« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月30日 (木)

第30回携帯紛失事件

29日

僕の携帯はよく迷子になる。

―今朝は車のセンターコンソールの中

朝、少しの作業をしてそのあと久しぶりにパンダ洗車。幌から雨漏りがするので洗車機には入れられず手洗い。ただし小さいのであっという間に終わる。きょうは空気が乾燥していて静電気がぴりぴり来る。

―携帯は事務所

中銀住人は例の中華料理屋を紹介しはじめて興味津々。

午後、専門学校のアライ先生から連絡をいただき途中筑波山を拝みながら桜川市のオープンハウスに伺う。

―携帯はズボンのポケット

090429tukuba

設計者である住人は三上事務所の飯島さん。周辺との関係性を持たせるためかつてあった長屋門の跡に建てた長屋門形式の家。各所に見えるこだわりが理にかなっていて人物ともども好感を持つ。

―携帯は車の助手席

帰り道、ブックオフによってbeatles「sgt.pepper's lonely hearts club band」を購入。

―携帯は胸ポケット

|

2009年4月28日 (火)

傘たて

28日

1日現場にて打ち合わせ及び監理。現場は連休なしで進むとのことで、僕もうかうか休めない。なにせ決めることがたくさんあるのだ。

外壁材が搬入されて来てそろそろ外形がはっきりわかり始める。

帽子部分の屋根もうまく納まってほっとした。

0428_1

傘たてのデザインについて先日からあれやこれや試行錯誤。なかなかいい形が決まらない。写真のように”自然に”ひっ掛けてある状態が理想。

0428_2

|

ダンスダンスダンス

27日

晴天。朝、デイ&クリニックの現場に寄ってから電車で武蔵野市の現場へ向かう。                   車中、最近読み返している『ダンスダンスダンス』を読みふける。僕にとって村上春は何度読んでも飽きない今のところ唯一の作家。

現場は基本設計だけお願いされた物件で、きょうは構造チェック。                    事務所に戻る途中西荻窪で下車し河東先生の娘さん夫妻の営む店でしばし談笑。MOODは今年11月で10周年を迎えるらしい。その後「旅の本のまど」なんかも覗いて空想(妄想)世界旅行をしてから帰国。

Dsc_0093

7時に現場打ち合わせから戻ったハブと打ち合わせ。                          

加藤誠洋

|

2009年4月25日 (土)

ジョサイア・コンドル(コンデール)

24日

水戸へ

Id12

朝、学校周辺を散歩。きょうは天気が良い。                                  授業は2週目で、インテリア史では現代建築、造形1は模型演習、造形2は先週出した課題の講評会と住宅課題のガイダンス。学生は出だしとしてはまずまずの反応で課題もそつなくこなしている。

Id1

夜、クリニック家具打ち合わせ。

土曜日夜10時よりテレビ東京「美の巨人たちに」師 河東義之登場。

岩崎邸について語ります。

http://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/

加藤誠洋

       

|

2009年4月23日 (木)

歴史の道

22日

Dsc_0073

*栃木県教育委員会から依頼の”県内街道沿いに存在する明治中期以前の建物を悉皆的に調査する”「栃木県歴史の道調査」も3年をかけて第一期の「日光道中」を終え昨年度から第2期の「奥州道中」に入り今年度はその2次調査・・・説明がわかりづらくてすみません。要するに調査5年目の春なのです。

調査は職人がコーヒー豆をハンドピックしていくような地道な作業の連続で、「おいしいコーヒーを飲むため」豆を一粒づつ丁寧に選ぶように街道沿いのたくさんの建造物の中から”建物”を選ぶ。

そんな風にまちを歩き建物に触れてきた経験から、僕は今まで言葉で言い尽くせないほど多くのことを学んできた。自分にとって必要な作業。                                 このような機会を与えてくださる皆さんや幾多のまちや建物に感謝。

昨日、調査チームで指揮を執ってくださっている現在アメリカ留学中の奥富さんから今年度のスケジュールが届き今回の調査体制・内容などを確認する。すこしづつ準備に入る。

*薬のおかげか膝の痛みはだいぶ取れた。もう大丈夫。

*きょうは1日事務所で作業。クリニック外構をまとめながら工事について業者と一日中電話で確認作業。

*随分前に愛用している「シャーボX」のネジ式頭キャップ(帽子というらしい)が紛失してから消しゴムむき出しで使用していたが、きょうゼブラのHPで帽子だけ買えることが判明し早速替え消しゴム2個とともに発注した(合計400円)。切手支払いが可能であるため、余って使えなくなりそうな「牛」切手を使うことにした。

