« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月31日 (水)

今日のジミベン。



10/31 きのこ三種とレンコンの炊き込みご飯、がんも煮(母作)、大根の葉っぱ炒め(母作)、春菊の胡麻和え、ゆでたいんげん、キャベツのスープ(母作)

キャベツのスープは夕飯に残り。
キャベツがたくさんあるのでキャベツたっぷり。スープの素はオーサワの野菜ブイヨン。

炊き込みご飯はタイマーセットを忘れて焦がした・・・。がっくし。焦げ以外はまあまあなので次回リベンジする。

はぶ

|

2012年10月29日 (月)

たっぷりな収納

Dsc_0029

 

たっぷりな収納が必要な場所には充分なスペースを。

何かと物が氾濫する洗面所と脱衣場を別にして充分な使い心地を計画したいものです。

なかなかそうも行かないときは、収納を考えてたっぷりとっておきます。


この棚板は可動式になっていて収納物の大きさや使い勝手に応じてカスタマイズできます。間取りの隙間をうまく利用して棚板を架け渡します。表面にカーテン代わりにお気に入りの布地をかければ気の利いた目隠しになるし、整理ができるケースを組み込んでも良いかもしれません。
簡単な大工工事なので木の生地が見える部分なら多少傷ついたり穴が開いても補修が簡単にできます。(余地のある暮らしの家)

 

加藤

|

2012年10月28日 (日)

私たちの「作業用椅子」

事務所の作業用椅子を替えました。

それまで長く座っていたのはアメリカ製の機能性チェアで、これは痒いところに手が届くようにあらゆるパーツが微調節可能な機能的には全く問題のない一見”完璧な”椅子でした。
一見、というのは使ってみるにしたがって僕にとってどうもしっくりこないことが多く出てきたからです。
「長時間座っていても疲れ知らず」なのは、「集中力が散漫になる」ことでもあり、「微調節ができる」ことは「楽な姿勢でくつろいでしまう」ことでもあります。
さらに、狭い事務所なのに大柄な椅子はどうもバランスが悪い。
なにせ手を伸ばせば届くくらい狭いので、キャスターの必要性なんてないんですね。
これ以上、そんなこと思いながら仕事するのはつらいな〜ということでこのたび思い切って椅子を選び直すことにしました。
所員ハブも同じ椅子を使っていましたので、二脚。
座って仕事をするための椅子ですから多少の出費は覚悟の上、おおよその予算を決め、それぞれ「この椅子と仕事をする」をテーマに椅子を選びました。
選んだのはどちらも北欧デンマークのビンテージダイニングチェア。
食いしん坊の事務所らしい選択と言いましょうか。笑
ハブのチョイスはカイ・クリスチャンセンのNo42。
珍しいローズウッドの骨組みに黒革の座面と背もたれを備えた椅子で、背もたれが可動なことと、ハーフサイズの肘掛けのついた特徴があります。
僕のチョイスはハンス・J・ウェグナーのCH-29。
言わずと知れたウェグナーの椅子なので、掛け心地は抜群です。
素材はチークと布。
CH-29の総チーク製というのは珍しいそうで、さすが雰囲気は抜群です。
重量も、片手でひょいと持ち上げることができるので、狭い事務所では重宝します。
機能満載の最近の椅子もとても良いと思いますが、座って作業をしてみてウチの事務所にはこんな椅子たちの方が良いんだとはっきりわかりました。
多少当初の予算をオーバーしましたが、そのぶんバリバリ仕事がはかどればいいし、これらの椅子は大切に使えば僕の寿命より長生きです。
Img_2447
KAI・KRISTIANSEN No42(デザイン1960年代)
Img_2445
HANS J・WEGNER CH-29 (デザイン 1951)
Img_2446
加藤

|

2012年10月27日 (土)

今日のジミベン。




10/27 さんまときのこの炊き込みご飯、卵焼き、里芋と人参の煮物

今日もまたまたさんまです。家族のリクエストに早速応えました。
下の写真、写真の回転間違えてしまったけど、直し方がわからないのでそのままで失礼します。ストウブの22センチで炊きました。

昨日と違うのは、きのこをいれて、もち米を少し。もち米入れるともっちりしてこれもまたうまし。きのこ入りも良し。後一回くらいは作りたいなー。どうかなー。

そうそう、このレシピを教えてくれたともこちゃんは料理教室の先生です。
http://tomogohaaan.web.fc2.com/index.html

とっても楽しくておいしくてかわいい教室なんです。
また行きたい!


