« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月30日 (金)

今日のジミベン。



11/30 サンドイッチ2種、サラダ

バインミーもどき、自家製ツナサンド。の二種類。どちらも作り置きのおかずを詰めただけの簡単サンド。
サラダはサンドイッチの中身を詰めてきた。

はぶ

|

2012年11月29日 (木)

今日のジミベン。



11/29 茹でたブロッコリーとカリフラワー、がんも煮(母作)、サバの黒酢炒め。

サバの黒酢炒めは夕飯にサバの竜田揚げを作った残りで作った。

はぶ

|

2012年11月28日 (水)

内覧会のお知らせ

Dsc_0116
このたび施主様のご厚意により、私自身焼杉職人となったりして建築していた「余地と暮らす家」の内覧会を実施する運びとなりました。
直前のお知らせになってしまいましたが、お気軽にお越し下さい。
実施日 12月1日(土)
時間  午前11頃より日暮れまで
場所  茨城県古河市(詳細はメール say_yoh@nifty.com にてお知らせいたします)
*お車でお越しの方は駐車場があります。余地もあるのでお子さんも遊べます(笑)
加藤

|

余地と暮らす家 内覧会のご案内

S_2

12/1(土)余地と暮らす家の内覧会を行います。
時間は午前10時〜午後4時頃まで。
場所は古河市内です。
ご興味のある方はメールか電話をください。
詳細をお伝えいたします。
メールアドレス
habu@kenticlin.org
電話
0280-78-1101
担当:加藤、羽部
よろしくお願いいたします。
羽部







|

2012年11月27日 (火)

今日のジミベン。



11/27 がんも煮(母作)、塩鮭の粕漬け、卵焼き、ひじきふりかけ(市販品)、赤カブの漬け物

卵焼きはパクチーとヌクマム入り。このおかずだけベトナムの風吹かしてしまった。

赤カブの漬け物は先日伺った桑原商店さんの展示会で桑原さんが作った赤カブの漬け物がおいしかったので、まねっこして作った。リンゴのすり下ろしが良い仕事してる。

はぶ

|

2012年11月26日 (月)

今日のジミベン。



11/26 ミネストローネ、ルヴァンのパン3種

ルヴァンは上田のお店の方で買ったもの。
黒ごま入り、くるみ入り、ドライフルーツ入りの三種類。
ミネストローネは大豆と白菜がたっぷり。上にのっかっているのは水菜とブロッコリー。

ルヴァンはしみじみとおいしい。

そうそう同じ日に行ってきた東御市にあるわざわざというパン屋さんのカンパーニュと食パンもおいしかった。ちょっとくせになりそうなおいしさ。

はぶ

|

2012年11月24日 (土)

今日のジミベン。



11/24 鰤の塩麹漬け、塩鮭の酒粕漬け、ひじきの煮物、ごぼうとにんじんのピリ辛煮、白菜とキュウリの浅漬け(以上、二品母作)

鰤は塩麹に漬けて6日くらい。塩分控えめだから少し漬ける時間が長くてもぜんぜんしょっぱくなくてちょうどいい。
塩鮭の酒粕漬けも6日くらい。

はぶ

|

2012年11月22日 (木)

今日のジミベン。



11/22 玄米とカリフラワーのグラタン、ルヴァンのくるみパン(写真なし)。

カリフラワーと玄米ごはんと酒粕が冷蔵庫にあったのでグラタン!
玄米入りってことはドリアになるのか。まあどちらでも。
ベシャメルソースに酒粕を入れてバターの代わりにオリーブオイル。
ストーブに乗っけてアッツアツを食べた。くるみパンもおいしくて幸せー。


はぶ



|

2012年11月20日 (火)

今日のジミベン。



11/20 ごぼうとにんじんのピリ辛煮、白菜の漬け物(以上2品母作)、ひじきと大豆の煮物、茹でたカリフラワー、茹でたほうれん草、割干し大根の煮物

茹でたカリフラワーはエジプト塩を添えた。うんまい。
母がつくったごぼうとにんじんのピリ辛煮は秋〜冬の定番。

はぶ

|

2012年11月19日 (月)

