« ゆきうさぎ | トップページ | 松代・善光寺・小布施に須坂 »

2010年2月21日 (日)

弘文 N市 リフレクション

19日

学校の用事があり水戸に行く。

用事は夕方からであったが、昼にK5の甲高さんとお昼を一緒にしたのと、芸術館の企画展を見たかったので早めに事務所を出る。

甲高さんとは、同じ学校で教えていながら授業日がすれ違いで今まであまりお話ができなかったのが、ブラックバードつながりとでも言うか、色々と接点が増えてきて、増えてきたら是非会ってお話をしたくなって、話をしてみたら共通点もかなりあって、今後も仲良くさせてもらいたい知り合いがまた1人増えました。

その後、水戸芸術館で行なわれている「リフレクション展」へ。まずテーマ設定からして”2000年以降の”と「なぜ2000年以降」なのか、きちんとした言及がなく、その土台にいくらテーマ性をつけても企画の立て方への脆弱さを感じる。「社会や個人の小さな物語を照らし出す」というが、その意識ってみんな持ってるよね。言葉に出さないけど。なんとなく「新しいの入りましたっ」て感じで、教育します的展示に思える。ぼくは「あなたなら何を感じる?」って感じの展覧会が好きだ。(一つ一つの作品は素敵で、映像世界に引き込まれる作品も多数ありました。それから、あくまでも僕個人の感想です。展覧会の感想は人それぞれなので、気にしないで見に行ってくださいね。)                             同時に行なわれていたクリテリオム(高田安規子・政子「稜線の彼方に」)はよかった。

学校では、来期の受けもつ授業課題についての打ち合わせ。いろいろと考えるところがある。

Dscn4163

Dscn4166

Dscn4177

Dscn4196

Dscn4201

加藤誠洋

(お知らせ:次の更新は火曜日以降になります)

|

« ゆきうさぎ | トップページ | 松代・善光寺・小布施に須坂 »