« 母校の校長先生に会いに行く | トップページ | 27日の状況 »

2010年1月27日 (水)

みんなの応援と暖簾デザイン決まる

26日

3日つづけて走ったので、きょうのランニングは休み。

午前中、栃木市に行き宣伝活動(ポスター掲示)のお願いに。              ハブ、オーナミ君は公共施設などをまわり、僕は、後援をいただいている「例幣使街道を考える会」事務局の小池さん(油伝味噌)のところに行く。小池さんのところでは、栃木を代表する大工である大兵工務店の山本さんが、屋根工事中で、途中から山本さんも加わって談笑。相変わらずのエネルギッシュさは25年変わらず。そうこうしていると、小池さんにナショナルトラスト事務局より電話がかかってきて今回の「まちのみかた」のお知らせを会員向けのwebマガジンに載せていいかとの連絡だというので、電話を代わり、快く、というか大歓迎で了承。あーなんというグッドタイミング。

その後、あまりにも小池さんのところで時間をつぶしていたので、ハブ、オーナミ君が迎えに来て、「油伝味噌」をあとにする。

昼にそばを食べてから、市役所の関係部署をまわり、チラシを置いてくる。            栃木市役所には僕やハブの母校の卒業生やオーナミ君の母校(栃木高校)の卒業生がたくさんいる。そう、オーナミ君は、高校生のときに栃木まで通っていて、建物の素晴らしさに目覚め、大学で建築を学んだのであった。        

イベント中、母校の学生がお手伝いしてくれることになった。忙しい時期にもかかわらず、ありがたいことである。伊東さんは、以前ウチでインターンシップをしていった優秀な学生。最近は賞もいただいているようです。      建築や町並みに対しても真面目に取り組んでいるので、当日も是非「伊東ちゃーん」と声をかけてあげてください。

Dscn3161

Dscn3162

いろんなところに今回の案内を出して、いろんな人から励ましをいただく。

同業者からも「面白いこと始めましたねー」とか「有意義ですね」とお褒めの言葉を多くいただくが、何より、まちなかで、「がんばって」と励まされるのがうれしい。

きょうも何件か「まちのみかた」のお問い合わせをいただく。事務所から車で10分程度のところにある地域の方からも参加表明。「hibi」さんでみて、連絡をくれたらしい。

夕方、渡邉君より、新聞社取材の件で連絡をいただく。                      「どんな記事にしてもらいたいか」意向を聞いていただけるようだ。               

ところで、イベントでは、看板代わりに暖簾をかけようと思っている。短期間で作成していただけるところをnetで探して、発注のメールを送る。実は「そうだ」と思いついて2、3日まえになってデザインし始めたので、7日に合うかどうか・・・、13日には間違いなく掛けられそうです。

ちなみにこんな感じ

Photo_4

円と楕円の組み合わせの”目”の真ん中に直線の交差で道をイメージした「ま」の文字。ポイントの赤は建物。「なんだかわからないかな」と右隅に「まちのみかた」の文字を入れました。                                 今後、「まちのみかた」はこの暖簾を引っさげて、各地にお邪魔します。

加藤               

|

« 母校の校長先生に会いに行く | トップページ | 27日の状況 »