« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月30日 (月)

建て方2日目

30日

現場は建て方2日目。ほぼ外形がわかるようになった。あとは両端トップライト部分の帽子のような屋根がちょこんと載ります。

Img_8530

首の痛みがなかなかひかないのでドラッグストアで温感パッチなるものを購入。そのお陰なのか昨日より痛みがひいた。

加藤誠洋

|

2009年3月29日 (日)

上棟

29日

クリニック棟上棟。

Dsc_0024

いままでスケッチの隅にしていたサインを事務所のマークとしてCADで作成し、ヘルメットにつけてみた。                                                      お気づきの方がいるかもしれませんが、このブログ右上にもアップしてみました。

Dsc_0001

加藤誠洋

|

2009年3月28日 (土)

講師会など

28日

午前中、専門学校の講師会で水戸へ。次年度の講師が一同に集まって授業計画の確認。今期から仲間入りする知り合いの雨川さんもいたので、彼の設計した明日のオープンハウスにいけないことを謝る。会食後帰宅。ETCは1250円のところ600円だった。途中セルフガソリンスタンドにて洗車。500円でワックスも奢って、ここ最近放置しっぱなしの車がきれいになる。

事務所に戻ってハブから現場の報告を受ける。現場写真を見る限り土台継手上にかかってしまうアンカーボルト位置や墨出しと基礎の出幅にチェックが必要。

夕方、ホームセンターで信楽A看板の材料などを購入。

明日はクリニック棟建て方。

加藤誠洋

|

今日も寒いです

午前中、現場に行く。クリニックは土台を敷き、足場をかけている途中。デイサービスは基礎立ち上がりの型枠作業。

28genba
丁度よくなのか待ち構えていたのか?(きっと午前中行く旨を伝えていたので、予定を合わせて来てくれたのかと思います)施工会社の方々3人と小打ち合せ。
プレカット図面や外構、納まりついてなどなど。
私だけで答えを出すことはできないことばかりで自分の能力の低さを痛感しながら
メモだけはしっかりとって施工会社とのやりとりがスムーズにいくよう心がけながら所長に伝える。
と思うだけで実際は説明ベタなので所長が私の言わんとすることを汲み取ってくれているのですが。

28obento

きょうは現場の帰り、忘れ物を取りに自宅へ寄ったついでにやきそばを作りました。
暮しの手帖に載っていたので食べたくなっていたのです。
あいにく暮しの手帖は事務所に置いたままだったので、いつもと変わらない焼きそば。

はぶりつこ

|

看板制作進む

27日

午前中図面描き。

午後、看板の制作をお願いしている地元の鉄筋屋さんが「いまから作る」というので工場に出向く。

現場はハブが監理に行き夕方戻ってきて報告を受ける。何点かの検討事項はあるもののおおむね順調に明日クリニック棟は先行足場+土台敷き。

夜中夜食に食べたせんべい2枚のせいで胃がもたれる。

寝違えたらしく首が痛かった1日。

Dsc_0012

加藤誠洋

|

2009年3月27日 (金)

寒いです

27obento

きょうのおべんとう
おかずが少ないので、2段弁当の1段だけ。久々にかぶの葉っぱを炒めたふりかけの登場。
大根の葉っぱのもおいしいです。

http://www.kurashi-no-techo.co.jp/
今回の暮しの手帖はとっても気になる記事がたくさんです。
やきそば
小村雪岱(せったい)
春のおべんとう
猫背の治し方
などなど。。。
特に小村雪岱は金沢にある泉鏡花記念館に行ったとき、そこで見た泉鏡花の本の装丁がとてもとても良くて名前をメモした思い出があるので私にとってはうれしい特集。
装丁だけの人かと思っていたら今回の特集を見て(まだじっくり読んでいないのですが)多才な方でいろいろな方面で活躍していたことがわかり、ますます興味が湧きました。

最近、細マッチョ、ゴリマッチョのCMにはまってます。
http://www.suntory.co.jp/softdrink/proteinwater/
テレビでは2回しか見れていませんが、あの音楽と声と画像・・・。すべてが面白いです。

はぶりつこ

|

デイ配筋

26日

いい天気。午前中、デイ棟配筋検査数箇所の手直しを指示。その後生コン現場試験を経て土間コンクリート打ち。クリニック棟はアンカー、HD(ホールダウン)位置確認。

午後、日曜日に予定しているクリニック棟建て方のプレカット図面チェック。

IBAのメンバーから続々オープンハウスのお知らせが届く。3月は引越しの季節である。学校は授業計画表の作成用紙が郵送で届く。ほぼ昨年と同じ内容にするが、今年度はもう少し半期にわたるテーマを持たせた計画を考えている。

