« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月31日 (土)

1965

30日

朝、走る。32分10秒。キロ6分。

午後から、1年生の設計課題講評会へ呼ばれているので、水戸に向う。

講評会はたっぷり3時間超。課題の内容よりも、”設計に対する姿勢”のなってなさを改めるよう伝える。

終了後、受け持つ修了制作で”湖水浴体操”を考えている学生のビデオ用絵コンテのチェックをして、自ら「湖水浴体操」を”学生指導”のもと”学校のホール”で踊ってみる。

書店にて『昭和40年男』なるへんてこな雑誌を見つける。内容はともかく、出版不況の中、「ターゲットを絞りすぎて大丈夫なのか」と取り越し苦労をしてしまいそうな雑誌が出たことは奇跡に近いのではないか。S40年生まれとして、存続協力のために買う。S40年生まれのみんなも、書店へ急げ。

だって、自分の生まれ年の雑誌が出るなんて素敵じゃないですか。

みんな帰ってしまった事務所に戻ると「I LOVE コガマラソン」のエントリー葉書がパソコンの上に・・・。ハブ達に黙っていたのにばれてしまった。(東京マラソンが選に漏れたことはまだばれていないのに・・・)

加藤誠洋

|

2009年10月30日 (金)

式台、寄付、土間

28日

朝(自宅周辺)と夕方(水戸)走る。

授業の日。「照明・家具デザイン論」では学生たちに「雑巾の絞り方」を伝授。

お昼はBLACKBIRDで、「水だことブロッコリーのパスタ」をいただく。

その後、”秘密特訓”。先生から「きょうは”痛”気持ちいいところまでね」と言われ、がんばる。

自宅風呂が故障したとの連絡を受けて、帰りがけに”スーパー銭湯”へ。

サウナに挑戦してから体重計に乗ってほくそ笑む。

29日

走るのはお休み

終日図面描き。

きょうの「お茶の時間の話題」は「近世中下級武士住居における玄関取り付き形式と間取りの関係について」。不二家製モンブランを3等分して(栗も3等分)して食べながらおしゃべり。

グーグルスカラー」のことをはじめて知り、驚く。

加藤誠洋

|

2009年10月28日 (水)

キティちゃん

27日

雨だろうと、たかをくくっていたら、晴れ。完璧な秋晴れ。遅く起きてしまい走れなくて、残念。

朝、食事をしながら娘の寝言のことを話題に出すと、不意に息子から、「この前、パパは寝言で〔きみはキティちゃんかい〕といってたよ」と思っても見ない逆襲にあう。なぜ、キティ、しかも”ちゃん”づけ。一体どんな夢を見ているんだ。

午後から、つくば市にあるsingostarlivingで開催されている古本市に行く。

数冊購入。

少し霞んだ夕焼けが闇に溶けていった。

加藤誠洋

|

2009年10月27日 (火)

パスタ500グラム

26日

走るのはお休み(雨)

きょうは終日図面描き。

お茶の時間は、「マンデリン(フレンチロースト・ネルドリップ、32グラム・350cc抽出)」、「白い恋人」を食べながら”「徒士」(かち)”と”ペンクリップの個性”についておしゃべり。

昼、パスタを茹でる。

そんなに忙しくない日は、昼飯当番として、料理をする。                      料理といっても、昼前の2~30分でつくれることが第二条件(もちろん第一条件は”おいしいこと”)なのと、僕のレパートリーの限度があるので、おのずとパターンが決まってしまう。                                     大体、パスタ―チャーハン―リゾット―カレー―サンドウィッチといったラインナップである。

昼食は、お弁当を持参してきているハブにも振舞うし、(ハブの「きょうのお弁当」を楽しみにしている皆さん、そろそろですよ)オーナミ君はスリムなわりに、気持ちいいほどの大食漢だし、現在学校閉鎖中の息子もいるし母もいる。つくるほうも気合が入って、ついつい大量になる。

きょうは、パスタを500グラム茹でて、3種のソース(ミートソースとチーズとぺペロンチーノ。もちろん市販品を使用)で食す。炭水化物祭り。

結局夕食までかかってパスタを消費。

加藤誠洋

|

2009年10月26日 (月)

