« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月28日 (月)

リップスライムの太陽とビキニのPVのようにゆらゆらと踊りたいと思うこの頃。とうとう暑さにやられてきたようです。

http://jp.youtube.com/watch?v=0p0ycgT3fg0

こんな具合にたまに自分が本当にやりたいのか?と思うような事をやりたくなることがあります。 ビキニはもちろん水着も着ている自分が恐ろしいものになるので着ませんが海でビールを飲みたいです。 (は)

Img_7127

|

2008年7月24日 (木)

クッキー

クッキーが好きです。ほろほろさくさくかりかり・・・。甘くておいしいし形も色合いもいいです。

Img_7128

写真は泉屋のクッキー。小さい頃から大好きなクッキーです。その頃の夢はクッキーやさんになることでした。(は)

|

2008年7月19日 (土)

ジュリー

昨日は教えに行っている学校の前期最終授業でした。                                    1・2時間目を使って2年生に課題で出した住宅のジュリー(講評会)を行ないました。ここひと月ほど課題と格闘していた彼らのハレの舞台です。                                  テーマは「あなたの家」。                                                     各自クライアント(有名無名架空どれでもよし)を設定してもらい、それを他のクラスメイトに渡し(くじ引きで決めました)”誰か”が設定したクライアントの意向を汲むのみでなく自分なりのテーマを付加させて住宅を計画してもらいました。                               課題は1年生のときに基礎的なことを勉強してきた彼らが住宅の多様性を知ることにより向上心や好奇心を高めてもらおうという狙いがあり、ジュリーは普段人前で伝えること評価されることの経験の少ない彼らに刺激を与えようとする目論見です。                                        今回ゲストとして知り合いの建築家にお願いし一緒に参加していただきました。                クライアントの設定は学生に任せたので、アニメの主人公や海外プロスポーツ選手など多彩な顔ぶれですが、ありえないはずのクライアントを現実的な家に住まわせる方法も試されます。                                                                  個々の作品については機会があれば後ほど紹介するとして、ジュリーでは最優秀賞と個人賞を用意しました。                                                  ジュリーは作品を前日に僕が暫定的に順位付けを行い順位の高い方から7人をA、そのほか28人をBグループとして2部制でおこないました。                               ゲストにはAグループがプレゼンを行なう2部から来ていただきました。                    Aグループには一人5分の時間を与えてプレゼンをしてもらいました。                    プレゼンでは学生に「誰に何を伝えるか」をはっきり意識するよう伝えたのですが、こういうことって訓練が必要で、やはり難しかったようです。                                 彼らにとって、今回の講評会がいい経験になってくれればと思います。

最優秀に選ばれたのは独身で引きこもりな男とその家族の住む家を提案した作品。引きこもりを引きこもらせない工夫に強引さがあるものの、模型の美しさとプレゼンのまとめ方が評価されての受賞です。僕の推した作品(一見快適な住宅と見せて内部にわざといじわるな迷路性を持たせた作品。住宅を考える上で採用する機能的な要素をあえて用いず他の、不便と考えられている要素を持ち込んで住宅を成立させている点が現代の「住みやすそうに見せることに徹した住宅」を皮肉っているように思い推しました)は惜しくも多数決で敗れてしまったけれど審査する側も選ぶ目を試されているわけで、自分の考えを言葉に表す難しさを実感した次第です。

Dsc_0021

忙しい中、講評を快く引き受けてくれた(右から)矢口さん、亀谷さんと亀谷さんの事務所スタッフの山本君。

山本君は、昔お世話になった方の息子さん。彼が4歳の頃から知っています。「大きく立派になったもんだ」とコメントを聞きながら半ば親のように目を細めていました。

Dsc_0037 Dsc_0213

最優秀に選ばれた作品

Dsc_0119

僕の推した”意地悪”な案

Dsc_0026 Lonau

サッカーの”ドリブル”の軌跡をプランに反映させた案

Dsc_0113

”木漏れ日”の光の美しさを室内に取り入れるために抽象化した樹木デザインを用いた案

Dsc_0029 Dsc_0034 Dsc_0040

プレゼン風景

Dsc_0046

討論会

Dsc_0042

賞状

(カトー)                                                    

|

2008年7月16日 (水)

頂き物2

Ridel

お客様から「使ってないから」とリーデルのシャンパングラスをいただきました。何でも解体現場から出てきて、庭に放り出してあったそうで洗ったら傷もなくピカピカになりました。シャンパングラスは底に傷が付いていてシャンパンの泡立ちを一層よくするそうで(写真でもわかります)、後で試してみたいと思います。サイダーで。。 (カトー)

|

2008年7月14日 (月)

展示

イイダ傘店さんの傘は素敵です。
傘が嫌いな(は)でも欲しいっっっとずっと思い続けてしまうくらい。
今度、行われる展覧会は傘骨がテーマだそう。
サイトに出ている写真から面白そうな匂いがしてきます。
いつもイイダ傘店さんは雰囲気あるところで受注展示会をしているようなので
(実はまだ見たことがありません。。。)
今回もきっといいところなのかなーと想像しています。

それと佐藤雅彦研究室+桐山孝司研究室の展示も気になるところです。
「君の身体を変換してみよ」

http://www.ntticc.or.jp/Exhibition/2008/Kidsprogram2008/index_j.html
佐藤雅彦さんの考えることに触れるたび
自分の脳がわくわく動いているのがわかります。
夏でてろてろだらりんとしている脳に(いつもでしょ!という声は聞こえないふりして・・・)刺激を与えに行こう!
と思います。

