« 27日の状況 | トップページ | 緊急撮影  »

2010年1月28日 (木)

旧H氏邸現る

「まちのみかた 栃木市」概要はこちら

27日

朝、走る。25分44秒(過去最高、キロ4分40秒)。

午前中、現場にて敷地調査。

帰りがけ、予てから気になっていた近所の家(廃屋)が、この冬の時期、生い茂る葉が落ちたおかげでちらっと見えることを発見。ようやく長年の夢が叶い撮影に成功する。

Dsc_0042

後ろからみたところ。長い六角形煙突にアールのついた窓

Dsc_0051

ポーチコがつく玄関寄りつき。腰部分には昭和初期建築に見られる「スクラッチタイル」らしきタイルも貼ってある。広い敷地にはこのほかにも土蔵、煉瓦蔵、木造和風家屋などが確認できた。*塀に手を出して撮影したので、斜めに写ってしまい、加工してまっすぐに直しました。

『茨城県の近代化遺産』によれば、明治期に自由民権運動家として名を馳せた人物が建てた住まいで、昭和3年築の、当時としては珍しいRC造。わが町初の衆議院議員でもあったらしい。現状を見て、荒廃が進んでおり危機的状況が見て取れてとても残念。昭和初期のモダニズム建築としてもかなり大規模で、(屋上にプールもあるらしい)とても貴重だ。こういった建物に光をあて、ストックすることが文化に繋がる。何とかできればいいな。

教育委員会に相談してみよう。

加藤誠洋

|

« 27日の状況 | トップページ | 緊急撮影  »