COEDOうまし

25日

過去最高の13.7キロを走る。1時間26分。脚に少し疲れが出たものの、キロ6分、すなわち2時間ほどでハーフを走りきる感触を得る。

午後、本格的な冬に備え、ファスナーがいかれてしまったブルックスブラザースの黒色ナイロン製パーカー付きジャケットを修理に出し、ついでにスーパーで缶ビール×3+ビンビール×1を入手。COEDOビール、がおいしかった。エビスより少々高くても、飲む価値あり。

それにしてもファスナー修理代金を聞いて「ユニクロのダウンが手に入る金額だ」と思ってしまうのは、かなりな依存症か。

加藤誠洋

|

2009年10月25日 (日)

建築探偵

24日

「歴史の道、聞き取り調査」のため大田原宿と佐久山宿の”由緒ある建物の所有者”にお会いして直接お話を伺う。                          建物の歴史とは、そこで暮らしていた家族の記憶でもある。

貴重なお話を、聞き漏らしのないようにしっかりと記録する。

その後、大田原図書館で資料を閲覧する。

調査―資料探索―そして調査・・・。地道な作業が、成果を生んでいくことを信じて。

僕が、まったくもって儲けの出ない調査活動を20年以上続けているのは、ひとえに永く使われている建物とその住人に敬意を表していることに他ならない。

建物や人、それらかけがえのない出会いから”教え”を受け、僕の設計活動は、また一歩進んでいく。

加藤誠洋

   

|

2009年10月24日 (土)

東京巡回

22日

友人に誘われて巨人戦を見に東京へ。

友人も僕も”寄り道好き”なので、試合前は当然”ぶらぶら都内散歩”。

まずは上野アメ横にてぶらぶら。

白山眼鏡に寄り、前回購入したも、どうもしっくりこない眼鏡のことを鼈甲柄の丸眼鏡をかけた店員に相談。

その後、最近物色中だった”相棒にしたい万年筆”を探しにアメ横のディープな万年筆ショップ「ダイアストア」の名物おばちゃんの博識かつ的確なアドバイスのもと、”LAMY2000”をかなり安く購入。僕が生まれた頃(1965年)誕生したバウハウスの流れを汲むデザインのLAMY2000(1966年)は、誕生以来43年間作り続けられている万年筆である。

次に、チケットを引き換えに水道橋でぶらぶら。

少し遅めのランチを”餃子の王将”で。餃子をつまみにビールで前祝をする。

それから、神保町へ向い、「三省堂」で先ほどのビールの残りを置いてきて建築関係者の聖地「南洋堂」と「明倫館」を見て周り、試合開始まであと1時間半。

そこで、はたとブログで見た”モレスキンのイベント”を思い出し、地下鉄に飛び乗り表参道「MOMAストア」で行なわれている”DETOUR”へ。

店舗の一部につくられたブース。トンネル状の内部は、両側の壁にアクリルケースに納められた”デザイナーたちのモレスキンノート”が上下2段になって陳列されている。なお、”書かれている”のは、本展のために”書き下ろされた”作品のようで、(一部はメモ書きの記述のある作品もあった)おそらくモレスキン側がデザイナーにノートを渡して自由に作成してもらったのだろう。                                            ノートは台に固定されてはいるが、自由に手でめくれるように”巣箱のように”穴が開いているので、それぞれの作品を直に触り、”モレスキンの感触とデザイナーたちの手の跡”をなぞることができる。                      あけられた穴・ページをめくるときのわくわくする気持ち。よそ様の、普段見ることのできない日常を覗き見するような、そんな好奇心(どんな好奇心だか・・・)をかきたてられてしまう、そんな展示です。                      個人的には、横尾忠則さん、ホンマタカシさん、隈研吾さん、ロス・ラブグローブさん、それから名前を失念してしまいましたが、海外のデザイナーのスケッチと細かな字で構成されているノートが印象に残りました(はなびらのような鉛筆スケッチを数ページ描いてあるだけの妹島和代さんのノートは彼女の作品ぽいところが笑えました。)                                このノート、「標すということは大切なんだ」と思い起こさせてくれるので、僕も愛用しています。

BLACKBIRDさん、こんな感じでした。

試合は、ご存知の通り。翌日も逆転劇があってこりゃ今年は最後まで行きますかね。

Dscn1635

加藤誠洋

|

2009年10月22日 (木)