(は)

|

2008年7月13日 (日)

頂き物文化

たくさんの茄子をいただいたのでラタトゥイユと揚げ茄子の味噌汁を作った。

Dsc_0001

ラタトゥイユにはこれまた頂き物のズッキーニを入れ、味噌汁は煮干と頂き物の利尻昆布でだしをとり、具は揚げ茄子。最後に頂き物の長ねぎを刻んで浮かべます。田園地域の恩恵に与っている我が家ではおそらく連日茄子の登場です、ありがたやありがたや。 (カトー)        

|

2008年7月12日 (土)

編みこみ

編みこまれたものが辺りに散らばっている。                               編み方もそれぞれで、指で押してみると弾力も違う。

Dsc_0008 Dsc_0011 Dsc_0014

考えてみると「編む」デザインは規則に基づいた連続性が視覚から担保されている方法で、しかも始まりと終わりがわかる。                                          反対に、始まりと終わりがない連続性とは何かを考えると「置く」デザインになるだろうか。   芸術界で言うと草間やよいのドットであったり、デミアンハーストのマーブル模様の作品であったりして、これは完結系の連鎖とでもいおうか。                                                              完結性のある連鎖には規則性にとらわれない自由さを持っていて間隔・かたち・色などを恣意的に操作することも容易であるので、時間の経過によって方向性をまったく変えることもできる。                                                         一方「編む」デザインで芸術界を見ると李禹煥の一筆書きであたりが適当か。              「編む」のは始めの一手が殊更重要になるのでゲームに置き換えると囲碁・将棋的なんて言い方もできるかもしれない。とすると完結系ゲームはすごろくになるか。           建築だと戸建て住宅対集合住宅となるかな。                                   「編む」置く」混合となると樹木であったり、納豆なんてのもありかな。                                       この「編む」「置く」デザインを考えるのは面白そうである。

(カトー)

                              

|

2008年7月10日 (木)

継続

数ヶ月程前から続いていることがあります。それは週に1度か10日に1度ハンカチ、てぬぐい、お弁当を包む布 20枚程度をアイロンがけすること。 大抵、朝やっています。しわがピンっとなっていくのを見るのは朝からとっても気持ちがいいです。もちろん使うときも。 もともとアイロンがけは嫌じゃないから好きなんだろうと感じていたけど、それはきっとたまーに気が向いたときやってるからだと思っていたんです。なので、たとえ週に1度でも続いているから、「アイロンがけが好きなんだ!」って声を大にして言ってもいいかなーって思うのはまだ早いでしょうか。でもこうやって続けられている事が出来てちょっと嬉しかったりもします。(は)

Img_7049

画像は少し前だけどきれいに咲いていた白い撫子。

|

2008年7月 8日 (火)

5分間

普段早朝に書いているブログなので、内容はともかく比較的じっくりとキーボードを打っているのだが、きょうはこんな時間(9時5分前)になってしまったので5分間でブログをかいてみる。

最近読んで3いるのは松山猛著『智の粥と思惟の茶』というエッセイ本。先日カウブックスで入手しました。この本は80年代に松山さんが雑誌に寄稿したエッセイをまとめたものです。都市に自転車がいかに有用かということが書かれている「自転車都市」と題されたエッセイには、近頃のガソリン高沸後の動きを予見するような記述もあって納得したりしている。

と、言うところで5分経過。

(カトー)

|

2008年7月 4日 (金)

カレーカレーカレー

蒸し暑いです。
最近、買った本です。

Photo
ビギナーズシリーズは面白そうな特集があっても立ち読みで済ませていたのですが
これは即買いしてしまいました。
眺めてみてはカレーカレーとつぶやいています。
そろそろつぶやいていないで作ろうと思います。

そうそう(は)もシャネルmobile artに行ってきました。
(か)さん同様、レアンドロエルリッヒの水辺に映る街並みの展示が一番よかったです。(は)

|

2008年7月 3日 (木)

宇都宮 リフォーム

増築部分スタディ模型1/20

Dsc_0006

|

雑巾がけ

Dsc_0001

まだまだ雑巾がけが続きます

すこしづつきれいになっているのは、バケツの水の汚れ方でわかるので、まだまだワックスがけはできません。実はダイエットにも効果的な雑巾がけの方法を編み出し、実践しているのですが、あまりに恥ずかしくて、一人のときにしかできません。 試しに(は)さんにお披露目したら苦笑されました。  (カトー)

|

2008年7月 2日 (水)

ハトとネコ

お使いに行くとき預かったお金を入れる用のお財布。

益子の陶器市で購入。

ハトの色合いに惹かれて手に取って中を見たらネコが登場!

予定外のお買い物になってしまうけど・・・。

Saihuhato Saihuneko

だってハトとネコが「買ってください」と言ってたんだもんっ。(は)

|

2008年7月 1日 (火)

たまに今まで気にもとめなかった人の歌が好きになることがあります。
最近はこの曲。

Photo

クリスタルケイ/涙のさきに

この曲がラジオで流れるたび聞き入ってしまうのです。(は)

|

こうせい

こうせい

Dsc_0025

先ごろ引退した柔道家ではなく校正のこと。                                         書いた報告書原稿の手直しです。書いているときにもっとじっくり見直せばいいのですが、いつものとおり時間に追われ「ええい、ままよ」とメール送信をしてしまうので、このようにびっしりと直さねばならなくなります。担当者さんごめんなさい。                         書いた原稿をチェックするのに一番いい方法は読みなおしてみることだとわかっているのに・・・激しく反省しております。 (カトー)

|

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »