« 『常陸の国のむかしの家』八溝山麓編 ツアー(2) | トップページ | HP指南 »

2009年6月24日 (水)

LED

23日

東芝がE26型LED電球の価格を往来の半額程度にすると発表。普通白熱球と比べ電力が1/10、寿命が40倍(40000時間)でたとえば1日8時間点灯した場合実に13年間電球の取替えなしでいける計算になる。しかし白熱球がなくなるといわれているなか、そのためにあるE26型ソケット用に作られた白熱球型LEDランプの需要はそんなに伸びないであろうし、そうなると「まだ使えるのに新しい器具に換えた途端お役御免」なんてこともあり得る話。だってメーカーで推奨している照明器具の寿命交換時期は10年ほどなのだ。それにしても東芝のLEDPhoto 実物を見る限り10年以上共にするプロダクツにしては電球を掃除しづらいことも含めデザインがよくないぞ。

加藤誠洋

|

« 『常陸の国のむかしの家』八溝山麓編 ツアー(2) | トップページ | HP指南 »