言葉の意味よりも・・・

20日

午後より、佐野市で行なわれた「景観まちづくり」の講演を所員3名にて聞きに行く。佐野市は、最近当事務所で重点的に調査を行っているところ。

基調講演を知り合いの方がされることもあるし、加藤事務所の特色である”なんでも触れてみる”貪欲さの表れでもあり・・・、で、向かったわけである。

ところで、自身も”景観”に関っていてなんだが、どうも”景観”がわからない。「少しは専門家」の僕でさえわからないのだから一般市民がわからないのは当然のことで、今回の講演も「わかっていただくために」、「”景観”や”景観法”という言葉の解説」に終始してしまう。

なまじ景観なんて言葉を使うから説明に時間がかかる。

「わかりやすい文言で地元を考えたらいいのに」。

帰り道。オーナミ君に佐野名物のおいしい”いもフライ”の店を案内してもらい店内で食す。

いもフライはソースが決めてだ。

その後、小山市にて最近出来た珈琲問屋にて豆を購入し帰宅。

さて、じつは、自身も景観まちづくりセミナーにパネリストとしてお呼びがかかっています。来月22日に板倉町で行なわれるイベントで、久しぶりに「水塚」について皆さんの前でお話しする機会を得ました。どんな話を振られるのかわかりませんが、皆さんのお越しをお待ち申し上げています。詳細は後日。

21日

授業。

修了制作「COME BACK湖水浴」を進める。

11月に海パン姿で「湖水浴体操」をしなければならねばならないようだ・・・楽しい作品ができそうだ。

朝のコーヒーと昼のランチはBLACKBIRD。”ポルチーニ茸とひよこまめのクリームパスタ”がとにかくおいしい。シェフの体調がいいのは味でもわかる。

夜、某所にて”秘密特訓”

先生から「息遣いがうまくなったんじゃないですか」といわれる。

巨人は中日に大敗。

わたくし、江川問題があっても、桑田問題があっても、ナベツネがいてもやめられぬ生粋ののジャイアンツファンである(あまり熱心じゃないけど、巨人が勝つと気持ちがいい。巨人ファンて、この手の人が多いようです。)。江川問題も、桑田問題も、ナベツネもファンになってから出てきた”現象”なので、僕からしたら「僕のジャイアンツになんてことしてくれちゃうの」なのである。

なので、活を入れるため、明日、ドームへ行って応援。(たまたま友人に「チケットあるんだけど行かないか」と誘われて行くのだけれど)

加藤誠洋

|

2009年10月19日 (月)

ユニクロ社員の動作について

19日

3時のお茶の時間。(当事務所では10時と3時に〔とんでもなく忙しいときを除いて〕お茶の時間があります。)きょうは、最近”+J”を求めるため何度か足を運んでいる「ユニクロ」で、感心する「ある動作」を引き合いに熱く語る加藤。聞き入る所員。

夜、用あって外出した。ついでにユニクロに寄りグレーのチョッキ(990円)とボタンダウンシャツ(3990円)を購入。レジにて、例の「動作」にまた感心し明日のお茶の時間に話そうと思っていたのに、その「動作」がない・・・。

・・・それにしても、最近体型が変化したために洋服屋通いが続く。ダイエットはお金がかかります。そんな中、好んで「ユニクロ」に行くのは、安いのはもちろん”ベーシック”な商品が安くても、ことのほかしっかりつくられているためです。

*「ある動作」とは買い物をした商品を袋に入れた後、”テープ”の端を”折ってから留める”ことです。こうすると家に戻ってからスムーズに袋を開くことが出来る。僕は、こうした「使う人の立場にたった小さなサービス」に結構心動かされて”ファン”になってしまいます。

Dsc_0013

加藤誠洋

|

18日

朝走る。34分04秒

めっきり寒くなってきた。走るときにも、いままでより、一枚、重ね着をする。

前日、親しくさせていただいている建築家のお母様逝去の報を、知り合いより受ける。通夜は月曜日。

ジョルジュ・ペレック著『さまざまな空間』を読み終える。

―書くこと。それはこころを込めてなにかを拾いとどめようとすることだ―

加藤誠洋

|

2009年10月17日 (土)

