« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月30日 (土)

お客様

30日

CDコンポが修理から戻ってきた。修理代14700円也。

設置をしてまずバッハの「イタリア交響曲」をかけて、その後ハブリクエストのbob dylan「THE FREEWHEELIN」ちゃんと音楽が聴けるってすばらしい。

事務所にミフィーがやってきた。

Dsc_0010

加藤誠洋

|

県立図書館め

28日

所属する県建築士会の総会で水戸の県民文化センターへ

途中、先日アマゾンで予約したものの到着が30日になるとの連絡を受けキャンセルしておいた『1Q84』を書店で一日前に入手。

隣の県近代美術館で開催中の「照沼コレクション展」を見る。清宮質文の木版画の儚なさがよい。それにしても個人蒐集家のコレクションとしてその質と量に驚かされる。個人コレクションといえば現在上野の森美術館で行なわれている「ネオテニージャパン」も注目する企画。

きょうは授業があるため水戸泊。夜、三上事務所飯島さんが手がけたbar 999oneへ。限られた条件のなか、使う素材の選択が適切で居心地の良い場所となっている。

宿に戻り最近のどうしようもない首付け根のこりをほぐしてもらおうとマッサージにかかる。現れたのは50代の女性(おばちゃん)施術を受け始めてすぐに「目だよ!あんたのめがねは度があってないはずだよ」「あ、腎臓にも負担がっ」「塩分控えめにしなさい。味噌汁は薄め」「マッサージは所詮対症療法だから・・・」などと40分にわたり「神」のお言葉を頂戴する。

29日

授業の日。

造形Ⅱは先週に引き続きエスキスチェック。資料をあたらせるために全員で歩いて10分ほど。雨に打たれながら着いたのは休館日の図書館。最初に情報を仕入れておくべきだったと反省。それにしても歩く時間にして半径10分以内に芸術館、図書館(県立、市立)、博物館、幾多の歴史的建造物があるのは街中の学校の利点である。

帰りがけ、建築士会へ立ち寄り隣の支部の忘れ物を預かってから帰宅。

加藤誠洋

|

2009年5月28日 (木)

デイ棟

27日

090528

加藤誠洋

|

2009年5月27日 (水)

建物の評価軸

27日

歴史の道調査でご一緒している岡田建築設計事務所の岡田さんと所員の吉沢さん来訪。2次調査に関して意見交換。

要は1次調査で挙げた建物を2次の聞き取り調査のために選り分ける選定基準の確認。

1次調査は栃木県内の奥州道中沿いに建つ建物を悉皆的に見つけていく調査で、対象とする明治中期以前の建物の絶対数の少なさやせっかくだからほかの建物もこの際見てしまおうという貪欲精神で”少し古くていい建物と感じれば何でも”挙げていく調査になった。

2次ではその中から聞き取り・実測を行なう物件を選ぶ作業である。なにせ膨大な数の物件があっても一年間ですべて聞き取りを行なうことは不可能なので、”どこまで”絞り込めば2次の期間に作業を終えることが出来るかという現実的な線がある。

選定は、「町指定以上の建物」「登録文化財程度の建物」「街道沿いにあってランドマーク的役割を担い地元で愛されている」「街道沿いに町並みを形成している建物群」「分間延絵図に記載がある」として、全体の一割程度を目安に選ぶことにした。

ところで歴史的建造物の評価のされかたについてはいろいろな見方があって、エリアで行くと世界・日本・地方・地元などの括りの中で質として相対的、絶対的に判断をするのはもちろんのことあるときは社会的重要性(事件の舞台となったり歴史的に重要人物が関っていたり)で評価をしたりする。建物にとってどの評価が幸せなのかも考えながらまた、地元に愛され続ける建物は最大限そのことを加味しながら評価を決めていく。

コルビジュエの「西洋美術館」が世界遺産から外れることがニュースとなったが、あれこそ世界遺産として他のコルビジュエ作品と比しての評価になるだろうし、そのことで永い間上野にあって人々から大切にされている建物の評価が変わることはないのだ。

中には「中銀カプセルタワー」のように世界的に評価されている建物なのに国内の評価はそこそこで、悲しい現状になっている例もある。

専門家のおこなう学術的な評価が時として「冷たく」映るのは、揺るぎの少ない絶対的評価(絶対的な評価については、これもさまざまな見方があるのだが長くなるので割愛する)をするからで、それがなければこの手の評価はそれこそ「評価に値しない評価」となってしまうだろう。それだけに絶対評価に相対性を加味した評価は地域に根ざした建物とそれを愛する地元にとってなくてはならない要件である。

なぜこんなことを書くかといえば、栃木県庁保存問題について書かれた保存要望書の所見について、そのせいで十分な保存が出来なかったとする不満が一部であるという話を聞いたからで、所見内容を聞いたところでは前述のとおり、絶対的な評価としては(佐藤武夫の他の作品からすると見劣りはするが、しかし、栃木を代表する建物としての価値を認めているそうで、書かれている中で絶対評価部分しか注目せずに批判するのは、それが仮にも建築を学んだ人々から上がったと聞いて余計悲しくなるしこの手の発言をする、容認する動きは政治性でもあるのかとかんぐりたくなるのだ。

それにしても何のためらいもなく同地にあった名作を失くすようなことを行政が率先して進めてしまう事を考えても建築文化に関する病巣は深い。

それにしてもそれにしても中銀、どうにかならんかな~。

加藤誠洋

|

2009年5月26日 (火)

全景

26日

0905252

|

2009年5月25日 (月)

1Q84

24日

川村記念美術館の「ロスコ展」へ。

晩年のロスコ「黒い絵」がとてもよかった。

25日

現場定例会

工事は工程どおりほぼ順調に進んでいるので、各種検査の日程調整に入る。それにしてもいくら施工会社がしっかりしているとはいえ、600㎡超の木造建築が3ヶ月で完成するとは恐れ入る。

090525 

待ちに待った村上春樹の新作長編『1Q84(いちきゅうはちよん)』が29日に出る。早速amazonで予約。同時に『ユリイカ』6月号も併せて予約。

加藤誠洋

|

2009年5月24日 (日)

ブラックバードの夜は更けて

22日

授業の日。造形Ⅰに宿題として出した課題(模型)。学生たちは先週の僕の造形Ⅱの授業(2年生住宅課題の中間講評)をみてなにかを感じたようで提出された作品の出来がそれまでより格段によくなっている。課題は家型の住宅模型で、これをもとに今後いろいろな課題を課していく予定。今週は10平米以下の増築リフォーム。つくった規定どおりの”住宅”に今度は自分の考えで空間を足していく作業。

昼食は補講で来ていた雨川さんと一緒にblack birdへ。近況など話す。

午後の授業は造形Ⅱ。180分間エスキスチェック。17人分の案をじっくり見ながらアドバイスをし続ける。

授業後ホテルにチェックイン。今日は夜に集まりがあって水戸泊なのだ。それにしても現在の水戸宿泊事情は低価格競争らしくかなりリーズナブルな設定になっている。(探せば朝食付きで3000円で泊まれる)

今朝3時から起きて活動していたので夜の集まりまで休む。

そして夜。会場は今日3度目(実は朝もラテマキャアートを飲んだ)のblack bird。

集まったのは三上事務所の益子さんと飯島さん、河野さん中山さん横須賀さん(横須賀事務所の新専務)、そして文化の荒井先生と佐野先生。僕を入れて総勢8名。先日の講評会にゲストとしていらした飯島さんとはお礼かたがたじっくり会話。それにしても僕は建築の先輩がたに「加藤ちゃん」と呼ばれることが多い。当日は昼に事務所協会の総会があり三上事務所が茨城建築文化賞を授賞。そのお祝いも兼ねて行なわれた。宴は終始和やかに、というより商売柄皆さんの会話力がずば抜けているため席の移動など行動力も伴ってにぎやかに進んだ。

Manakoi

その後、益子さん、横須賀さん荒井先生、佐野先生と僕でカラオケへ。久しぶりのカラオケである。選曲に苦労しているのを尻目に益子さんの怒涛のエントリー(しょっぱなからモー娘)に圧倒されつつ僕も3時間で3曲ほど”熱唱”して午前2時。就寝。

加藤誠洋

|

2009年5月21日 (木)

一ノ瀬さん来古河

21日

今年度から茨城デザインセンターに詰めている一ノ瀬彩さんが仕事で古河にやってきた。しばらくぶりの再会で、中銀住人セキネさんも同席してお昼を共にしながら近況など話す。なぜ中銀住人が一緒にいるのかというと、彼の職場に一ノ瀬さんが現れたからで、いい機会なのでお互いを紹介する。一ノ瀬さん、最近は阿字ヶ浦に住んでいるそうだ。夜な夜な近所の方々との妄想会議があるようで楽しそうである。彼女は現在松本市で開催中の「工芸の五月」に「万馬研」として参加もしていてこちらは毎週末に現地に向かうそうだ。

今回は市の中小企業向けのデザイン相談の仕事で、一ノ瀬さんは今後2ヶ月に一度古河に来るそうだ。今回はデザインセンターの佐々木裕一郎さんと共に古河企業のデザイン相談をしにきてくれたのだ。聞いてみるとデザインセンターについては僕も少し関わりがあったようで、その部分についてお話を聞けたのは収穫。

CDデッキを修理に出した。電器店の予想修理代金は1万円ほど。即、修理を依頼する。ハヤクヨクナレ。

その後、hibiで少し雑談をしながら恒例のラタトゥイユ作り(酒のつまみだったりします)で使うちょうどいい容器を購入して帰宅。

夜、明日の授業の準備をする。「インテリア史」は日本近代建築について。「造形Ⅰ」は先週出した課題の講評。で、問題は先週に中間講評会を行なってあまりの中途半端な提出物に少し辛い評価をした2年生の「造形Ⅱ」。課題として命じた「プレゼン資料」のお粗末さはノートの切れ端に殴り書きしたエスキスもどきの落書きを背に堂々と悪びれた様子なく説明をする姿勢をみて唖然とするほどで「一体一年間何をしてきたの」と問い正す。これは学生だけを責められず、教えているほうにも責任があり「とりあえず形になれば、提出さえすればいい」という風潮は改めさせなければ、この学校が標榜する人材の育成なんてできっこない。デザインを表層だけのかっこよさでしか考えられない「デザインをなめている」意識を変える。

現場はクリニック棟の足場が一部外れて外観が姿を見せ始めた。

0521

加藤誠洋

|

2009年5月20日 (水)

直して使う

19日

ミニCDデッキの調子が悪くなってしばらくたって、とうとう動かなくなってしまってた。ラジオは聞けるので存在理由はあるのだが、やはりトラブルなくCDで音楽が聴きたい。

おそらく今回のような場合、修理に出すとCD部分をそっくりアッセンブリー交換で金額も張る。音にあまり頓着しない僕なのでその金額に少し足せばそこそこの新品は買えるだろう。これがもし他の電気製品。たとえばパソコンやテレビなら僕はすんなり買い替えを選んだが、ラジオや好きな音楽が聞ける”箱”はそれ自体に愛着がある。事務所で一心不乱に図面を書いているとき、楽しい語らいをしているとき、ラジオから流れるパーソナリティーの語り...すべてこのデッキから流れてきて小さな事務所に夢や希望、励ましや時には感動を届けてくれたかけがえのない友達。だから直すことにする。問題は修理中の事務所の音楽事情である。

Dsc_0048

加藤誠洋

|

2009年5月19日 (火)

文字大きめで!

18日

今日から文字を少し大きめにしてみる。中銀住人とブロガー同士の話をしていた中で決まった。

きのうは娘の通う幼稚園の遠足。雨のため東武動物公園から大洗水族館へ場所変更。なにしろマンモス園なので大型バスが10台!大名行列のように水族館エントランスに横付け。雨の日曜日、それでなくても水族館は大混雑。順路を逆に廻って少しでも混雑に抵抗してみるも今日は遠足疲れで眠い。

そんな中、午前中は結構電話をかけたりかかってきたりと眠いなんていってられない状況。

午後、外構図面とにらめっこしつつ過ぎる。

夜。実はあまり詳しく知らない「批判的工学主義」について少し知っとこうと思い始める。

grafから届いたインビテーションの中に特製鉛筆が入っていた。

うれしい!!!

Dsc_00101

加藤誠洋

|

2009年5月17日 (日)

総会シーズン

16日

季節柄、所属の団体では総会シーズン。本日は県西地区の建築士が集まる総会があって、隣町に向かう。

基調講演はINAXテクノトレーニングセンターの志村豊氏による「タイルの話」。はるばる愛知からのご登場。

その後の懇親会で知り合いの大先輩(ほとんどが僕より先輩な会なのだ)の方々よりほんの一時間の間にここぞとばかり話攻め(筑西支部のトイレコンペお披露目会のお誘いは40代後半の先輩から・まちづくり委員会の冊子づくりは50代の先輩。支部合併問題は60代の大先輩。大工町でまた飲もうね!は60代先輩から...)早速手帳に最初と最後の件を記入。

加藤誠洋

|

2009年5月16日 (土)

赤テント

15日

patchy 水戸

朝散歩では早朝営業の始まったblack birdでエスプレッソを飲みながらスタッフと談笑。

Patchy

インテリア史は学校周辺の建物探訪。途中「日中友好協会」の髙木さんがにお声がけ頂きしばし立ち話。共通の知り合いもいたりして、展開がありそう。

Photo

芸術館では今日から始まる唐座芝居の象徴、赤テントが。

テントの向こうに見えるのが、朝くつろいでいる唐十郎。

Photo_2

Kara

テントをバックに記念撮影

Photo_3

2年建築の授業は課題の中間講評会。昨年の一ノ瀬彩(現筑波大学研究員で人場研というグループでの活動もされている)さんに続いて本年は三上事務所取締役で設計室長を務める飯島洋省さんがゲストで登場。学生たちのプレゼンに対して的確にアドバイスをいただく。ちょうど雑貨インテリアの授業があった飯村先生も学生と、1年建築も見学に着たりしてにぎやかな講評会となる。この学校では前例のない授業を容認してくれてバックアップしてくださる荒井先生には感謝。

Jully左から飯島さん、飯村先生、荒井先生

授業後、唐座公演を見る。ほとばしる汗、水槽から飛び散る水。今年も最前列で水かかりをよけながら迫力ある舞台を堪能。

|

2009年5月14日 (木)

映画『ノルウェイの森』

14日

「僕」松山ケンイチ 「直子」菊池凛子に決まったらしい。演技力はさておいて小説の中の「僕」は松山より目が鋭くない印象だし、か細く美しい「直子」ときたら想像から遠く離れすぎていて、驚いた...。

http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2009051402000130.html

加藤誠洋

|

お見舞い

13日

先日、フランス人のスタッフが新加入でますますビストロの雰囲気を醸し出しているメトロに行ったハブは彼のSt’ジェームスのボーダーシャツの着こなしや無理のないフランクな給仕の仕方をみて日本人の限界を感じたそうである。たしかにかつてヨーガンレールにいって「和服が似合いそうですね」と言われ、ひとりちびちび焼き鳥屋で日本酒を飲むのが好きな純和風な僕は深くうなづくのみなのであった。

それはそうとメトロのマダムは現在病気で入院中。一日も早い回復を願っております。

加藤誠洋

|

2009年5月12日 (火)

わかるデザイン

12日

現場で打ち合わせ。照明・エアコン・シーリングファンなどスイッチプレートの配置を「誰が見てもわかる配置」に。認知症の利用者が誤って外に出ないように外部に面した開口部は「わかりづらい位置」に鍵やサムターンを設置する。

090512

お見舞い用に名前を書く。筆文字を習ったことがないのでルール無視のめちゃくちゃだけど。。気に入っている。

K1

加藤誠洋

|

『the power of disply』

8日

学校のイベントはあいにくの雨で芸術館から学校のホールに場所変更。昨年に続いて2年続きの雨に雨男探し。懇親会まで出て親睦を深める。雨上がり、宿までの帰り道にてK先生と話しながら非常勤として学校で教えることについて考える。

9日

夕方から建築士会の支部総会。合併問題についていろいろがっかりし、そのがっかり具合いを正直に申し上げる。で、火中の栗を拾ってしまった。

10日

2ヶ月ぶりで床屋に行く。短い髪型にしてから床屋へ行くサイクルが短くなった。

11日

現場定例会。工事は順調に進んでいる。

美術館の展示方法を記した本『the power of disply』は興味深い。

こちらが面白いことになっている。2号としては行かねばなるまい。

加藤誠洋

|

2009年5月 8日 (金)

連休明け

7日

連休明け、現場事務所にて打ち合わせ。

Yane

明日(もう今日だ)は学校が水戸芸術館でイベントを行なうので参加。打ち上げがあるので水戸泊。

加藤誠洋                                    

|

2009年5月 7日 (木)

patchy キワマリ荘

Kiwamari

加藤誠洋

|

ホテル遊戯室

5日

水戸のキワマリ荘で開催中の「ホテル遊戯室」へ。増山士郎さんはベルリン在住のアーティスト。今回は彼のホスピタリティを受けて宿泊をする企画。当日は宿泊が僕一人で彼が建築出身ということもあり2人でいろんな話をした。

Masuyama ホテル受付カウンターと増山さん

加藤誠洋

|

2009年5月 2日 (土)

外壁

2日

現場は外部壁が着々と進行中。今回は0.6ミリの塗装ガルバリウム鋼板大波ヨコ貼仕上げとしている。ガルバをヨコ使いすることはタテで用いるより施工上、特に水漏れに充分な対策が必要になる。サッシュと外壁も面を合わせるようにしているため額縁押さえの板金工事もそれだけ手間をかけた仕上げとしているし、出隅入隅に用いるコーナー金物は出来る限り小さく納めるためにかなり無理をいって裏面に充分な防水を施した上に小さな見付で納まっている。外壁に留めているビスは亜鉛メッキ処理されたパッキンつきのもので、白色のビスがなかったので、これからすべてについてタッチアップすることになっているという具合で工業製品をつかいながらも手仕事の多い現場になっている。

090502

0905021

加藤誠洋

|

ベンツの喫茶店

1日

毎週金曜日は朝9時から授業がある。ラッシュに巻き込まれないように授業一時間前には学校に到着しているので授業まで周辺をカメラ片手にぶらぶら散歩で時間をつぶす。幸い早朝からコーヒーを飲ませてくれる喫茶店がぽつぽつとあるので歩き疲れると立ち寄ってしばし休憩を取る。早朝・散歩・お茶・・・老人みたいだ。

その中に僕が「ベンツ」と呼ばせてもらっている喫茶店がある(正式名は「ベンツ103(富)」。「ベンツ」は先代がベンツをこよなく愛していたために「そこらじゅうベンツ」な喫茶店。たとえば入り口扉押し板、灰皿などはベンツ柄だし天井中央にもチーク材でつくられた大きなベンツマークのメダリオンが印籠のように張り付いている。店内の壁にはいたるところにベンツ関連の飾り物が貼ってある。外壁だってドイツの民家のようなハーフチンバー様式を思わせるゲルマン魂みなぎる店なのだ。それよりなによりすごいのは店舗の隣に古い型のベンツが丸ごと一台鎮座しているところであるが、「あくまでも先代の趣味だったから」という理由でそうなっているのであって先代亡き後引き継いで店を守っている何人かの女性店主”達”(3人ほどが曜日交代でローテーションを組んで店を切り盛りしているらしい)は皆ベンツにまったく興味がないらしい。

Benz

加藤誠洋

|

2009年5月 1日 (金)

すずらん

Suzuran

今日5月1日はすずらんの日です。
フランスではすずらんを贈られた人は幸せが訪れるといわれているそうです。
この何年か、忘れなければすずらんを飾ったり、会う方がいればプレゼントしたりしています。
写真のすずらんは家の庭に咲いていたものです。

羽部律子

|

docomo

30日

午前中、ドコモ法人担当のKさん来訪。携帯料金の見直しをしていただき、毎月の支払額がぐっと低くなる。ありがたい。デザインはいいのに不人気な¥0の機種があるということで勢いで2台機種変。でも¥0。

午後、現場で打ち合わせ。

『sgt.pepper's lonely hearts club band』は革新的なアルバム。

加藤誠洋

|

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »