« 雪 水戸 卒業おめでとう | トップページ | 空港 まちづくり 座談会 »

2010年3月11日 (木)

宿酔い 信楽 奥原晴湖

10日

昨晩は水戸泊。宿酔いで優れない気分に鞭打って帰宅するも午前中は仕事にならず寝込む。それにしても宿泊代の価格破壊は進んでいて、僕が水戸で泊まる宿は一泊素泊まりで3,000円ほど、朝食付きでも3千円台である。2日続けて水戸に用事がある場合、交通費だけをみれば泊まったほうがはるかに安いのだ。個人的には宿泊代の安さはありがたい。しかし最近の水戸は、このような”格安宿”にしなければ経営が立ち行かない宿が多くなったようで、価格競争の様相を呈している。安くしなければ宿泊客が期待できないとしたら、水戸のホテルも危機的状況に来ている。

それにしても、今回は時間と謝恩会の場所の都合でBLACKBIRDに立ち寄れず残念。

信楽ACTの準備も着々と進んでいる。先に信楽視察を終えたメンバーからの報告によると、今回はいろいろな関係先を取り込んで、より一層信楽に関係の深いイベントを打てそうだ。僕も今月中に視察に行き写真をバシバシ撮ってくる。

午後

建築士会まちづくり委員会が発行するまちづくりガイドブック『常陸の国の昔のいえ』~県北八溝山麓編~の最終確認のメールを送る。

展覧会模型資料が博物館より送られてくる。次々と資料の提供を受け、復元模型は、リアリティを増す。「奥原晴湖展」は3月20日より、古河歴史博物館にて開催。ウチは熊谷にあった晴湖自邸(現在一部が古河歴史博物館前に「繍水草堂(しゅうすいそうどう)」として移築復元)の復元模型を担当しております。

加藤誠洋

|

« 雪 水戸 卒業おめでとう | トップページ | 空港 まちづくり 座談会 »