« もうすぐオープン | トップページ | 3.11 »

2013年3月10日 (日)

触覚

Dsc_0460

建物は感触も大切で、手で触れる場所にどんな素材を用いるか、常に考えます。

写真は橋本珈琲のエントランス引き手。
ずいぶん探しておよそ100年前の真鍮製両開きドア用の金物を見つけました。
それを引き手に使います。
薄汚れていたのを磨いたらピカピカになって、これはアンティーク趣味の方が見たら「もったいない」と思われるかもしれません。
磨くのも、業者に頼めばいいのでしょうか、性分で、自分で磨き具合を調整しながらゴシゴシしました。
お客様が手に触れるところですから、きれいに清潔にします。
100年前の金物を触って、珈琲を飲みに行くなんて、ちょっといいでしょ。
下の写真は磨く前と半分終わって見比べたもの
やっぱいいでしょ。
加藤
Dsc_0456_2
Dsc_0459

|

« もうすぐオープン | トップページ | 3.11 »