今日のジミベン。



11/19 豚肉の塩麹漬け焼き、ひじきと大豆の煮物、水菜、根菜ときのこの粕汁

久々に仕込んだ塩麹は減塩レシピ。お施主様の奥様よりレシピ本(豆種菌の麹の本)をコピーさせてもらって早速作った。普通の塩麹が塩分30%なのにこのレシピはたしか7%くらい。
より麹のうまみが味わえる気がする。つけ込み時間も1日以上と長め。

粕汁は寺田本家さんの根菜粕汁のレシピを参考に。

はぶ

|

2012年11月18日 (日)

ニーチェアの張替え

先日お伝えしたように、布地はボロボロ、骨組みはサビサビになってしまって使っていなかったニーチェアの張替えをした。

Img_3010
分解して、金属部分を磨く。
Img_3014
トーメイニス仕上げだった肘掛け部分にはチーク色のオイルステインを塗った。
Img_3016
新しい布地は紺色を選んだ。
Img_3021
ニーチェアの良いところは簡単に張り替え組み立てが出来るところです。
Img_3022
収納時に使う”引っかけ”は、とてもきれいだったので買ってあった北欧製の紐を利用した。雰囲気がでた。
Img_3023
事務所の椅子がチークだったので色をあわせたというわけです。
こういうのは、新品同様ピカピカにするのじゃなく、適度な古さ(味)を感じさせながら直すのがいいのです。
加藤

|

2012年11月16日 (金)

今日のジミベン。



11/16 割干し大根の煮物、レンコンの素揚げ、車麩の煮物、水菜、ラディッシュの甘酢漬け、ひじきのふりかけ(市販品)

割干し大根は切り干しよりちょっと太めなので食べ応えがあっておいしい。
具はにんじん、エリンギ、しめじ、油揚げ。
レンコンって揚げても煮ても炒めても漬けても炊き込んでもおいしい。大好き。

はぶ

|

2012年11月14日 (水)

今日のジミベン。



11/14 白菜と干しえびとキノコの煮浸し、車麩の煮物、雑穀ご飯(黒米多め)

今期初の白菜は煮浸しに。霜がおりたらもっと甘くなっておいしくなる。楽しみ。
うちの辺りは白菜を作っている農家さんが多いのでいただいたり家でも作ったりして、冬は毎日どうやって白菜を使おうかと悩むけど毎日食べても飽きないから不思議。あ、そんなにバリエーションはありません。
昆布だしの白菜鍋の残りを次の日の朝、味噌汁にして食べるのが一番好き。

車麩の煮物は干しえびと白菜の煮浸しの汁を使った。なかなか良いぞ。

はぶ

|

2012年11月13日 (火)

今日のジミベン。



11/13 かぼちゃの煮物、素干しエビとネギの卵焼き、(以上2品母作)焼鮭、れんこんとラディッシュの甘酢漬け、自家製味噌

茨城県民の日の今日、県内のモスバーガーがモスバーガーを200円で売っているということで久々に食べた。正確にはご馳走になった。数年ぶりのモスはおいしかった!


|

2012年11月 9日 (金)

今日のジミベン。



11/9 うなぎ(母作)、にらの卵焼き、茹でたブロッコリー、ほうれん草のおひたし、レンコンとラディッシュの甘酢漬け、カブの漬け物(母作)、けんちん汁(母作)

うなぎは父が隣町の川魚やさんで白焼きを買ってきて母が煮た。
なんでこの時期?と思ったら、ただ単に父がうなぎを食べたかったらしい。
父はうなぎが好物だけど父の母=私の祖母はうなぎを食べなかったと最近になって母に聞いた。
そのわけを聞いてみたら、祖母が生まれた家のそばに虚空蔵様があったからという。今もその近所の家では食べない人もいるとか。
なんでだろうかと調べたら、虚空蔵様の使者がうなぎだといわれているというのを発見して納得。

はぶ

|

2012年11月 7日 (水)

今日のジミベン。



10/6 豚肉とキャベツの味噌炒め、かぼちゃ煮、ひじき煮、ゆでたブロッコリー

ひじき煮は2日目くらいが味が染みておいしい。今回のひじき煮は大豆入り。
母が作るひじき煮は大豆入りなので、私も入れる確率が高い。いつも使えるように缶詰の茹で大豆を常備。

はぶ

|

2012年11月 5日 (月)

今日のジミベン。



11/5 ひじき煮、かぼちゃ煮、ゆでブロッコリー、大根とラディッシュのはちみつピクルス、自家製味噌

今年も味噌ができた。早速、ご飯につけて食べる。
大豆がまるごと入っていたりと、おおざっぱな私の性格がまるごと出ている味噌だけど、自分で作ったから、味は二重丸に花まるもつけちゃう出来。

はぶ

|

非文化的文化施設

Img_2632
わが古河市に建つ公園内の休憩施設は、芝生に映える白色に塗られた鉄骨造とガラスの半戸外的空間を有する建築です。
竣工は1998年、設計は妹島和世さん。そう、いまでは世界のセジマのあのセジマさんです。
公園内には他に管理棟があり、こちらは内藤廣さんが設計をされています。
公共の公園に、コンペでもなくしがらみのない(と思われる)建築家を起用するというのは発注主の英断です。
(公園のプロデュースを中村良夫さんにお願いしていたことが要因です。)
計画を知ったときは「やるなぁー古河市」と思ったものです。
さて、施設ができたとともに施設はかつてこの場所にあった公園内売店がおかれました。それは公園に遊びにくる人の為の休憩飲食スペースだからあって当然、ないと不便ですから。
ぼくも、いくらスター建築家のケンチクだからってかしこまってツンツンして置いておくことはないんだ、いいこといいこと。と、画用紙にマジックで殴り書きされガラスにべたーっと貼られたお品書きや段ボールに無造作に詰め込まれて建物の美しく見える場所にわざわざ置いたとしか思えないおもちゃの刀やぶら下げられたフリスビーを見るまでは思っていました。
たしかに建物は芸術作品でないのだから使われてこそです。しかし、建築家がその能力を生かし「こうあってほしい」と願って計画した建物の本意を使用者も少しは汲んで欲しいものだと、ここまでひどいと思ってしまいます。まして公共建築なのだし、あえてセジマを公共建築に選んだ意味を最もわかってなければいけません。
写真は現在の施設の姿。
相変わらず大切にされてない感がため息がやまないくらいひしひしと胸に迫ります。
白ペンキも塗り替える予算もつかないのでしょうか。薄汚れた天井を見上げ、爽やかな秋空との対比にため息は続きます。
とにかく、作りっぱなしで文化的建築の価値をちっとも理解していない行政によって、最低ペンキの塗り替えだけでも充分なセジマ建築の美しさが堪能できる幸せを古河市は作れません。
さて、そのわが市は現在文化施設建設の件で、市長のリコール請求がなされるなどちょっとした騒ぎになっているわけですが、こんなちっぽけな、しかし今度できるとされている文化施設より遥かに建築的文化度が高い(はず)のこちらさえまともに管理できない行政にどうして総工費140億もの施設が管理できるのでしょう。
建築や文化は作ればいいというものではありません。つくって、育てて、維持して、続けていくことを作ったものの責任としてしっかり認識していなければ、ただの箱以下になってしまいます。
最後に休憩施設についての記事を紹介しておきます。
加藤

|

2012年11月 3日 (土)

今日のジミベン。



11/2 がんも煮、レンコンのきんぴら(以上、二点母作)、卵焼き、茹でたほうれん草、塩鮭

常備菜ができる時期でとっても助かるけど、毎日ほぼ同じお弁当になりがち。でもそれもいいかと思う。
休日はお出かけもちょこっとするけど塩麹と甘酒を作る予定。
初の甘酒作り。上手にできるといいのだけど。

はぶ

|

2012年11月 1日 (木)

今日のジミベン。



11/1 がんも煮、蓮のきんぴら、大根の葉っぱ炒め(以上三品母作)、サツマイモの甘辛炒め、雑穀入りごはん

サツマイモの甘辛炒めは揚げない大学芋みたいな味。おかずにするので砂糖控えめに。一応そろえて入れたいんげんがバラバラになってるー。

今日から11月。私の大好きな冬がやってくる。うれしいなー。
ストーブの匂い、ふわふわのウール、あったかいチャイなどなど楽しみがたっくさんの日々が待っている。

はぶ

 

|

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »