« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月29日 (火)

大子へ

28日

寝過ごして走れなかった。

事務所員3名で朝6時に出発して大子町に向かいプチ町並み調査。

駅前通りを中心に、町誌に載る昭和3年の地図を見ながら、当時の建物をチェックし、お話を聞けるところでは聞き取りを行なう。

目的は建築士会のガイドマップ作りにあるが、半分は個人的な興味。なのでたびたび時間を掛けすぎてしまう。僕は大子のお役に立てるだろうか。

大子駅周辺では街かど美術館の柴夫妻においしいコーヒーの接待を受けながらお話を聞き、大子レトロ館では建物所有者の外池さんより同じくお話を聞く。その後、外池さんより紹介されたゲルト・クナッパー邸に行って陶芸作品を見せていただきながらお話を聞く。みなさん我々の急な訪問にもかかわらず長時間に渡りお話をしていただき、その上クナッパーさんご家族にはには来月表参道で行なわれる個展のレセプションパーティーに招待をされる。

「大子道の駅」に寄り”おやき”を買う。(りんご、野沢菜、きんぴら、野菜)

その後、桜川市で行なわれている早稲田大学の後藤先生による「景観まちづくり」の講演会にお邪魔して「生活景」について、実践での応用などを質問する。

講演後、建築士会武村副会長に誘われておそばをごちそうになる。

Dscn0642 Dscn0652 Dscn0766

Dscn0783 Dscn0798 Dscn0838

Dscn0864 Dscn0871 Dscn0872

加藤誠洋

|

2009年9月27日 (日)

三菱1号館

26日

朝、いつものコースを35分。

午前中、床屋に行き髪の毛をカット。

午後、母の実家(葛飾)に行き車を置いて丸の内に復元(はじめの姿が失われてしまったものを旧に復すること。「復原」は、はじめの姿が改造されたり、変化してしまった現状をもとのすがたに戻すことをいう。)された「三菱一号館」を見に行きさっぱりした頭で「復元」について一号館内のカフェでクロックムッシュを食べながら考える。

Dscn0538 Dscn0542 Dscn0555

Dscn0564 Dscn0565 Dscn0590

加藤誠洋

|

2009年9月26日 (土)

オキナワへ

連休の後半23日から沖縄に行ってきた。

朝、ホテルで走った。

沖縄の日の出は当然だけど関東より遅いので6時半から走る。

2日間走って両日とも虹を見たことがうれしい出来事。

それにしても沖縄の海はきれいだ。

建物は中村家住宅、沖縄県立美術館/博物館、美ら海水族館

城跡は中城城跡

町並みは備瀬のフク木、奥武島

を見た。

Dscn0090 Dscn0103 Dscn0106中村家住宅と中城城となりのお店

Dscn0330 Dscn0319 Img_0247「浜辺の茶屋」と糸満の海 

Dscn0475 Dscn0476沖縄県立美術館/博物館

Dscn0481 Dscn0482

加藤誠洋

|

2009年9月21日 (月)

カメラお披露目

Img_0120

手前:NIKON P6000

奥:NIKON F3

|

景観整備機構

21日

朝、いつものコースを31分

僕の所属する茨城県建築士会は平成17年、全国的にも早い時期に景観法に基づく「景観整備機構」という認定を受けています。で、いまその役を所属する「まちづくり委員会」がお引き受けしています。

委員会では来年の2月末に景観法に関する講演会と勉強会を企画していて、そのための素案作りのため建築士会が景観整備機構になることによってなにが可能なのかを探っています。

当然ですが景観整備機構としてできることはあるけれど人材がいないなんてこともありえます。現にいま茨城の建築士会が景観法に基づいた仕事の依頼を持ちかけられたとしても、対応できる体制が整っていないので、現実には整備機構になっていても何も出来ません。

ということで、とにかく大急ぎで勉強をして2月にそれなりの体制で望めるようにしなくてはなりません。

新カメラ外付けファインダーをつけることにしました。デジカメなので液晶を見ながらシャッターを押せるのですが、いままでNIKONの一眼デジカメで慣れてしまったために接眼窓を覗きながらの撮影のほうがしっくりくるのと、液晶は明るいところだと見づらいし、なによりP6000の”窓”が小さくて見づらい事もあっての選択です。

P6000はクールピクスの上位機種だけあってアクセサリーが豊富に揃っていて、カメラを自分なりにカスタマイズしていく楽しみもあります。

実はGPSもついているので、パソコンと連動させると撮影場所が特定できてしまう機能もあるんです(その上ISOは64~6400なので、調査時などで今までフラッシュを焚かなければ写らなかった暗い室内でも(画質は悪くなりますが)ちゃんと写ります。(先ほどのファインダーを覗いて撮影することで液晶を点けないし、フラッシュも使用しないことでバッテリーの持ちも伸びます)

確かにデザインはPENGRDに比べると劣りますが、自分の使い方を考えるとお値段(本体4万円)も含めて今のところベストな機種といえます。

加藤誠洋

|

デジカメ壊れる

20日

朝、いつものコースを42分。

愛用のデジカメが動かなくなる。所謂故障だ。フィルムカメラの故障と違ってデジカメの故障で困るのは、どこが壊れたかすぐにわからないことと間違いなく万単位の修理代金がかかってしまうこと。

先日外付けハードディスクを雷によって壊された僕は最近デジタル不審である。そんなこともあって久々にフィルムカメラを引っ張り出していじっている。

そしてデジカメとフィルムカメラをもって撮影に望もうなどと考えていた矢先に今回の故障。

デジカメはサブ機としてCANON IXY デジタル400があるのだが、いかんせん性能の点でそろそろ買い替えを考えていたこともあるし・・・、なんといってもある程度の画質で撮らなければならない仕事が連休明けに待ち構えているので新サブ機を急遽導入することにし、ネットで情報収集。店に電話で値段交渉の結果、候補であったオリンパスPENリコーGRDを差し置いてNIKONのクールピクスP6000を購入。一眼デジカメが治ってくるまでとりあえずメインとして使う。同時にNIKON F3PCニッコールレンズ付き)、NIKON NEW FM2ニッコール28ミリレンズ付き)も復活。

加藤誠洋

|

2009年9月19日 (土)

アド街は「栃木」

18日

朝、走る。寒かったのでスタートからピッチを上げて走った結果いつものコースを29分53秒。キロ5分26秒。。

きょうは事務所から車で30分ほどかけて隣町にある結城市立図書館で資料を探す。ここの図書館がすばらしいのは他市町村の貸し出しOK、貸し出し冊数無制限なところで、おかげで必要な資料を30冊ほど借りることが出来た。

連休前半はこれらの資料を読み込んで、いくつかの調査・報告書・記事の参考とする。

19日

朝、きょうは息子の運動会があるので小学校まで走る。運動会では子供たちの走り方を見るのが楽しい。遅くてもきれいなフォームで走る子供やとんでもない走り方なのに速い子供。とにかく一生懸命走っているときの子供たちの目はみんなきれいだ。

運動会終了後、家まで走って帰る。

留守中の家のポストに、いつも最新の栃木市情報を届けてくれる栃木のお味噌やさん「油伝」の小池さんが書き置きを残してくれていた。

内容はきょうの「アド街っく天国」が「栃木市」だということ。(「油伝」さんは7位で小池さんも登場!)

25年前にはじめて登った土蔵の小屋組みの重厚さにとりつかれた故に。現在の僕がある。

その後番組「美の巨人たち」は「伊藤若冲」。こちらも興味深く見る。

加藤誠洋

|

2009年9月18日 (金)

朝、寒くなってきましたネ。

17日

朝走る きょうはゆっくりめに42分。

戻ってからこれまた朝恒例の床磨き。床は素足で気持ちよく歩けるように。

終日事務所で作業しながら「建築士会」や「歴史の道」や「修了制作」の構想を妄想。

Dsc_0079イオン土浦の展示予定場所。

巨大イオン相手に地域の再生を雑貨で考えること。

Dsc_0123 歴史の道調査。宇都宮の味噌屋さんとうろこ雲。屋上からの眺め

|

2009年9月17日 (木)

白沢宿を調べる

16日

朝走る。いろんなモヤモヤを吹き飛ばすように5.5キロを30分51秒。キロ5分36秒。。

午前中事務所にて作業。

午後、予てから「工場が見てみた~い」とお願いをしておいた建具屋さんがシステムバス工場の見学を準備してくれたのでトステムの小山工場へ。ウチはあまりシステムバスを使わないため普段目にしないことばかりで新鮮。それにしても工場って面白い。

その後図書館へ行き「歴史の道」関係の資料を探す。一番のお目当ては『大日本博覧図』明治時代に編まれた屋敷を描いた銅版画集の「栃木県之部」を借りる。

|

2009年9月16日 (水)

着火点

10日

朝走る

非常勤で教えに行ってる専門学校の後期受け持ち授業のために学生と共に土浦へ視察。今期の2年雑貨インテリア学科の修了制作を受け持っていて、テーマを「霞ヶ浦の水質浄化を雑貨的に考える」としていることとイオン土浦さんに協力をいただけるということでそのお礼に向かう。いまから40年前には確かに泳げていた霞ヶ浦の浄化を”雑貨的に”お手伝いできるか。”カムバック湖水浴”。

11日

「歴史の道」2次調査(聞き取り及び実測調査)始まる。まずは奥州道中起点の宇都宮から。

聞き取り調査というのは建物の所有者に、該当する物件の来歴やら当時の聞き伝えなどをお聞きするもので、限られた時間内で的確な質問、相手の気持ちをやわらげる雑談など非常に高等なテクニックが要求される。

昼に県立博物館に立ち寄り資料漁り。

で、調査後くたくたになりながら「ニコグサ」さんへ先日お願いした花の代金をお支払いするために加藤建築事務所現在3人衆がお邪魔する。暖かいお出迎えで心が和む。

12日

今日は走るのを休んだ。昨日思いがけず登った小屋裏棟札探しアンド写真撮影の影響かかなりの疲労

今日の調査は白沢宿。

白沢宿は水路の残る宿場。宿場町と水路の関係を調べているオオナミ君にはうってつけの場所。

2件のお宅にお邪魔してお話を伺うことができた。

13日

日曜日。朝、9キロを58分。

息子(10歳)の水泳大会。

結果は平泳ぎ2位、クロール3位。普段スイミングスクールの練習を見たことがないので実力がわからなかったがなかなかやるのぅ。ご褒美に『宇宙兄弟1~3巻』を贈る。

14日

朝走る

オープンデスクのオオナミ君には調査のまとめをしてもらい、ハブには溜まっている仕事を片付けてもらう。2人とも良くやってくれる。僕は明日行なわれる建築士会まちづくり委員会のガイドブック記事3本1000字を1時間ほどかけて作成。

昼はタイカレーを作る。辛いのが苦手なオオナミ君、ヒーヒーになりながら完食。ゴメンネ。

夕方、2次調査について河東先生に電話。相変わらず忙しい日々を送ってらっしゃるようで、同行スケジュール調整てこずる。

15日

朝走る

午前中雑務。

昼にパスタを作る。(トマトソースと”うに”の2種類)

午後まちづくり委員会。岩永さんを迎えに行き一緒に行く。

会議は3時間もの長丁場。特に2月に予定している景観法勉強会の方法について喧々諤々。

帰途に着く途中ショッピングモール内の洋服屋によって復刻版タイメックスをしている店員から黒いギンガムチェックのシャツ。食材屋でふくよかな女性店員からブラックオリーブ、ピクルス、フレーバーティのティーバック。おもちゃ屋でてきぱきとしている女性店員からゴジラのソフビ(甥っ子へのお土産)、本屋でメガネ女性店員から『宇宙兄弟4・5巻』(息子のお土産)雑貨屋で物腰柔らかな男性店員から『トトロのぬいぐるみ(1050円)」(娘へのお土産)などを購入して散財しながら帰宅。

さて、きょうから鳩山新内閣、新政権。外交安全政策が気にかかる。

加藤誠洋

|

2009年9月 8日 (火)

オープンデスクとデスク製作

6日

建築士会ソフトボール大会のため朝ランニングはお休み(ランニングを休むのは7月31日以来のこと)。2級製図試験講師があるので1試合目を終えて球場をあとにする。

試合には勝ったが、僕の成績はいまいち。小学校時代の野球少年はどうしてしまったのか!

おまけに1打席目、思い切り空振りをして腰を痛める。

7日

昨日痛めた腰と、最近張っている膝のことを考えて最高にゆっくり走った。無謀にもそうすることで「直るような」気がして…。腰や膝の状態に注意深く意識を向けて5.5キロを1時間かけて走った結果、腰部の痛みがすこしひく。明日からもなんとか走れそうだ

昼食はハブが自宅で初めて打ったという渾身の生パスタをおすそ分けしてもらい試食。おいしかったっす。またお願いしまっす。

午後からオープンデスクのオオナミ君が来たので今週再開する「歴史の道」2次調査の関係資料をあたってもらう。彼は神奈川大の西研究室出身。宿場の水路について研究を深めたいとの事で今日から来てくれている。とにかく、歴史的建造物の調査を行ないながら「あらゆる大切なことを先人から学ぶ姿勢」を常に念頭において仕事を進める我が事務所にとって頼もしい人材である。

8日

朝、走る。まだゆっくりと体の調子を確かめながら昨日と同じ距離を45分。幸い膝に違和感が残るものの痛みは出ない。

デイサービスに設置する”加藤建築事務所製(大工さん製作)”のデスクのヤスリがけと塗装をハブ、オオナミ君と僕の3人で行なう。以前に今回と同じクライアント様用に製作した同じものをもう1台依頼され、当初は今回の建設会社に見積もりを出したのだが予算に合わず、以前にお願いした大工さんに(自身が携わっていない現場なこともありウチとしても無理を承知で)お願いしたのにも関らず快く応じていただき(本当にありがとうございます)再度作っていただいたのだ。で、前回もそうだったのだけど今回もヤスリがけと塗装を”自社施工”したという訳。大工さんにはおまけに梨まで頂いてしまう。

本当にいつも色んな方にお世話になって、助けられている。

心からお礼を言っても足りないくらいに。

加藤誠洋

|

2009年9月 6日 (日)

タレルの闇体験

5日

朝、5.5キロを31分40秒かけて走る。「かけてはしる」。

午前中、後期授業の方針確認と前期授業の総括のために行なわれる「講師会」出席のため水戸へ。建築系の講師が集まるも欠席者もちらほらいる。非常勤とはいえ僕たち「教える」ことをしている者として、学生に対して「責任を持って」接しなければいけない。学校と講師が共通の認識をもって後期に望むべく用意された場だから当然のこと、おろそかにしてはいけないのだ。

ともかく僕の授業に関しては、一部意図的に伝えなかったことがあるにせよ概要とその意義を学校側が理解してくれたことで、あとは僕のほうで綿密な授業計画を立てることに障壁はなくなった。

昼食は学校が用意してくれたお弁当。とりあえず揚げ物は食べずハンバーグは半分にしておく。

時間が中途半端になってしまいこれから帰ってもハブが代用を務めてくれている2級製図講座には間に合わないので、水戸芸術館で開催中の「現代美術も楽勝よ」展を見る。今回の企画展は本当の企画意図を予め説明しておく必要があったのではないだろうか。最後、映画まで見なかった人にとっては?な事が多々ある。というのは、通常展覧会を通して見えてくるはずの企画意図が最後のこじんまりした会場で上映される「映画」で氷解するからである。でもそれとて話がこじつけっぽくて少々「謎」な、芸術館史上稀有な展覧会となっている。それでも過去の展示物に接してそれなりに楽しめる企画ではあった。(タレルの「ソフトセル」体験をしたり、アバカノビッチや川俣正があったりで映画(blackbirdのバリスタ「Mr.タグチ」も役者として登場!)。しかも土曜日はパイプオルガンの演奏まで付いてきて800円はお得だろう。)

ところでタレルの「闇体験」ですが、完全な暗闇だけに微細なことが気にかかります。微かに聞こえる空調の音がそれで、瞑想を余儀なくされているだけに音に反応してしまう。「闇」といえば数年前、善光寺の戒壇巡りの強烈な体験(闇を歩く)をした。本当に強烈です。

その後、もし早く帰れなかったらやろうと思っていたことを実行に移すべく、車内で着替えて水戸の街を走る。5.9キロを48分のスロウラン。後期では授業後に走ろうと思っていてその試走である。先日の海辺ランもそうだったように場所を変えて走るのは新鮮だ。ルートは今後考えるとして、水戸の街は適度な坂があったり歩道がきちんと整備されていたりして走りやすい。ゴールはblackbaird前。店内に入るとスタッフが勢ぞろいしていた。僕のスリムな変わりようには驚いていただく。バンコで水!とアメリカーナ(アイス)をいただき、常連の魚屋さん(彼もジョガーなので、是非今度水戸を併走しましょうということになる)や設備やさんのカップルとお話をする。

ハブから電話で、講習の様子を聞く。何とか無事にこなしてくれた。というよりおそらく僕より親切で丁寧な教え方ですね。きっと。

加藤誠洋

|

2009年9月 4日 (金)

君原は後ろを振り向かない

4日

「女性マラソンランナーの草分け的存在であるジョイス・スミスはレース中痰を吐くときにハンカチで口をふさいでいた。」彼女曰く「レディは道につばを吐かない」

朝、走る。昨日の疲れが出たのか足が重い。矯正中のフォームをチェックしながらゆっくりと5.5キロを走る。「きれいな走りには無駄がない」。それにしても路上に捨てられたジュース缶やペットボトルの類は走っていてうんざりする光景だ。

途中登校途中の小学生軍団に遭遇。「沿道の観衆のなかを走る感覚」を味わう(近所の子供は手を振ってくれた)

午前中、耐震診断。

午後、事務所で作業。

明日は学校の講師会で朝から水戸。地元で頼まれている2級製図講師はハブが代用。

加藤誠洋

|

2009年9月 3日 (木)

1日外

3日

朝、きょうはゆっくりと走る。

午前中、市内で耐震診断1軒。

午後、クリニックへ。特注家具がすべて揃う。

夜、2級製図講師。

加藤誠洋

|

服はブカブカ

31日

朝、走る。8月は一日も休まず走って走行距離は170キロ。「ヨガもどき」も毎日実行中。体重は測定を始めたときからだと8キロほど肉が減って万歳。

午後、修了制作に協力いただく企業へ挨拶に赴き、併せて概要説明をする。2年雑貨インテリア学科の修了制作は霞ヶ浦の浄化を扱う。もうすぐ後期授業が始まる。

村上春樹『走ることについて語るときに僕の語ること』を再読。

9月1日

朝、走る。

午前中、クリニックのサイン計画打ち合わせ。

夕方、2級製図試験対策講師。きょうは「エスキスの方法」。今回も「試験は立体パズルのように解け」と教えて21時終了。

2日

建築士会まちづくり委員会の用事で県庁へ行き都市計画課の方々と「景観法」について話し合う。来年2月に当委員会主催で行なう景観法の勉強会への協力に快諾を頂く。昼は一緒だった岩永さんと県庁アトリウムの珈琲店で軽く済ます。椅子はベルトイヤのワイヤーチェア。岩永さんの「ワイルドキャンプ話」「熊遭遇話」を聞けたのが収穫。

きょうは朝慌しくて(寝坊しました)走ることが出来なかったため夜、走る。5.5キロを32分20秒。1キロ5分52秒ペース。

ランニングウォッチを今回もタイメックスのアイアンマンにしました。いままで使用していた前モデルより使い勝手が格段に良くなっている。

夜、久々にTVを見る。「田部井さんの登山」「料理(かぼちゃと鳥そぼろのあんかけがおいしそう!)」「森有正」と興味ある内容が立てつづけに放映されていてヨガをしながら見入る。なんだか帰宅して入浴した後のOLさんみたいだ(あくまでも個人的イメージです)。

写真は知り合いの松田さんに贈った事務所及び自邸新築祝いの花。ニコグサさんに「イメージはメイプルソープの持つカラー」とお願いして”とびきり”のアレンジをしていただいた。Q.なぜメイプルソープか?A.学校横にある喫茶室のおいしいホットケーキの(いや、ほんとにおいしいんだってば、しかも珈琲を頼むと¥100円なんだってば)シロップをかけていて懐かしく思いだしたから。

090828_142907

加藤誠洋

|

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »