« 走る 浸かる 飲む | トップページ | ゆきうさぎ »

2010年2月18日 (木)

「まちのみかた 栃木市」レポート 後半

「まちのみかた 栃木市」後半は、「まちあるき」。前半で「まちのみかた」を紹介した4人がリーダーとなり、参加者とまちあるきをして栃木市の再発見をします。会場は前回と同じ、中田家見世蔵(国登録有形文化財)。

1 注意事項説明

2まちあるき前に自己紹介

3あるくルートの説明

4先週のおさらい

3月13日午後3時、早朝から降る雪の中、33名の参加者が4グループに分かれて1時間ほどの”ツアー”がスタート。

グループにはそれぞれ「地元の方:ガイド役」「地元以外の方:外部からの視点でまちをみる」「リーダー:自分のみかたを案内しつつ時間や経路の把握」といった役割を与え、「みんながグループの一員である意識を持ってまちをあるく」まちあるきをしました。

5_2雪のなか、出発!

51 うづま川沿いの道を歩く

61水路を眺める

戻ってからグループのリーダーを中心に、各自着目したところを挙げ、「栃木市の再発見」を発表。

6ワークショップ中

62温かい甘酒が振舞われる

カフェ的な和やかワークショップ

7そして発表。

安沢グループは、ポラロイド写真を用いて説明。

Dscn4029 参加者で記念撮影

懇親会では、ちょうどその日に「ネットワーク栃木」主催の「栃木自由大学」という市民講座の招きで「明治期の栃木市の建物」についてレクチャーをしに来ていた恩師、河東義之氏や自由大学の主催者である「ネットワーク栃木」の皆さんも合流し、これからの栃木市について大いに盛り上がりました。

9建築史家、河東義之氏によるレクチャー

また、河東氏には「明治期の栃木町の建物」について貴重なお話を頂戴できたことは思っても見ないありがたい出来事でした。

10雪化粧した見世蔵

懇親会では栃木を代表する大工、山本兵一棟梁(大兵工務店代表)にお言葉を頂戴する。

8懇親会終了後の記念撮影

今回も、前回同様多数の参加をいただき開催できたこと。御礼申し上げます。

今回の成果は、「まちのみかた栃木市100」として、後ほどあたらしい栃木市をこの場で紹介させていただきます。

最後に、快く会場を提供していただいた中田家ご夫妻。後援をいただいた、栃木市教育委員会(栃木市長様にはイベント開始前に会場へ起こしいただき激励のお言葉を頂戴しました)、栃木の例幣使街道を考える会のみなさま、協賛をいただいた油伝味噌株式会社様。レポートの提出が近いのにお手伝いいただいた小山高専専攻科建築学科の伊東さん、高岩さん、大島先生。懇親会に駆けつけてくださったネットワーク栃木の皆さんをはじめ、ポスターやチラシを置かせていただいたお店や施設様、町で声を掛けてくださった栃木市の皆さんには心より感謝いたします。

「みかた案内人」の安沢・渡邉・大波・羽部の4名は自分の普段をさらけ出す方法のこのイベントに賛同してくれ、また主旨を瞬時に理解していただき、おまけに僕の至らない点までカバーしてくれてありがとう。君たちのお陰で、「まちのみかた」を今後展開する基礎も築けました。

「まちのみかた」は今後、7月に「たてもののみかた 中銀カプセルタワーマンシオン」、10月に「まちのみかた 水戸」を予定しています。今後も「みかた」を披露しまちを見ながらあたらしい「みかた」で地元の方と触れあいながら継続していきたいと考えています。どうぞよろしくお願いします。

「まちのみかた」加藤誠洋

|

« 走る 浸かる 飲む | トップページ | ゆきうさぎ »