信楽A看板は制作の目途が立つ。夜、上野さんと電話で少し話す。

Img_ photo by habu

加藤誠洋

|

2009年3月26日 (木)

信楽A看板

Awaisa_pdf 

25日

信楽ACTについて何もお手伝い出来なかったので立て看板(A型)をデザインしてみた。 

写真は針金で作った模型(S=1/10)                                   一筆書きのように鉄筋を曲げて作る。提灯アンコウのようにてっぺんに照明器具がぶら下がる。カフェに設置予定。

加藤誠洋

|

2009年3月25日 (水)

柄シャツ

25obento

きょうのおべんとう
メインは父お気に入りの肉やさんで買ってくるコロッケ。
他はいつもと同じ母手作りでご飯だけ自分で炊きました。
いつになったら全部(は)手作り弁当をお披露目できるのでしょうか・・・。

この前の休日にモリカゲシャツ東京2009へ行ってきました。
http://www.mrkgs.com/tokyo2009/
去年、チェックとチェックとストライプと・・・のパッチワークシャツを勧められたのですが、
柄物の洋服は数えるほどしかないのに、いきなりオシャレ上級者が着るような柄物シャツを着こなす勇気もセンスもないのでお見送りしたのです。
でも今年は一目惚れしてしまったチェックとチェックとチェックのパッチワークシャツを思い切って購入。
この心境の変化は三十路デビュー願望の現れでしょうか。
ハブリツコ

|

信楽図面届いた

24日

午後、ガス会社担当と給湯機器設置について打ち合わせ。                             懸案だった設置場所がようやく定まる。                               今回はデイで業務用ガス食洗機を使用するのだが本来ずーっと使い続けることを想定して設計されているため、想定しているデイの使用方法だとかなり電気を無駄に使うことになるのが判明。                                                        ようは断続的に使用するとその間タンクにためてあるお湯を常時高温に保つため500~700Wの電気量を常に消費するのだ。いうなれば1日8時間電子レンジをつけっぱなしにしているようなことである。朝、昼、夕と使い終わったら残りのお湯を捨て、使うときに再度スイッチを入れる使い方をしないと電気代がばかにならないことが判明したのでクライアント側に説明。

現場はクリニック棟が基礎立ち上がりのコンクリート打ち、デイサービス棟は底盤配筋中。かなりのスピードで現場が進むので投入される職人の数も多い。

Img_8257 Img_8264

図面は詳細を描き込み中。

上野さんより信楽の図面が届く。                                       空き木造店舗1階をカフェと信楽の交流の場とするべく今回は上野さんが中心になって設計を進めていて、4月の信楽ACT2009に向けて作業が急ピッチで進んでいる模様。     少しでもお手伝いをと約束しているので僕も何らかの形で(形になるのか形なきことを仕掛けるのかまだ未定)参加するつもり。

加藤誠洋                            

|

2009年3月24日 (火)

定例・外壁材決まる

23日

1時間半ほど仮眠をとってから9時に始まる現場定例会議へ向かう。                      天気は良く、国道4号バイパスは相変わらず高速で車が流れている。                      遅れそうになったので、流れより少しだけ早く車を走らせ9時ジャストに到着。            定例は2週に一度行なわれていてきょうは2回目。                                  工事進捗状況と今後の予定、現在までの問題点を施工会社、クライアント、そして我々が確認しながらクリアにしていく。                                               頼んでおいた外壁サンプルが届いていて、クライアントに確認してもらう。今回はクライアントが要望した外壁材を使うので現物の質感などに問題がないかどうかだけで、結局理想どおりということで了承。ただし、この材料を用いた施工方法が通常と異なる部分があるので納まりを相当注意しないといけない。

Img_8234 外壁材サンプルImg_8235 少し水の残る基礎

昼前に打ち合わせを終えて、ここ最近忙しすぎて悲鳴を上げているからだのために現場近くのスーパー銭湯でマッサージにかかる。ロビーから流れるWBCで日本が勝ったことを告げるテレビ放送を聞きながら昨日の寝不足もあってあとはうとうと。じっくり一時間揉んでもらう。僕は肩こりがひどく慢性的な頭痛もちでもあるので40を過ぎた頃から体が固まってしまうようにゴリゴリいい始めるとマッサージを受けるようになった。きょう担当してくれた方はかなり僕好みの施術をされる方で、心も体もリフレッシュできた。先日かかった水戸のシラトリさんの施術も僕好みなので、学校が始まる4月になってまたかかれることが楽しみ。

午後、先に戻っていたハブが出席者に議事録のファクシミリを送る。

連日の遅くまでの作業だったので、早めに仕事を切り上げて就寝。

加藤誠洋

|

2009年3月23日 (月)

ラジオ突っ込み

22日

日曜日だけど仕事。ハブも午後から出勤。                                    電話もなく仕事ははかどるが、休みに仕事をしている孤独感を味わう。                  こんなときはきまって流れているラジオにそれぞれいちいち突っ込みをいれてる。                昨日はロケットマンの一言リミックスに、きょうはクリスペプラーにやれマジトークがつまらないだの90年代を引きずっているだのといいたい放題!ところで小林克也が自分のことをコーヴィーっていってるのをどうおもいますか?

雨と風が強く吹く1日であった。現場の基礎に水溜まってるだろうな。

引き続きオープンデスク受け入れ中。

委細は kenticlin@kenticlin.org

ハブまで

加藤誠洋

|

2009年3月22日 (日)

配筋検査

21日

午前中、クリニック棟配筋検査。その後コンクリート試験、問題なし。

Img_8156 Img_8165 Img_8212                                                                 それにしてもハブは現場に出ると水を得た魚のように笑顔を振りまいて職人と気軽に世間話をしている。何が彼女をそうさせるのか・・・不思議だ。

Img_8189 現場、楽しくてしょうがないっす!

午後、空調設備業者と打ち合わせ。                                     見直しの結果、大幅なコストダウンが出来そう。

夕方、上野さんより信楽アクトについての連絡。                          仕事の都合上、今回は少しのお手伝いで終わりそうである。信楽には5年は続ける予定で関わっていくので、今年の反省も含めて継続的に遠距離の僕たちに何が出来るかを探ることも大切。

あさってまでにある程度の図面を揃えておくためにこれからすごく早い朝食にして数時間仮眠してから月曜朝まで徹夜の予感。

加藤誠洋

                     

|

2009年3月20日 (金)

09河東会など

19日

1日図面描き。昨日と打って変って来客が少ないのではかどる。                               とはいっても完全に仕上げるまではもう少々時間が必要で、施工会社からも催促のメールが到着。描いていた詳細を途中にして図面全体の整合性をとる必要がある。

夕方から新宿へ。                                                     毎年恒例の研究室の集まり(河東先生の誕生会を兼ね10年ほど前から始まった師を囲む会)に同じ研究室出身のハブと参加。先生と奥様、今年もお二人で参加いただく。例年にくらべ少人数だったのでじっくりとまとまった話ができた。中でも今後の河東会についてかなり面白い展開になっていく手ごたえを感じる。

先生からはもうひとつ僕にとって興味深い話を伺ったが正式に決まるまで内緒にしておこう。それにしても地元は近くて遠い。

盛り上がっているところ電車の時間があるので退席。ハブ(少々飲みすぎ!)も神奈川に住む妹さんの家に泊まるので同時に席を後にして駅まで送る。僕は11時発の湘南新宿ラインを使い12時過ぎ帰宅。

Img_8100 新宿アイランドタワー44F「北海道」にて(画像にぼかしをいれてあります)

Img_8101左から先輩で新宿に事務所を構える中岡猛志さん、河東義之先生、そして加藤。

加藤誠洋

|

2009年3月19日 (木)

照明器具見つかる

18日

永らく探していた照明器具がやっと見つかった。全体の照明器具選定の基になる器具だったので、おおむね理想に近いものが見つかってほっと一息。

求めていた性能は、円筒形ブランケット、上下配光、円筒部径100ミリ程度(102ミリ)、流通量の多い電球型蛍光灯が使える(E17型)最低60W以上(60W型)セードがガラス以外(破損危険性を考えて。アルミ製)、塗装が白(マットホワイト塗装仕上げ)、取り付け部プレート高さ140ミリ以下(110ミリ)で、なお且つ価格が抑えられていること(60個以上使うのでコストパフォーマンスが良くないと器具代が嵩みます。)等。                                  

