、今期はお昼を跨いで3コマを受け持ちます。
午前中は2年生の「ショップデザイン」。
前半はプロジェクターを用いて授業をし、後半は現在水戸芸術館で開催中の「坂茂展」を見に行く。
Img_6429
中庭には、女川町仮設住居の実寸模型が。
Dscn5132
作業をする人が被災地を想起させます。
「一建築家がどう被災地と向かい合っているか?」
この展覧会は、そういった問いかけにも応じる形をとっています。
Dscn5237
内部は撮影OK。
もちろんここぞとばかりシャッターを押します。
Img_6432
受付で渡される説明図。
わかりやすい!
Dscn5219
手前は「ポンピドゥーセンターメス」の柱(1/5スケール)
奥は「韓国ナインブリッジズゴルフクラブ」の柱(1/3スケール)
木構造の可能性に挑戦する坂さんです。
Dscn5202
阪神淡路大震災の時につくった「紙のログハウス」の現寸模型
そう、坂さんといえば「紙管」。
紙が構造体になるなんて衝撃的でした。
Dscn5262
手前は「紙の茶室」で奥が坂さんの別荘。
自身も紙の建築にお住まいです。
Dscn5268
さて、お昼です。
芸術館を出て歩く道すがらの光景も春ですね〜
Dscn5271
きょうはたまたま友人が水戸に来ていまして、お昼をご一緒しました。
つくばみらいの平田さんご夫妻と歌手の石塚明由子さん。
石塚さんの唄声、とても素敵なんですよ。
Img_6430
京成デパートにある「な嘉屋」で歓談しながらそばをつついて、僕は午後の授業へ。
Dscn5275
1年生の「空間造形」では、模型づくりを指導。
例年懇切丁寧に教えていたのですが、今年はすこし考えるところあって、道具の使い方のみ教えて、自由に課題を作らせてみました。
やっぱりね、最初から出来る人はなかなかいないんです。
それでいいんです。今年は「どうやって作るか」を自分で見つけて行くことを学生に課してみます。
Dscn5283
教室の片隅には、古い工業用ミシン。
今年からファッション科が復活したので、こんなものも置いてあります。
あまりに素敵で見とれてしまいました。
Img_6431
講義が終わって帰途、床屋の料金表。
豊富なようでパーマがない。
なんてこと思いながら2時間、無事事務所に帰還です。
K

|

« 今日のジミベン。 | トップページ | 今日のジミベン。 »