« 文字大きめで! | トップページ | 一ノ瀬さん来古河 »

2009年5月20日 (水)

直して使う

19日

ミニCDデッキの調子が悪くなってしばらくたって、とうとう動かなくなってしまってた。ラジオは聞けるので存在理由はあるのだが、やはりトラブルなくCDで音楽が聴きたい。

おそらく今回のような場合、修理に出すとCD部分をそっくりアッセンブリー交換で金額も張る。音にあまり頓着しない僕なのでその金額に少し足せばそこそこの新品は買えるだろう。これがもし他の電気製品。たとえばパソコンやテレビなら僕はすんなり買い替えを選んだが、ラジオや好きな音楽が聞ける”箱”はそれ自体に愛着がある。事務所で一心不乱に図面を書いているとき、楽しい語らいをしているとき、ラジオから流れるパーソナリティーの語り...すべてこのデッキから流れてきて小さな事務所に夢や希望、励ましや時には感動を届けてくれたかけがえのない友達。だから直すことにする。問題は修理中の事務所の音楽事情である。

Dsc_0048

加藤誠洋

|

« 文字大きめで! | トップページ | 一ノ瀬さん来古河 »