« ハブの師匠 | トップページ | 今日のジミベン »

2011年3月18日 (金)

強さを信じる

水戸芸術館の学芸員、森山さんからいただきました。

こんにちは。
その後いかがでしょうか?
水戸ではやっとコンビニに飲み物が入るようになりました。
スーパーもぼちぼち開店するところが出てきてホッとしています。
あとはガソリンなどの燃料が入ってくるといいのですが。

原発の心配で避難が続いていますね。
水戸も120キロ圏なので心配しながらも、落ち着いて暮らそうと思っています。

先日は貴重な情報をありがとうございます。
街中は水戸市が建物の危険度を調査した紙を貼っているようですが
まだまだ住宅地には行き渡ってないので、自己判断の基準のひとつとして
活用させていただきたく思います。

ニュースに流れるひとりひとりに起こった物語に涙し、
途方もない数にそれぞれ顔があることにを思いをはせます。
私たち皆がこの体験を共有しつつ、それぞれを律しながら
日常が戻るよう努めたいものです。

森山さん、ありがとうございます。

また、芸術館も被害を受けたなか、地震時は避難場所として開放し、職員の皆さん全員で応対をしたと聞いております。                                            一日もも早い芸術館と水戸の復活をお祈りします。

その名の通りすぐに判断を必要としている建物のためにある応急危険度判定。現在の判定士を派遣する側のシステムではとてもすべて賄いきれないだろうと感じてブログに記事を載せています。

判断基準のひとつとして是非活用してください。

加藤誠洋

|

« ハブの師匠 | トップページ | 今日のジミベン »