« 震災、できること | トップページ | にこぐさえびちゃんから »

2011年3月15日 (火)

味噌

スタジオアーキファームの峯田さんよりいただきました。

峯田です。皆様ご無事でしょうか。
東北地方では未曾有の自然災害、福島では大変な人災が起こっています。
今は自分のできること(体内被爆の回避)をするしか無い状況です。
建築的なアドバイスでなく、味噌仕込屋としてのアドバイスです。

●味噌と放射性物質の除去

http://www.takeya-miso.co.jp/column/008.html

ヨウ素を含んでいる「昆布やワカメ」の摂取も有効です。
(=甲状腺が放射線で汚染されたヨウ素を吸収してしまう前に、汚染されていないヨウ
素で自分の甲状腺を満たしておく。)
また、米ぬかは放射線を吸着する働きが有るそうで、玄米を火で焼きしめて陽性化し
た黒炒り玄米、それに梅干しを入れて煮だした黒炒り玄米スープなども有効です。
逆に、この時に、陰性の強い砂糖を含む食べ物や、果物、アルコールなどを摂取する
と、危険です。

塩気で放射線をブロックし、酸で排泄する
塩は砂糖と比べると陽性で収縮性が強く、海水を煮詰めて作ったよい塩気をしっかり
補給して体内に循環させておけば、放射線の害からかなり身を守ることができます。
また、アミノ酸やクエン酸などの酸には放射線を排泄する力があるといわれています。

伝統製法の「味噌」「梅干し」「醤油」「漬物」といった発酵食品には塩気とアミノ
酸、クエン酸などの酸の両方が含まれます。実際、味噌のジコピリン酸に放射性物質
を排泄する働きが強いことが報告されています。

そしてなによりも、空気中に舞っている放射性物質を含んだチリ等を体内に入れない
注意が大切です。

峯田建

峯田さん、ありがとうございます。自家製味噌はさぞうまいでしょうね!

目に見えない恐怖にどう対処していったらよいか、戸惑うところです。自衛手段として役立つ情報をありがとうございます。

                                                                 (3月16日追記)ただし、個人的に食品系の話は、買占めなどのパニックを引き起こす可能性もあるので、気をつけなければともおもっています。あくまでも真偽の話ではなく行動心理の問題としてです。

加藤誠洋

|

« 震災、できること | トップページ | にこぐさえびちゃんから »