« 今日のおやつ | トップページ | 信楽→京都 »

2010年4月 5日 (月)

信楽ACT2010

信楽ACT2010に参加

「信楽ACT」は陶都信楽復興のために、地元窯元と新進陶芸家や国内外のアーティストが手を取り合って年に一度、春に開催されるイベント。僕も建築グループ「POSTO」の一員として第一回の2008年から参加している。今年は、参加者が昨年より少なくはなったものの、「信楽の空間とともに見せる」事に馴れてきた展示が多くなったようだ。残念なのは、登り窯や地形に張り巡らされる道、寄り添うように建つ建物に代表される歴史を経た「信楽パワー」が大きくて、場所にうまく溶け込んだり凌駕するような展示になかなか巡りあえないこと。

Dscn6289

登り窯の上屋屋根。うねる錆びたトタンの迫力。

Dscn6308

土蔵の土壁を利用したモール。

Dscn6316_2

前川幸一さんの作品は登り窯の入り口につけた「覗き穴」から見る。今回は、前川さんのところに泊めていただき、奥様の手料理でもてなしていただいた。

Dscn6344

Dscn6348

我々POSTOの「信楽いろは」はカフェアワイサ内で展示。

Dscn6390

「大谷工作室」の大谷さんが仲間と2人で製作中の「ヲミド基地」

掘立柱に廃材を張って屋根にはトタン。漏れる光の美しさとプリミティブな力強さ。

Dscn6403

Dscn6394

場所は朝宮地区。大谷さんの「送迎車」が出動。周りには茶畑。ここ朝宮地区は古くから良質な茶の産地として有名。送ってもらう途中、近くのお茶やさんでお茶を購入。

Dscn6395

Dscn6455

Dscn6480

Dscn6490

Dscn6493

女たぬき。リボンと葉っぱが目印です。

Dscn6501

Dscn6506

Dscn6508

Dscn6518

Dscn6533

Dscn6537

Dscn6540

Dscn6547_2

Dscn6553

Dscn6581

Dscn6589

藤本秀さん。

Dscn6603

徳丸鏡子さん

Dscn6628

Dscn6657

Dscn6667

加藤誠洋   

|

« 今日のおやつ | トップページ | 信楽→京都 »