Dsc_0017

図面は詳細図に入る。今回は外壁や屋根に簡素な素材を用いているので、納まりを気にしないとそれこそ”倉庫”になってしまう。                                             施工会社からはかなり安全側に寄った提案を受けるが、こちらとしては技術力に期待して施工会社を選んだ経緯もあり少々難しいことを確信犯的にお願いしている。

現場はクリニック棟が墨だし。デイ棟が割栗石敷き並べ。(写真)

Img_8089

Img_8083柱芯から基礎外側まで90ミリを示す写真、基礎巾は150ミリ。

加藤誠洋

|

2009年3月18日 (水)

花粉飛びすぎです

17obento

きょうのおべんとう
好物のヤーコンのきんぴら。(黒茶のごちゃごちゃっと入っているもの)
甘辛くてご飯にぴったり。今日は玄米ご飯を炊かなかったので母が炊いた白米。

花粉症のため鼻と喉の不快感がつづいてます。
少しでも軽減できるといいなと思ってティツリーのエッセンシャルオイルを持ち歩くことにしました。
ハンカチにほんの少し垂らしてクンクン嗅いでます。

はぶりつこ

|

2009年3月17日 (火)

デイサービス基礎始まる

17日

今回は2棟同時施工。きょうからデイサービスの基礎工事が始まる。現場事務所も設置された。(こちらも2棟)

Img_8040 Img_8042

加藤誠洋

|

新学期

16日

週末を利用して確定申告作成。10年毎年同じことをしているはずなのに馴れないのはこの作業が著しく僕に向いてないからなのか、申告書におおきな欠陥があるのか・・・。

お陰で、週末に図面がなかなかはかどらず少々苛立つ。

もうすぐ4月。新学期の授業計画を少しずつ詰める。せっかく街中にあるのだから立地を生かした課題を出すつもり。

加藤誠洋

                                      

|

2009年3月16日 (月)

今日の現場

16obento

実は病弱で定期的に病院に行きます。
今日はその日だったのでおべんとうは病院の地下売店で売っていた玄米稲荷弁当。
ちょっと甘すぎな味付け。同じお弁当屋さんのおにぎりはおいしかったので期待はずれでした。

Narasi
病院の検査の待ち時間(3時間。長すぎ)に現場を確認。地中梁をしっかりいれたのでベタ基礎なのに布基礎のようなことになっています。
本日予定の均しコンクリート打設が終わったところで固まっていないコンクリートがキラキラしてました。

ハブリツコ

|

宇都宮にて

14日

茨城の建築大好人間が集まる会があって僕もその末席に呼んでいただいている。定期的に建築を見て論じて大いに楽しもうという主旨。6回目の今回は宇都宮。重文篠原家を皮切りにおよそ20年ぶりに行く大谷資料館を見学し宇都宮美術館でバウハウス・デッサウ展を見て解散(希望者は宝積寺駅に廻った)。

”切り出した残り”が結果的に荘厳な大空間になった採掘跡は下手に利用方法を考えて活用するよりそのまま残すことがいい。できることなら一人で何時間も空間の中漂っていたいと思う場所。

Img_8000

夜、修理中だったデジカメが帰ってきた。                                        安い一眼デジカメだけどISO1600の威力は、サブ機で撮影した大谷の大空間がフラッシュなしで真っ暗にしか映らないことでも(一眼デジカメなら写真の天空の光くらいでブレなく空間内がはっきりと映るだろう)わかる。 

上の真っ暗な映りも捨てがたいのですが・・・。

加藤誠洋

|

2009年3月14日 (土)

5

13日

1日図面とにらめっこ。

デイサービスメインの照明器具。特注にしようとしたらかなり高くついたのでメーカーのカタログから選んでいるのだが、欲しいシンプルなブラケットがどのメーカーにもなくて困る。メンテナンス性を考えて選ぶと選択肢も普通に手に入る電球で、寿命もそこそこ長くてあきのこないデザインでと狭まるのだ。

ハブがタグの話を書いているので僕も同調してその手の話を。                      携帯電話の真ん中のボタン(5のボタン)にしるしがついているのを皆さんはご存知ですか?これは目の不自由な人が使用するときのために付けてあるらしいのですが、健常者の僕たちには普段まったく意識することなんてありませんよね。きょうハブと雑談していたときに携帯の5番の話にもなったのですが、そのときに僕の携帯には”ボッチ”がないことに気づきました。                                      でも触っているとなにか違和感を感じたので横から見て見ると、なんと5番の数字がほんの少し浮いているではないですか!さらによく見ると周辺の数字を囲んでいるラインも数字を押すためのガイドになっているようで・・・普段は周りから使いづらい携帯との称号を受けているモトローラ社のFOMA。いろいろ不具合はあるけど少し見直しました。

Img_7987 僕の携帯。

Img_7988 横から見ると5番が浮いているのがわかりますか。

加藤誠洋

|

2009年3月13日 (金)

きょうのおべんとう

13obento

ほとんど母がつくってくれたおかずです。
夜が遅く不規則な生活を送っている娘を気遣ってくれているのか、お弁当になるオカズを用意してくれています。
ありがたい。

さて、昨日のかとうさんのエントリーにあったように弱者のことも考えたデザイン(ユニバーサルデザイン)について最近気になったことを少し。

洋服、特に下着類に肌触りが良くないという理由からタグがないものが多く見られるようになりました。
そのかわりに直接生地に製品情報などをプリントしているようです。
前に目が不自由の方はタグをたよりに洋服の前後ろ、表裏を知ると聞きました。
そうではない私もタグをたよりに着ますし、かとうさんもそうらしいです。
きっと多くの方が無意識のうちにタグをたよりにしているのではと思いました。
同じくらいの方がタグを邪魔に感じているのかもしれませんが。
以前、私はシャツのタグがチクチクするので切り取ってしまったら、裏を表に着た事が何度かありました。。。
たしかにタグがない方が着心地いいのはわかりますが、タグの重要性って製品の情報だけじゃないのだと思うのです。
いつも左側と首の後ろにあって着るときにたよりにするものと思って疑わなかったのに、なくなってしまうと意外と不便なものなのです。
目が不自由な方はもちろん、ハンディを持っていない方だって大変不便に感じているのではないでしょうか。

ハブリツコ

|

2009年3月12日 (木)

寒い日

12日

午前中、施工業者の常務と技術的問題について打ち合わせ。こちらのデザインに対する考え方を理解してもらう。当たり前のことであるが、お互いにクライアントのために構造的、デザイン的に満足していただける建物を作ることが共通認識としてあるので話も進む。今回は施工業者のトップが僕と同世代(正確に言うと僕より少し下の世代)であることも認識を共有しやすくしているのかもしれない。

午後、照明の位置や器具について図面を前に考える。高齢者利用施設なので照度やコントラスト、色など特に健常者ではなんでもないことが問題になる。ひとつひとつ魚の骨をピンセットで取り除くような作業を続ける。

昨日から寒さがぶり返したようで、きょうは午後からストーヴを点ける。アラジンは今期まだまだ活躍しそうである。

加藤誠洋

|

きょうのおべんとう

夜休み中ってなんか卑猥な感じがするとカトウさんから言われてしまいました。

・・・


気を取り直して。

12obento

きょうのおべんとう
今日は曲げわっぱのお弁当箱に詰めてきました。
おかずが多いときは2段弁当。

右が一段目
黒米入り玄米ご飯
からし菜の漬物。(頂き物。2軒から頂いた。)
焼き紅鮭
左が二段目
きのこと切干大根の煮物。久々に自作。切干大根はおじの手作り。
ほうれん草炒め。こちらも自作
がんもどき
れんこんのきんぴら

ご飯のお供にと思って作ったり詰めたらしょっぱめおかずが多めに・・・。
特に鮭が想像以上に塩辛いし、からし菜も想像以上に辛いし・・・。
ご飯がすすみ過ぎて最後はしょっぱいものばかり残ってしまいました。
塩分とりすぎ。

最近、お弁当を載せているのは気づくといつもオカズもご飯も茶色いしであまりおいしく見えないのでブログに載せようと思えば少し気を使うかなと。

いつまで続くか。

はぶりつこ

|

2009年3月11日 (水)

きょうの現場

Img_7979_2

11日

現場が仮囲いで覆われた様子。きれいに夕日が拝める場所なのでその恩恵を損なわないよう建物をデザインします。

先日取材を受けた『つくばスタイル』が送られてきた。こうして紹介していただくのはありがたいことである。雑談でチラッと「豚舎までデザインする」といったのが記事になっていて苦笑い。いや、やりますよ。本当に。

加藤誠洋

|

夜休み中

11obento

今日のおべんとう
白米にひじきとちりめんじゃこのふりかけを混ぜたご飯
イカフライ
しゅうまい
この二つは近所の寄り合いで出たお弁当に入っていた
茹でたブロッコリー(いただきもの)
ブロッコリーの出番が多いのはいろんな方から頂けるのです。大変ありがたいです。
母がつくったレンコンのきんぴら
がんもどき

このフライとしゅうまいが良くなかったのか午後中胃がもたれてつらく、今は少し良くなりましたが夜ご飯はおうどんを一人寂しくすすろうと思います。

こちらの画像は書類を送ってもらうために140円分の切手を貼って返信用封筒を送り、それが戻ってきました。
上二つは祭りでまとめてみました。
下二つは切手の中で一番好きな5円切手。

Kitte

はぶりつこ

|

2009年3月10日 (火)

現場始動

10日

現場が本格的に始まる。施工会社やクライアントとの連絡も密になる。これから数ヶ月間、時間のスピードはかなり早く過ぎていくだろう。流れに乗っていかなければ!

故障修理中のデジカメはCCDの不具合を直すのに4500円かかる。そのほかにレンズ接点の故障も見つかったのだが、壊れていないレンズ(たまにオートフォーカスが効かないときがあったので念のためチェックしてもらった)に1万円近くを出してアッセンブリー交換する気が起こらず今回はCCDだけの修理とする。

中央郵便局は保存に向けて急展開を見せている。明日以降のJP側の発言に注目。

|

夜休み

夜休み中です。かとうさんは入浴中。
自宅と事務所がくっついてる利点ですね。こういうときちょっと羨ましいなと思います。
このところ私は深夜帰宅のため朝シャワーが多いので。まあ頭がしゃきっとしていいのですが。
しかしこの冬よく風邪をひかなかったなーと思います。(風邪ひきそうにはなりましたが)

ここ1年ほどボブディランがラジオから流れるたびいいなぁと思うようになりました。
音楽の好みが変わってきたのでしょうか。
たしかに私は良く変わるのですが。。。

さて夜休みは終わりにしようと思います。もうひとふんばり。

はぶりつこ

|

オープンデスク

オープンデスクの募集をしております

現場監理、CAD、建築模型、デザイン、文化財調査など建築に関わるあらゆることが学べます。

委細は kenticlin@kenticlin.org

担当ハブまで。

|

定例

9日

現場では1回目の定例会議。工期の確認など。

午後、来客多し。立て続けに4組ほど。ずーっとしゃべり続け気がつくと午後4時。その後図面描き。まだ描くべき図面は残っている。

忙しくて手を付けられなかった図面リストの作成をしてみる。クリニックもデイサービスもそれぞれ100枚近い図面の量。2ヶ月でA2-200枚の図面作成はさすがに堪えるが、自分のキャパを知るのにはよい機会かも知れぬ。

体調はまあまあ復活したようで食欲も出てきた。

夜になってぬるんだ雨が降る。

加藤誠洋

|

2009年3月 8日 (日)

強風

7日

昨日とはうって変った天気。晴れて強風。                                  現場は地縄(じなわ)の確認作業。                                      寸分の狂いもなく終了。                                          来週から基礎工事に入る。                                            事務所に戻り図面描き。昨日まで熱のため病人食で済ませていた食欲が今日になってなんとか回復してきた。

きょうはラジオからいつになくbeatlesのナンバーがかかる。朝、車のなかで「ノルウェイの森」。夜、事務所で「ブラックバード」が流れる。新聞にはbeatlesナンバーを弾く韓国の天才ギター少年の記事。beatlesがマイブーム中の僕はご機嫌。この少年は先日youtubeで見かけたあの少年だろう。そういや何年か前オノヨーコと数十メートルのニアミスをしたが彼女に興味がなかったので通り過ぎたことがあったことを思い出した。

オノ・ヨーコといえばフルクサス。フルクサスといえば映像作家の韓国人ナム・ジュン・パイク。

韓国といえば野球は日本の圧勝。久しぶりにどよめく球場を見た。

昼にテレビで「まいう~」の人が立石仲見世を紹介していた。仲見世は僕の祖父母のその親の代からせんべいやを営んでいてお店は今でも健在だ。僕が少し古いものにいとおしさを感じるのはこのまちと関わっていたことと無縁ではないだろう。

加藤誠洋

|

2009年3月 6日 (金)

地鎮祭

6日

クリニック&デイサービスの地鎮祭が執り行われる。あいにくの雨であったが、設営したテントの中厳かな雰囲気に浸ることが出来個人的には○。                        きょう行なう予定だった建物の正確な位置決めは明日に延期。                     帰りにチラッとブックオフに立ち寄り事務所で聞くCDを物色。最近すこしまとめて聞いてみたいと思っているbeatles。『ABBEY ROAD』を購入。今まで自分の中で素通りしていたbeatles(同じく素通りしているといえば三島由紀夫があり、こちらはまだ手をつけていない)であるが、流れる曲のほとんどが既知の曲でありしかもその活動期間が8年足らずだったとは!そしてその間のアルバムジャケットの顔写真の変貌振りときたらバンド活動数十年のrolling stonesより激しい。(彼らは彼らで変わらないことに偉大さがある)

Img_7953

ところで、事務所のCDデッキの調子が数ヶ月前から針飛びのような状況で、ラジオだけの存在価値になっている。しかたなくPCで再生してi podにいれてなんてやりながらCDを聞いている。そういえば僕は昔から音の出る機械に縁がない。それは小学生時代のsonyの3バンドラジオからはじまり中学生のステレオやラジカセまで異音がしたり原因不明の故障で音が出なくなったり延々と続いていく。

東京中央郵便局保存問題に触れないわけにはいかない。                     報道では二転三転であるが東京都が解体許可を出したとのことで保存は危うくなっている。僕は当然保存派である。自身作家でもある都知事は記者団に「なぜそんなに重要なら重文にしておかなかったのか」と話されたそうであるが、冠がつかなければ重要度もわからないような日本の首長の文化的資質を疑う。最近やたらと指定や遺産という言葉が飛び交うが、なによりその資質があって冠はあとからついてくるのである。間違ってはいけない。

加藤誠洋

|

恒例行事

5日

ここ数年、必ずといっていいほどこの季節になると熱が出る。                        で、それがここ2日間。熱が38度近くをうろうろ。ぼくとしては一番つらい状況を過ごす。            おかげで、昨日は1日ダウン。終わらせるべき図面が1日遅れのこの時間になる。

きょうは朝、クリニックの地鎮祭がある。計画が遅れてしまい関係各位に迷惑をおかけしが、何とか工事に向けて一歩踏み出した。

今回の計画は2棟(デイサービスセンターとクリニック)を同時に建てる計画で図面量も半端なく多い。こんなときにかぎってアルバイトも見つからずハブも毎日夜中まで図面と格闘している。まだまだ図面は終わっていないので安心は出来ないが、なにより健康第一なので明日以降すこしは時間的余裕をもって作業を進めるつもり。                        熱は薬が効いたのか(効きすぎた)35.6度。

|

2009年3月 5日 (木)

3/4と3/5

カトウさんが熱を出して寝たり寝たり起きたり寝たり・・・の昨日今日。
私も胃の動きが鈍っているのか本調子ではなく、テンション低い事務所内です。

このところ確認申請業務に関して自分の未熟さに落ち込んでいました。
その確認も昨日やっとおりて一安心してます。
けどまだまだ他のことが山盛りなのでこれ以上体調が悪くならないよう気を引き締めないと。

昨日、確認申請の業務でつくばへ行ったついでに珈琲豆を買うためシンゴスターリビングへ。
渡邊浩幸さんの個展中で、ずっと実物を見てみたいと思っていた作家さんだったので思わずあれこれ手にとって感触を楽しみました。
いろいろ欲しくなったり、写真で思っていた感じと違って欲しくなくなったり・・・。やっぱり実物を見るのって大切。

http://www.fureai.or.jp/~nabe/index.html
迷った結果、食パンを切るのに丁度良いまな板を購入。これでパンを切ったりパンを切ったり・・・。しようと思います。(それしか浮かばない)

羽部律子

|

2009年3月 3日 (火)

今日のおべんとう

Obento

玄米ご飯(雑穀5種、押し麦入り)
イカの煮たもの
焼き鮭
茹でたブロッコリー
ゆで卵(塩コショウ)
かぶの葉っぱを炒めたもの

ご飯だけ炊いて、母が作ってくれたおかずを詰めました。
仕切りをもうけないで詰めるのが好きで、だいたい玄米ご飯と和のおかずが多いです。
ゆで卵は入れたことがなかったのだけど、最近、家の鳥が毎日卵を産むのでおいしい卵をシンプルに食べたくなって。
なので、お塩もちょっと良いものを添えました。

お弁当箱は野田琺瑯のレクタンブル深型です。

羽部律子

|

まちなみ巡り

28日

28日から月をまたいで1日にかけて建築士会まちづくり委員会の視察(建物紹介の冊子とそれと連動したツアーの下調べ)のため常陸太田市と大子町の町並みを巡る。まちづくり委員会での冊子作りはこれが2度目で前回はつくば山麓編として八郷・真壁・つくばなどをとりあげた。                                                          僕にとっては前回が良く知った町であったのに対し、今回は常陸太田、大子とも始めての町。期待が高まる。                                                                                                               常陸太田は鯨が丘商店街を中心に馬の背状に2本のそれぞれが商店街と問屋街の2つの機能にわかれた特色ある町並みが構成されていた。およそ一週間前、この地を題材にした修了制作を教えに行っている学校の3年生が発表していたので町の様子はある程度掴んでいたが、伝え見たよりも魅力的な町で、特に地形的に坂道が多くそれも町の特色であり魅力になっている。

一方、大子町はおそらく近世~近代に栄えた金町通り(那珂川に平行してある)に駅からの3本の道がつながる構成。ここは建築探偵的に言うとまだ発掘されていない原石のような町でそこかしこに魅力ある”ブツ”が隠されている雰囲気が漂う。金町に長屋門を持ち母屋に式台のある格式高い屋敷構えのお宅を外から撮影していてそこの持ち主に声を掛けられしばしお話を伺う。隣に建つもう使われていない鉄塔が乗る建物に憤慨されていて、あらためて”そこに建てることの責任”を専門家として痛感する。

一日は午後から栃木県の指定文化財の調査が入っていたので昼前に皆さんと別れ、一路烏山へ向かう。大子から烏山までは車で1時間弱。烏山の鷲子山上神社は社殿の中心から茨城県と栃木県の持分になっていて、社務所もそれぞれに分かれている。              本殿の状態は、湿気が多いのか土台、縁など特に下部に苔が付着しており、木部腐朽の危険性が見られる。

この神社には他に驚くことが多々あった。ここで言うのもはむなしくなるので、知りたい方は神社の情報でもチェックして欲しい。今回の調査では社寺の経営的な方針でかなり考えさせられた部分があり、あきれた事例にも遭遇した。

今期の調査最終日ということもあり県の文化財(建造物)担当者もオブザーバー参加して調査終了後宇都宮で一席持つ。来期一年間アメリカに行かれる藤森研究室出身の奥富先生(現小山高専准教授)と来期から米子高専建築学科で教鞭に立つ河東研究室最後のドクター藤木君は特に門出の意味もこめて僕と岡田さん(宇都宮でご夫妻で設計事務所を営んでる僕の大先輩。だんなさんが構造担当で所長、奥さんが意匠担当で専務。今回の調査では奥さんと所員の吉沢くんが同行した)で花束を贈る。それにしても今回は師である河東義之の知見の深さにあらためて感心する。県指定文化財の9割近くを短期間(4ヶ月)で集中して、しかも調査名目でじっくり見て廻れたことは貴重な経験で、本当に感謝である。

2日

現場は整地が始まる。図面。急ピッチです。                                  午後『つくばスタイル』原稿の校正チェック。少しの補足説明を加えさせていただいた。協力いただいたクライアントにチェックしていただいた後、丁寧な言葉で紹介記事を書いていただいたお礼とともにメール。デイの確認申請は無事消防を経由し明日には確認審査機関に送られる模様である。

デジタル一眼(nikonD40x)の調子が悪くカメラ屋に持ち込む。CCDに埃付着の可能性ありとのことでその場でエアダスターで掃除してもらうが直らず。2~3週間入院となる。店内でリコーGRが安く売っていて食指が動くがサブ機(canon ixy digital)があるので我慢。今回は魅力に打ち勝つ。

Dsc_0095 Dsc_0191 Dsc_0226 Dsc_0379

加藤誠洋              

|

2009年3月 2日 (月)

吉屋信子邸

大分前になりますが、鎌倉にある吉屋信子邸に行ってきました。
吉田五十八設計です。
すべてが細かなところまで考えられ、考え抜いたディテールや寸法なのだろうと感じさせる住宅。
いや実際そうなのですが、私が無知なのに下調べなしで行ったので感じるだけで終わってしまいました。
次回、行くときは下調べして、もう一歩踏み込んでみてみたいと思います。

年に数日間しか開いていないので、調べてから行ってみてください。
http://local.goo.ne.jp/leisure/spotID_TO-14002311/

Yoriya

羽部律子

|

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »