« 中秋の名月 | トップページ | 前川幸市展「ZOO」 »

2011年9月13日 (火)

マエヒジサイとサンジカイ

11日は、午後から益子の「前土祭」にちょこっとお邪魔して、そのあとblackbirdの痩せ型バリスタのほうである田口さん(もっとも最近はもうひとりのバリスタフジオさんもダイエットに励まれていると聞いており、この形容はいまだけ限定かも知れぬ)とお相手のアキコさんの結婚式の3次会に参加した。田口さんとアキコさんは「ブケット(スミマセン、綴りがわかりません)」というユニットで活動もされていて、その二人が結婚するんだからこんなに素敵なことはない。なんでかって、「ブケット(スミマセン、綴りがわかりません)」の焼き菓子は素朴で美味しいからだ。

Photo

「前土祭」は、来年開催の第2回土祭りのプレイベントで、前回の「土祭」も見た自分として、勝手に「土祭」コンプリートを目指そうと益子を目指したわけである。

で、「前土祭」の益子には夕方5時に訪れて、まちなかは時すでに遅しといった風情。でもまあこんな感じもたそがれてていいなとぶらぶらしながら「内町工場」にて古本2冊と「G+00」でツマミ入れるのに丁度いいサイズの岡本芳久さん作すてきな備前風の器を買い求め会場へは6時。月を背にした舞台はみんなシャッターを押しちゃうくらいステキ。会場構成は道に向って横切る用水路?で2分された飲食スペースとパフォーマンス会場。それぞれ幼稚園の園庭程度のこじんまりしたスペースに適度な人の数。容れ物がキャパを決定しているのか、キャパを読んだプロデューサーの力量なのか、版築の魅力や、出来合いのテントを使わず木と土で現した屋台やベンチも込みで、月も演出の内だとしたらほんとすごいなさすがだな。

そのあとの予定もあり、「5人組」?というグループの演奏とMCを聞いて、MCはないほうがよかったなと思いつつ会場を後にし、駐車場まで向う途中の本屋より流れる音楽を心地よく聞き流しながら入ったことはあるけど飲食未体験「ヒジノワ」の明かりに近づくとクローズドの案内で、少しがっかりして、午後一滴も水分を摂っていないことを思い出し、だから痛風になるんだなとひとり合点。向かいの自販機にてスポーツドリンクボタンをポチッと押した。

Photo_2

Photo_5

Photo_6

Photo_3

Photo_4

Photo_7

Photo_8

Photo_9

Photo_10

さて、車を東に走らせて田口さん3次会へ。22時スタートまで少々時間アリ。このタイムラグが結果的に「お祝いの挨拶だけしてスマートに帰りましょう」と思っていた僕の素敵な心に穴を開けてしまったようで、空いた時間についうっかりアルコールを体内に入れてしまう。

で、宿取れちゃって泊まっちゃう準備OKの3次会とことん飲んでもだいじょうV体制な自分に、これでいいんだと自己肯定。

いや、少しひるんだのは早めについた会場にいたDJさんそのほか関係者の皆さんの明らかに一回り、いや二回りは違うであろう若さと空間の「踊らない奴は要らないゾ」感。当然、そんなに踊れない僕は、それでも第一義はお礼の言葉と言い聞かせおとなしく座って待つこと数分、知り合いの顔が現れほっと一息。

それにしても、DJはのりのいい音を選ぶし、そんな中で飲むお酒もいい気分にさせるし、いつの間にか踊ってる自分にもびっくりだし。当然新郎新婦はシアワセそうだし。音楽と酒とシアワセミックスのなか911や311のことを想い「みんなシアワセになれたらいい」なんて、疲れてふらふらのステップ踏んだあと、超ふらふらで宿に戻るあいだに、ふと、夕飯を食べていないことに気づき、コンビニでカレーとサラダ買って袋を提げながらすでに筋肉痛の状況で哲学する夜は更けたのでした。

|

« 中秋の名月 | トップページ | 前川幸市展「ZOO」 »