来年の2月予定

16日

朝走る。寒い。いつものコースを28分20秒。キロ5分9秒。

受け持つ修了制作が始動して何かと慌しく日々が過ぎていきます。

9月からの3ヶ月間で歴史の道調査の聞き取りも済ませなくてはならず。

ここしばらくは頭と体を休めることが出来そうにありません。

で、そんなときにかぎって色々なことを考えてしまいます。

今日もひとつ、また忙しくなるようなことを考えてしまいました。

加藤誠洋

|

2009年10月16日 (金)

タワー

14日

授業の日。

久しぶりに水戸芸の100周年タワーに登ってみる。

Dscn1571

授業後、小山にて秘密特訓。

15日

昨日の”秘密特訓”の影響で朝走れない。

きょうは耐震診断の結果をお客様宅にお届けし、説明を行なう。

先方の都合で午前と午後に1件づつ。

朝食に昨日木村屋さんで買ったバゲットを使ってサンドウィッチを作る。

加藤誠洋

|

2009年10月14日 (水)

最近の写真

Dscn1101 Dscn1320 Dscn1371 Dscn1376 Dscn1378 Dscn1379 Dscn1389 Dscn1390 Dscn1394 Dscn1396 Dscn1398 Dscn1399  Dscn1410 Dscn1417 Dscn1420 Dscn1422 Dscn1436 Dscn1445 Dscn1460

毎朝走り

新装開店のパン屋に立ち寄り

若冲の「菜蟲譜」を見て

隈研吾設計の美術館を見て

佐野で調査をし

カウブックスで本を求め

評判の水村美苗の本を読み

アウディフォーラムで行なわれたクナッパーさんのレセプションパーティーに出席し

朝焼けに感動した一週間。

加藤誠洋

|

2009年10月 5日 (月)

運動会は雨

3日

娘の運動会

前日の天気と天気予報から市の体育館での開催になるも当日の朝は晴れ。

保護者会会長の挨拶として「皆さんのテルテル坊主に託した願いが太陽さんを元気づけました~」と話をしたもののしばらくして外は雨。「皆さんが体育館で運動会をしているのを見て太陽さんも安心した」と言い訳を考えておいたが誰からも指摘を受けず。

運動会ではお父さんリレーに参加。久しぶりの短距離全力疾走によって翌日は筋肉痛のため早朝ランニング中止。

5日

朝走る。37分。

午前中は来客が続く。

午後、作業。

写真は最近の事務所コーヒー豆事情と土祭の品。

Dscn1104 Dscn1106 Dscn1319

加藤誠洋

|

2009年10月 2日 (金)

私の土祭

Dscn0934 Dscn0951 Dscn0960

Dscn0999 Dscn1009 Dscn1026

Dscn1032 Dscn1054 Dscn1098

加藤誠洋 

|

2009年10月 1日 (木)

後期始まる

30日

後期授業始まる。

今期僕は「家具・照明デザイン論」と「修了制作」を担当する。

特に終了制作は「霞ヶ浦浄化を雑貨で考える」テーマで、その名も

   COME BACK 湖水浴

昭和40年初頭まで霞ヶ浦に10数箇所あった海水浴場ならぬ湖水浴場。

雑貨的”明るさ楽しさ”をもってあの頃の霞ヶ浦を取り戻すためのプロジェクト。

とかく深刻になりがちな環境問題。しかしそこは雑貨インテリア学科の持ち味を存分に生かして楽しく明るく。

・・・相当面白くなりそうだ。ただし問題は時間。。

昼食は このとこころカフェメニューがどどんと増えたお久しぶりのBLACKBIRD飲み物は「カフェ・ロマーノ」。相変わらずうまい。

お隣のパン屋さんの新装オープンも楽しみだ。

授業後、水戸の街を45分走る。きょうは国道50号より南側に2本ほど入った道を行く。最近では「裏南町」と呼ばれていて、若者向けのゲリラショップがぽつぽつと出来ている。ゴールはBLACKBIRDに設定し「水」と期間限定ドリンク「水戸梅モヒート」と「カラメッロ」をいただきエネルギー補給した後、昨日書き上げた大子町の建物記事をもって水戸市内の平井情報デザイン室に伺いK女史と打ち合わせ。

イオンのカルディに立ち寄りピクルスとブラックオリーブを買って帰宅。

加藤誠洋

|

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »