« 板倉町の風景 | トップページ | 記事 »

2009年11月24日 (火)

霞ヶ浦へ

23日

霞ヶ浦まで足を延ばす。

Dscn2134

椎名家住宅正面

延宝2年(1674)の建築。                                           東日本において、年代が判明している民家としては最も古い。

Dscn2155

同内部小屋組

Dscn2178

霞ヶ浦の民家

屋根型に特徴のある主屋が目立つ。茅葺だったのかも知れない。

Dscn2224

歩崎(あゆみざき)。霞ヶ浦有数の景勝地も今は昔。

観光客もまばらで周辺にはへんてこな公共建築(天守を模した資料館やスパニッシュ風味を持つ水族館など)が建つ。

Dscn2247

patchy

加藤誠洋

|

« 板倉町の風景 | トップページ | 記事 »