はぶ

|

2012年10月26日 (金)

今日のジミベン。



10/26 さんまの炊き込みご飯、キャベツのナムル、ブロッコリーときのことねぎの味噌炒め

さんまの炊き込ご飯はともこちゃんのレシピ。
家族にも好評で、また作って~と早速リクエスト。
うれしいなー。

はぶ

|

running dog

Img_2393



日の出が遅くなってきて、いよいよそれまで朝にこなしていた愛犬

mofの散歩とボクのランニングの両立が難しくなってきた。
かといって朝、ボクの登場をチェーンが切れんとばかり引っ張って

心待ちにしているmofの眼(まなこ)を振り切って一人ランニン

ングにむかうことなどできないから、まずは犬の散歩第一になって

、走れない日が続く。
ランニングのハイシーズンに突入しようとするこの季節に走れるの

に走れないのはかなりなストレスで、それを愚痴ったら「mofと

一緒に走ればいいじゃないですか」と言う。「そんなことが果たし

て可能なのか」とここ数日、試走しています。
まあ、mofにしてみればボクのプラクティスなんでどーでも言い

訳で、おかげで途中で急に止まったり、かわいい彼女(雌犬)をみ

つけてはグイグイ反対方向へ引っ張られたりしていますが、なんと

か走れるものなのだとちょっと得した気分になっています。
きょうは5キロ、mofと走ってきました。

今までそんなに長い距離を散歩してこなかったから(いつもは朝夕に1キロほど)なのか、帰ってきて、ご褒美のクッキーを食べてからご覧のようにぐっすり眠ってしまいました。
今後10キロほどに距離を伸ばそうかなと思っています。
ついてきてくれるかな。モフ。

|

2012年10月24日 (水)

今日のジミベン。



10/24 かぼちゃの煮物、ナスの味噌炒め、ゆでたブロッコリー(以上、母作)、いんげんの胡麻和え、シラス入り卵焼き、しょうがの佃煮(市販品)

最近、卵焼きに冷凍シラスを入れている。いい具合の出汁がでるし、カルシウムも少しだけどとれる。私の卵焼きは砂糖すこーしの甘くないやつ。


はぶ

|

2012年10月22日 (月)

今日のジミベン。



10/22 レタスと鮭フレークの炒めご飯、キャベツのマスタード和え、シメジと春菊のオイスター炒め

レタスとキャベツがありがたいことにたっくさんあります。
とくにキャベツ消費をがんばりたいところです。

はぶ

|

2012年10月19日 (金)

今日のジミベン。




上10/19 ピーマンとおあげの甘辛炒め、味噌味の肉なし肉じゃが、玄米のびっくり炊き

今日のお弁当はふりかけと漬け物以外、全部教わったお料理。
ピーマンのはともこちゃんに、味噌味肉じゃがはお茶の先生、肉なし肉じゃがはととこさんのまねっこ、玄米もととこさんから教わった。

全部リピート間違いなし!ありがたやーです。


下10/18 大豆サラダ、ラディッシュのはちみつピクルス、レタス、きゅうり、ブロッコリー、おくら、cimaiのパン

おくらとかブロッコリーにはエジプト塩をふりかけて。
レタスは農業を営んでいるお施主様よりいただいた。
新鮮なものをいただける幸せ。


はぶ

|

2012年10月17日 (水)

今日のジミベン。



10/17 ポトフ(母作)、写真はないけど他に水菜とチーズのサンド、コッペパンチョコサンド。

スープの時期です。今年初のポトフ。

はぶ

|

2012年10月16日 (火)

今日のジミベン。




上10/16 茄子の味噌いため、ぶりとまぐろの生姜煮、万願寺唐辛子の炒め煮、以上三品は母作、ピーマンとおかか炒め

下10/15 おにぎり2種。おかず味噌と葉唐辛子の佃煮。
どちらも青じその塩漬けでまいた。青じそは夏に収穫したものを塩漬けに。おにぎりにぴったり。

はぶ

|

2012年10月13日 (土)

今日のジミベン。



10/13 サトイモの煮っころがし(母作)、まぐろとぶりのしょうが煮(母作)、ピーマンのおかか炒め、もやし炒め、ラディッシュのハチミツピクルス

まぐろとぶりは刺身の残りで煮たもの。ごはんがすすむー。ピーマンは家でとれたもの。サトイモはご近所さんからいただいた。

はぶ

|

別の方法で試してみた。

「大屋根と暮らす家」でも、外壁に焼杉を用います。

先に制作した焼杉は、一枚一枚バーナーで炙って制作をしていて、今回もそのようにするつもりです。
さて、知ってはいたのですが、焼杉は古来からの作り方があるようで、それは「煙突上にして下から火をつける。」という非常に原始的、且つ理にかなった方法であります。しかし、3メートルを超える長い板を立てて焼くことは風などで煽られると非常に危険なのではと、回避しているわけです。
「でも、試してみたいよね」ということで、やってみましたそのほうほうで。
結果、非常に良い!
灯油もバーナーも使わず自然の力だけで出来上がる焼杉に私、すこし感動してしまいました。
この方法がどの程度使えるか(諸般の事情から)わかりませんが、これ、本格的に治具作って焼いたら効率がめっちゃ上がること確実です。
Img_2061
まず、3枚の杉板を3角柱にして縛ります。
Img_2062
底に新聞紙を詰めます。
Img_2063
火をつけます。
Img_2064
立てるとたちまち炎が上がります。
Img_2065
頃合いを見計らって倒します。
紐は切れて板がばらけます。
Img_2066
上と下で焼け具合にばらつきが見られますが、まずまずでしょう。
Img_2067
デッキブラシでしごいてみると、くっきりときれいな木目が浮き出た焼杉が完成です。
まだまだ改良点はありますが、ほんと昔の人は偉大です!
加藤

|

2012年10月12日 (金)

今日のジミベン。


10/12 がんも煮(母作)、ごぼうとにんじんのきんぴら(母作)、かぼちゃの煮物(母作)、ゴーヤの佃煮(頂き物)、ラディッシュのハチミツピクルス、葉唐辛子の佃煮

ゴーヤの佃煮はお茶の先生の手作りをいただいた。かつおぶしやじゃこが入ってとってもおいしい。お茶の先生は料理教室の先生もやっているので、レシピや料理のコツなども教えてもらえる。とーってもうれしい。

はぶ

|

2012年10月 9日 (火)

今日のジミベン。



10/9 おでん、栗ごはん、茹でたオクラ、奈良漬け

3日目のおでんは味が染みていて最高。日本酒が合います。
またまた栗ごはん。いつも地元産の栗だけど今回は益子産。

はぶ


|

2012年10月 2日 (火)

今日のジミベン。

10/2 キャロットラペ、蒸し茄子のゆずぽん和え、茹でたいんげん、キャベツ、ベルキューブのチーズ3つ、cimaiのたまねぎフォカッチャ

キャロットラペはバルサミコ酢とマスタードとはちみつ味。アーモンド入り。たまねぎフォカッチャ、とおってもおいしい。

はぶ

|

2012年10月 1日 (月)

今日のジミベン

10/1 栗ごはん、いりどり(栗入り)、卵焼き、茹でオクラ、なめたけ、けんちん(母作)

十五夜さん気分を引きずっているようなお弁当。
栗をいただいたので、栗ごはんに入れて残った分をいりどりに入れてみた。
いりどりに栗は合う。
なめたけにはエリンギも入れたので食べ応えがある。

はぶ

|

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »