« 車屋美術館に行く | トップページ | 霞ヶ浦へ »

2009年11月22日 (日)

板倉町の風景

22日

朝、走る。途中から雨が降ってくる。31分06秒

寒い1日。

午後、板倉町で行なわれた景観フォーラム出席のため、久々に板倉に向う。

フォーラムでは、パネリストとして、水塚の希少性についてお話をする。

Dscn2122

ハブとオーナミ君も見に来てくれた。

いまから9年前に水塚の調査を始めたときからの話。

2人はどんなことを考えながら聞いていたのだろう。

町長からは「水が出た歴史を売りにすること」について否定的意見が出るが、「(堤防の改修などで水害の脅威がなくなったとされるいま)板倉町には水場の困難を乗り切った”知恵”が残されている。被災時に頼ることしか考えない現代人にとって、いまこそ、〔自ら守る〕ことがどんなに大切なことか、そして、それが板倉町のアイデンティティとして誇るべきことである。”水場の歴史”を尊重することが、板倉の生き残る道であろう」といった類のことをお話した。

会場が寒くて、終了後速攻で自宅に戻りお風呂に入ってからからcoedoビールをいただく。

|

« 車屋美術館に行く | トップページ | 霞ヶ浦へ »