Dsc_0001

加藤誠洋

|

2009年4月22日 (水)

庭の花

21日

庭に咲く花

Dsc_0003 Dsc_0004 Dsc_0005 Dsc_0006 Dsc_0007 Dsc_0008 Dsc_0009 Dsc_0010 Dsc_0011 Dsc_0013 Dsc_0014 Dsc_0015 Dsc_0017 Dsc_0018 Dsc_0019 Dsc_0020 Dsc_0021 Dsc_0022 Dsc_0023 Dsc_0024 Dsc_0025 Dsc_0026 Dsc_0027

加藤誠洋

|

patchy 佐野

Dsc_0319

加藤誠洋

|

2009年4月21日 (火)

膝痛し

20日

おそらく原因は運動不足解消目的のため金曜日の学校で7階まで4往復ほど階段を利用したことによる。週末から膝が痛みだした。「痛風じゃないの?」と不安に陥れられたため整形外科で治療を受ける。なんでも靭帯の根本が炎症を起こしているか、ばい菌が膝に入ったかどちらともいえないらしく抗生物質と痛み止めの塗り薬を処方される。ちなみにレントゲンでは骨は健康な状態であったのですこし安心。

現場は4回目の定例会議。たっぷり2時間、そのあとクライアントと1時間、設備業者と2時間半で、終わったのが午後4時を廻っていた。事務所に戻りその後膝を見てもらいに行った次第。

090420 クリニックは屋根工事進行中

加藤誠洋

|

いただきものな日

18日

近所に住む親戚(亡き父の亡き兄)の裏山で取れた筍をいただく。この季節になるとご近所からよくいただく。なので、都会に住む親戚や知り合いにおすそ分けをして喜ばれる。

Dsc_0002

親戚のおばさん(亡き父の姉)から手作りのよもぎ餅を頂く。少しの用事を頼まれて母に持っていってもらったら「少しまってろ」といわれちゃちゃっとこしらえて持たせてくれたそうだ。

Dsc_0006

親戚のおばさん(亡き父の妹)からグリーンボールをいただく。これもたくさんいただいたので近所に分けた。

Dsc_0008

ご近所さんから”あんぱん”をいただいた。牛乳と一緒に食べた。

Dsc_0005

加藤誠洋

|

2009年4月18日 (土)

歴史的建造物とは

17日

090417

今年度の授業が始まった。受け持つ3クラスのうち2クラスが1年生なので、名簿をみながら顔と名前を一致させる。1時限目は「インテリア史」。まずは「どうして歴史の勉強をするのか?」を60分たっぷりかけて説明し、それから「歴史的建造物の保存と再生」について30分ほどしゃべる。というかテキスト1行目の「歴史的建造物」の言葉についてしゃべる。とにかく専門用語だらけの授業に高校出たてしかもほとんどが普通高で建築の勉強をしてこなかった学生にわかりやすい解説を心がける。2限目は「造形1」やはりガイダンスをして「なぜ建築模型が必要なのか?」を75分しゃべってから3メートルの立方体に自由に窓をデザインする課題を出す。次週制作にかかる。180分しゃべりとおしてさすがにぐったりしながらblack birdで昼食。活気ある店内に元気をもらい3・4時限目は「造形2」商店街の中に出来た空き地に周囲の関係を考えながら通り抜け空間をデザインさせる。

帰宅後、ハブから現場の状況を聞いていくつかの事項を検討する。

加藤誠洋

|

2009年4月17日 (金)

久しぶりに二葉へ

16日

午前中仕事の用で二葉カフェに行く。ちょうどお昼時にかかったので「豚角煮丼」を食べる。漬物でなくてサラダ。味噌汁でなくてにんじんのスープ。お茶でなくアイスコーヒーなところがカフェのどんぶり。帰り100円洗車券がDMで送られてきたガソリンスタンドに寄って洗車。帰宅後明日が雨の予報ということを知ってがっくり。                                                     さて、明日は(もう今日ですね)今年度授業の初日で久しぶりの水戸。               新しい学生、朝8時から開いている喫茶店でおばさんがネルで淹れてくれる懐かしい味のするブレンドコーヒー。昼飯を食べに”あの店”。

加藤誠洋

|

2009年4月16日 (木)

スタビロの鉛筆

15日

午前中、現場事務所にて空調・電気・ガス・給排水・LANの各業者と最終的な打ち合わせ。それぞれ関係工事の調整等を4時間ほどかけて行なう。終了は午後一時過ぎ。近くで食事をしてから模型材料調達のためジョイフル本田(ジョイ本)へ向かう。ジョイ本を知らない人のために一言で説明するとおしゃれさのない北関東の東急ハンズ。東急ハンズがおしゃれかという根本的問題は置いといて、ようするにより実用的な品揃えをする北関東発祥のスーパーDIYストアである。で、模型材料なんかもレモン画翠とまではいかないケド一応欲しいものが手に入るので重宝している。

なんだかんだで買い物を済ませ、事務所にもどりきょうの打ち合わせ内容の確認をしながら仕事を進める。

Dsc_0025

夕方、金曜日からの授業の準備を始める。なにせ1日4コマ、3クラスの授業があるのでいろいろとしておくことがある。インテリア史はお願いしておいたサブテキストにする建築史の本が学校から郵便で届いていたのでざっと目を通す。最近の建築史テキストは歴史的建造物の保存再生の項目が増えているものがあり僕の選んだのもその一冊。まだまだ扱いは小さいが、良い傾向だ。読みながら今期のインテリア史はまず保存再生について講義をしてから通史に入ることに決めた。

ところで僕は学生のころから筆感が好みでスタビロの色鉛筆を愛用しています。最近鉛筆を発見してやはり書き味がとてもしっくりきたので(なにより価格もリーズナボー!)只今愛用中です。

Dsc_0021

|

2009年4月15日 (水)

patchy 水戸東照宮

Dsc_0036

加藤誠洋

|

Sさん

14日

午前中、T建設の営業Sさん来訪。彼は近辺の建築家を渡り歩いて営業をしている稀有な人物で、僕のところには数年前ひょっこり現れて以来数ヶ月に一度やってくる。気分転換に世間話をして過ごす。                                                           午後、図面描きと明日の現場打ち合わせのための資料確認。

夜、息子(9歳)の具合が悪くなり救急医療機関へ。とりあえず安静にしておくようにいわれ薬も頂く。

知り合いの一ノ瀬さん(筑波大学研究員)が松本でイベントをする。以下、メールのコピー

人場研(まんばけん)で企画した松本のプロジェクト「みずみずしい日常」が4/29から始まります。
地元の建築家協会の方にもお手伝い頂いて、蔵と庭の手入れを行っています。
プロジェクトでは、様々な水準で湧水のあるくらしの楽しみ方を実験する予定です。
http://kougeino5gatu2009.blog73.fc2.com/blog-category-8.html

一ノ瀬さんは今年から県内のとある場所で非常勤としても出向いているそうでメールから活躍が伝わってくる。

Sさんと話をしていて夏までにHPの見直しをしようとようと思い立つ。「つながり」をキーワードにしよう。

加藤誠洋
                                                   

|

2009年4月14日 (火)

patchy いわき湯本

Dsc_0155

Dsc_0266 Dsc_0271

Dsc_0276 Dsc_0299

加藤誠洋

|

2009年4月13日 (月)

佐竹氏

13日

秋田県知事に当選したのが佐竹氏と聞いた。殿様の末裔だろうか。もともと常陸の国の戦国大名で関が原の戦い以後秋田に”飛ばされた”のが佐竹氏でそのお供をしたのが”真壁城”の真壁氏である。茨城とも関係が深い佐竹姓。ちなみに真壁氏は角館に入っている。角館といえば板塀の続く武家屋敷の町並みであり、真壁町も板塀がちらほら見受けられる町並みを形成している。

村上隆の新作「inochi」には不気味さがある。この不気味さはけっして見た目だけでなく氏の巧みな(計算されたように見える)活動や発言を含めた創作そのものに対してで、そんなことから食わず嫌いがずーっとつづいている・・・昔からムーブメントに対してなんとなく斜に構えてしまいます。村上ファンの方々不快な箇所があったらごめんなさい

現場はデイサービス建て方3日目。外形がはっきりする。

Img_8853

加藤誠洋

|

patchy 日田市豆田町

Photo

加藤誠洋

|

2009年4月12日 (日)

朝食

12日

日曜日の朝、キウリとレタスとたまごのサンドウィッチを作って食べる。                    早起きなので、一人で黙々と作る。この時間が僕はとても好きです。

Dsc_0004

加藤誠洋

|

patchy  秋月

Dsc_0092

加藤誠洋

|

オチアイさん

11日

午前中オチアイさんが庭に殺虫剤を撒きに来てくださる。オチアイさんは親戚のノザワさんの友人で、気さくな優しい気概ある人。これまでも家の庭木の手入れや生垣、はたまた子供たちに竹とんぼや竹馬など作って持ってきてくださる。(小学校の課外授業でも大人気の人らしい)錆びついたまま放置されていた家の鎌を見かねて研いでくれておまけに「自分で研げるように」と、研ぎ台まで作っていただいた。昨年体調を崩して入院されたときは本当に心配したけれど、デッキに座り母となにやら楽しく会話している姿をみて安心した。じつは昨日来てくれてたんだけどボヤ騒ぎの渦中で作業が出来ず、出直してくれたのだ。

ハブは昨日の打ち合わせで詰めた手すりの位置や形状・素材を図面に落とし込む作業。  実際の現場の意見はテキストに載っていないことばかりで大変役立つ。みんなに愛されるデイサービスセンターを作るために頑張る。

13日が誕生日の僕に姪っ子(小6)から少し早い誕生日プレゼントをもらう。いくつになってもうれしい。

授業計画表を学校に送る。概要は昨年度と変わらないが、ひとつひとつのの課題の完成度を高められるように計画。

きのうは少々反省することがありました。

加藤誠洋

                                                       

|

2009年4月11日 (土)

patchy 日出(大分県日出町)

Dsc_0477

加藤誠洋

|

2009年4月10日 (金)

屋根検討

10日

午前中、隣家でボヤ騒ぎ。動力用のブレーカーが出火元で、結局大事には至らなかったが、通報をしたので家の前が消防車で大変な状況になる。その後警察や消防に状況を説明。合間を縫って空調機器会社が驚きながら登場。打ち合わせ。。気がつけばお昼に。

午後、打ち合わせ資料に目を通す暇がないまま現場打ち合わせ。               見積もり調整などのあとクリニック棟トップライト部分屋根納まりについて業者と検討。屋根模型を前にして大まかに概要を聞いてから屋根に登ってサンプルで納まりの確認。結局屋根の懸けかたを一部変更して”きれいに納める方法”で施工をお願いする。

きょうはデイの建て方が始まった。クリニック棟とデイサービス棟、2棟並んだ姿が現れる。

Dsc_0015 トップライト部分は銅版職人が行い、「あやめ折り」というヨコ一枚で葺く技法を用いる。

Dsc_0029

Dsc_0021デイ棟建て方風景。クリニック棟屋根上より撮影。

加藤誠洋

|

藤木君、石川さんおめでとう!

建築学会会員により近年中に発表された独創性・萌芽性・将来性のある建築に関する優れた論文等の業績が認められて河東研最後のドクターである藤木君(米子工業高等専門学校助教)が今年度の日本建築学会奨励賞を受賞したニュースが飛び込んできた。

受賞論文「明治前期の外務卿官舎と太政大臣官舎について」

そしてそして大先輩である石 川 孝 重さん(日本女子大学教授)は「構造原理と力学の初年時教育のための視覚的体験型学習の提唱とその実践」で今年度の日本建築学会教育賞(教育貢献)を受賞!

おめでとう!おめでとう!!

加藤誠洋

|

patchy 湯布院

Dsc_0754

加藤誠洋

|

2009年4月 9日 (木)

入学式

9日

午前中、専門学校の入学式に参加。やはりレジメンタル。新学期が始まる前、気を引き締めるために僕にとって必要な儀式。終了後、雨川さんや鈴木ヒロシさんと昼食。お互いの仕事など近況を肴に小一時間。帰途、クライアントと打ち合わせをしているハブのところへ直行し少々参加。現場は写真のような状況。

Img_8790

事務所に戻り雑務と業者打ち合わせ。現場から役所にまわっていたハブが戻ってきて現場やきょうの打ち合わせ内容の報告を受ける。留守中に知り合いの方がワインを持ってきてくださったので電話で礼をする。

それにしても最近の政府の行き当たりばったりの景気対策や各国への支援策など、そんなにお金をばら撒いて大丈夫なのかと不安になる。しかも軽々しく”エコ”を利用しているように見えて仕方ない。

加藤誠洋

|

patchy 杵築(大分県杵築市)

Kituki2

加藤誠洋

|

レジメンタル

8日

午前中、娘の通う幼稚園にて保護者会代表として新入園児を前にあいさつ。大勢のちびっこを前に話す。ネクタイはもちろんレジメンタル(過去ブログ参照)でした。

昼、上野さんから信楽より戻ったと電話、「ところで大分にいるの?」と言われpatchyに載せているのはリアルタイムとは限らないことを説明。

午後、設備メーカー、業者と打ち合わせ。

夜、建築士会支部役員会。隣の支部との合併について水面下でだいぶ進展していることをしる。会員にこれまでの経過を知らせておいてほしいと提言。

加藤誠洋

|

2009年4月 8日 (水)

patchy 大分

Dsc_0141

加藤誠洋

|

2009年4月 7日 (火)

定例会議など

7日

現場は第3回の定例会議。工事はほぼ予定通りに進行している。

Dsc_0003

午後、少しの雑用と明日頼まれているちょっとしたスピーチを考える。久しぶりにネクタイを締めなければならない。

加藤誠洋

                 

|

2009年4月 6日 (月)

きりん

このごろのおべんとう

0403obento_2 0401obento_2 0406obento

一番右のチャーハンはかとうさんがつくったものです。 パンを持ってきていたのですが、11時過ぎにお腹がすいて食べちゃったのです。

テレビの話題。私はテレビをあまり見ません。
以前、一人暮らしをしていた3年間、テレビなし生活を実践してみたら意外と居心地がよく
実家にいる今も付いていれば見る程度。自分の部屋にはもちろんありません。
でもテレビがあるから見られて良かった!と思うときがたまにあります。
昨晩みたキリンの喧嘩は良かったです。のんびりなイメージがあるキリンも喧嘩することにも驚いたけど、仕方にも驚きました。
キリンって長い首を使って相手の首を殴るんです。
それで相手も首を使って首を殴って、首でバシバシ殴りあっているんです。
見た目では判断できないキリンの違う一面を見られてとっても満足した日曜日の夜でした。 はぶりつこ

|

屋根型

3~4日

クリニックに2箇所設けたトップライト部分の屋根が姿を現す。                       特に西側のトップライトは斜傾する壁に片流れの屋根のかかる部分を”切り取り”帽子型の屋根を被せたデザイン。外形に少しの変化を与えることで周囲をハットさせることを期待。       

Img_8636 Img_8739pohto by habu

|

信楽 0泊3日

3日

前日の22時50分に信楽に向け出発。今回はカフェの看板もあるので車で向かう.。      片道500キロ!途中2回の仮眠をとりゆっくりゆったり8時45分に到着。                                                       昨年に続いて2度目の信楽ACTは顔なじみの方々に挨拶をして廻ったり、新しく出展されたアーティストを覗いたりとあわただしく過ぎていった。

Dsc_0105

信楽といえば狸というのは今は昔になりけり。新進若手の活躍の場になりつつある。

Dsc_0117

大谷工作室。今年は町の電気屋さんだった場所(藤本ミシン店)で展示。そして僕は写真の「かたぶちさん(ブッチー)」を入り口に入ったときにビビっときて購入。あいかわらずこの手の作品が好きなのだ。                                                           これで氏の作品は3つに増えた。それにしても昨年の銭湯を利用した展示のときにも感じた場に対して自らをFITさせていく不思議なセンス。

Dsc_0124

僕たちPOSTOが内装を手がけた「cafe AWAISA(かふぇ あわいさ)」”AWISA”とは地元で「つながり」「~の間」などの意味があるという言葉。今回は上野さんと峯田さんが中心に動いて”棚で渦巻き”デザインをしています。

Dsc_0095

「 siroiro-ie」に展示された黒河兼吉さんの作品群。器表面の光沢と有機的造形が秀逸。

Dsc_0178

ツーボトル「無人さん1号」。今回はアートな作品展示も増えた。

Dsc_0048

山下真人さんとは夜串カツ屋でばったり再会してお話をする。

Dsc_0150Dsc_0176Dsc_0004Dsc_0021

信楽景色

Dsc_0191Dsc_0192

夕刻から地元陶芸家の重鎮笹山忠保氏(写真一枚目右)によるレクチャーを聞く。写真に写るもう一人はやはり重鎮鯉江良二氏。貴重なツーショット。僕はレクチャーで笹山氏の最新作の素材の用い方について時間軸をもとに質問をしたが質問の意図を汲んでいただけなくて、あとで串カツ屋でそのとき司会をされていた山田さんから「疲労で眠くて時間は押してるしあれ以上突っ込まれたらどうしようと思った」と苦笑される。

Dsc_0200Dsc_0202

cafe AWAISA の夜景 看板も設置できました。

仮眠をとる前に地元の串カツ屋で食事してたら陶芸家たちがいて「やぁやぁ」ということで信楽ACT談義が始まり気がつけば3時間ほど経過。ACT主催の山田さん達にはACT記録集を進言。疲れもあって皆さんにお別れをし2時間仮眠をしてから帰途。土曜日の高速は本当に安くて常盤高速谷和原インターまで2770円ナリ。今回も山田夫妻をはじめ信楽の皆さんには大変お世話になりました。

加藤誠洋

 

                              

|

2009年4月 2日 (木)

なわとび

このごろのおべんとう

30obento 0402obento

デジカメの調子が悪かったり、撮るのを忘れたり・・・。


今日は10年以上ぶりに縄跳びをしました。
小学生のときに培った技術は今も健在。
かとうさんが驚いたくらい普段の私からは想像できないような運動能力を発揮。
前とびはもちろん、あやとび、二十とび、後ろとび、後ろあやとび。
すぐに息切れをしてしまうのを除けば、昔と変わらぬ軽やかなステップというかジャンプができました。
ゲームやマンガ禁止家庭だったので、遊びといえば折り紙、あやとり、すごろく、お絵かき、縄跳び、ゴム跳び、オセロなどなど。特に縄跳びは大好きでした。
お気づきかと思いますが、どれも1人もしくは2,3人でできる遊びですね。静かな幼少時代を過ごしました。。。

仕事の合間を見て縄跳びで運動不足を少しでも解消しようと思います。

看板製作中のかとうさん

0402

ハブリツコ

|

信楽ACT2009

2日

午後、信楽カフェの看板製作。”浮いているような看板”にするため頭を捻りながらなんとか完成。

明日から信楽ACT2009が開幕。僕も建築部門で参加。夜中に看板を携えて出発する。       帰りは4日午前の予定。

Dsc_0006 Dsc_0008 事務所で撮影

その後、ヤマギワ営業のNさん新作LEDランプを携えて来訪。                           LEDランプについてはまだ少し懐疑的なのでもう少し様子を見るつもり。

Dsc_00022

加藤誠洋

                                             

|

2009年4月 1日 (水)

旧土浦中学校本館

1日

午前中、現場監督に送る外壁割付図作成

午後、建築士会まちづくり委員会で土浦一高敷地内に建つ旧土浦中学校本館(明治37年、設計駒杵勤治、国指定重文)の見学。脇にアカンサスが植えられていた。

Dsc_0002 本物をはじめてみました。

建物はコの字型左右対称形。双塔式正面を持つバロック風外観に特徴がある。

Dsc_0011_2

その後委員会。まちづくり委員会で今年度作成予定のガイドブック(県北編)について検討。先日視察した印象について面白さと重要性を述べたところ大子町を担当することになる。

Dsc_0284 大子のまちなみ

加藤誠洋

|

あわいさ

31日

現場にて打ち合わせ。外壁のコーナーやサッシュ納まりについて施工業者とあれやこれや頭を捻る。

Dsc_0011

上野さんから信楽のカフェ看板(文字部分)が送られてきた。これからフレームに看板を取り付けて信楽まで運ぶ予定。

Dsc_0046

加藤誠洋

|

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »