« 定例・外壁材決まる | トップページ | 柄シャツ »

2009年3月25日 (水)

信楽図面届いた

24日

午後、ガス会社担当と給湯機器設置について打ち合わせ。                             懸案だった設置場所がようやく定まる。                               今回はデイで業務用ガス食洗機を使用するのだが本来ずーっと使い続けることを想定して設計されているため、想定しているデイの使用方法だとかなり電気を無駄に使うことになるのが判明。                                                        ようは断続的に使用するとその間タンクにためてあるお湯を常時高温に保つため500~700Wの電気量を常に消費するのだ。いうなれば1日8時間電子レンジをつけっぱなしにしているようなことである。朝、昼、夕と使い終わったら残りのお湯を捨て、使うときに再度スイッチを入れる使い方をしないと電気代がばかにならないことが判明したのでクライアント側に説明。

現場はクリニック棟が基礎立ち上がりのコンクリート打ち、デイサービス棟は底盤配筋中。かなりのスピードで現場が進むので投入される職人の数も多い。

Img_8257 Img_8264

図面は詳細を描き込み中。

上野さんより信楽の図面が届く。                                       空き木造店舗1階をカフェと信楽の交流の場とするべく今回は上野さんが中心になって設計を進めていて、4月の信楽ACT2009に向けて作業が急ピッチで進んでいる模様。     少しでもお手伝いをと約束しているので僕も何らかの形で(形になるのか形なきことを仕掛けるのかまだ未定)参加するつもり。

加藤誠洋                            

|

« 定例・外壁材決まる | トップページ | 柄シャツ »