« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月30日 (水)

ジャケ

私たちが設計をした「二葉カフェ」がCDアルバムに使われました。(カトー)

川嶋あい 「Cafe&Musique~路上集3号~」

Photo_4

Photo_5

Photo_6

http://kenticlin.org

|

2008年4月29日 (火)

文化の融合

Natto

納豆ぶぶあられをまぶして食べました。

納豆に色とりどりなあられのトッピングぅ

Dsc_0095

食感はいいのですが華やかさに欠けていました。

東西食文化の融合、今回は失敗です。(カトー)

飯碗  額賀章夫

http://kenticlin.org

|

2008年4月28日 (月)

役に立つこと

いろいろな役をお願いされることが多くなっています。

「それ儲かるの」と言ってくる方々に対して「自分のためにやってます」としなくてもよい弁明をしてました。                                               最近ある方がエッセイで「自分はそういったお願いやお誘いを断らない」のは「すこしでも社会の役に立ちたくて」というオトナ文章に目から鱗で反省。松浦弥太郎さすがです。

さて、茨城県建築士会まちづくり委員会では県内の建築を再発見するためのツアーを企画して、委員である僕はお手伝いをしました。                             この企画は県内はもとより県外の建築関係者に向けて、あまり知られていない県内の町並みや建築に興味を知ってもらうために企画され、同時にパンフレットも作成することになりました。                                               きょうはそのときに撮った写真の一部をご覧ください。(カトー)

石岡市八郷  かやぶき民家の数多く残る地区です

Dsc_0020 Dsc_0027 Dsc_0043_2

Dsc_0075 Dsc_0076

桜川市真壁地区  木造店舗や見世蔵・土蔵、いまも400年前の町割りが残ります。

Dsc_0033 Dsc_0084 Dsc_0136Dsc_0060

西光院  懸造りの本堂があり景色が抜群に良い。                      関東地方の懸造りとしては他に千葉の笠森観音(こちらは四方懸造り)が有名。

Dsc_0230 Dsc_0174 Dsc_0234

つくば市  平沢官衙(かんが)遺跡  古代(奈良~平安期)の役所跡。             建物は復原。   

Dsc_0101 Dsc_0097

http://kenticlin.org

|

2008年4月27日 (日)

参考図書

Dsc_0025

学校では建築インテリア科と雑貨インテリア科の授業を受け持っていて、造形とインテリア史を教えています。

インテリア史を学んでいるのは雑貨インテリアの学生で、この授業はインテリアコーディネーター資格試験対策のために設けられています。範疇は建築、工芸、美術、装飾など多岐に渡ります。試験対策だけなら各時代を特徴付けている項目を紹介するのみでもいいのですが、それだけじゃ学生たちの歴史への興味が薄れるでしょう。

思考するときに歴史に重要性を見出せるようなデザイナーに育って欲しいから、手持ちの資料と雑学を駆使して授業を行ないます。

写真は参考図書の一部。懐かしく読んでいます。

前回は日本中世で、様式建築と仏教美術、絵画などを紹介しました。東大寺南大門金剛力士像、運慶と快慶の作品に対する制作の取り組みの違いや雪舟の作風。狩野派におけるやまと絵の影響などはあらためて学ぶところが多く、僕自身勉強になっています。

次回は日本近世です。若冲なんか派手でいいかも。(カトー)

|

2008年4月26日 (土)

2nd theme マチヲキリトレ

きょうは2年生の授業でフィールドワークをします。

僕は朝、下調べで街中を探索

Dsc_0002 Dsc_0008 Dsc_0011 Dsc_0013 Dsc_0014 Dsc_0019 Dsc_0024 Dsc_0031_2 Dsc_0059

朝の芸館(水戸では芸術館のことをこう呼んでいる)中庭草むしりがお気に入りの一枚

グルスキーとホンマとホンジョウを足して3で割った感じですねとは(は)。

う~むオリジナリティ出すのって難しい。

Dsc_0068 さあ出発!

Dsc_0085 最近どこかでお会いしましたね。

Dsc_0087 あたらしいホースのまとめ方

Dsc_0088 エントランスにアールを用いてちょっとだけ贅沢に!ふふ。

熱源変更の跡でしょうね。

Dsc_0093 通行人に話しかけてると思いきや、親子の会話です。

Dsc_0095 朝から落ち込んでます

Dsc_0107 長い車でも駐車できますが、先が微妙に曲がっているので気をつけてください

Dsc_0126 テクスチャー採集中。

宮島達夫展はまもなく終了です。

Dsc_0081 同じところばかりじゃだめだよ。

Dsc_0128 集合写真at GEIKAN

さあ、制作に取り掛かろう

Dsc_0133 おおっ、コレハ!

Dsc_0143 グレーチングゥー・・・

Dsc_0095_2・・・

気分転換

Dsc_0157

1年生の授業も持ってます

Dsc_0161 課題に対して学生が自分の作品につけたテーマ

Dsc_0172 模型作りは初めての皆さんですが、2時間でここまでできました。

来週は1年生も外にでるよ~。(カトー)

http://kenticlin.org

|

2008年4月25日 (金)

用の美

Mimikaki

純粋にその目的に沿うように長年試行錯誤をしながら辿りついたモノは美しい。

写真は耳かき。

ずいぶん前に巣鴨で購入しました。

耳の形を見てから先端を削りだすという耳かき屋さんは、日本一高い耳かきを作る名人としても知られていました。

残念ながらお亡くなりになってしまったそうで、いまでは貴重な一本です。(カトー)

馬木の耳かき   ¥2980円(当時)

|

2008年4月24日 (木)

手拭

Tenugui

普段使っている手拭。

やはりデザインは日本的でないとしっくりきません。

よき生活道具がズボンのポケットにある。

拭く、縛る、包む、巻く、計る、止める、運ぶ、吊るす、引っ張る、隠す等等・・・いろんな使い道があるし、幅33センチで長さ90センチほどのサイズにも親近感を覚えます。

難点はたたんで入れるとポケットがもこもこしてしまうこと。

(そういや昔の写真でバンカラ風学生さんがズボンにひっかけて闊歩している姿を拝見したことがあります)

スーツの時には(そんなに着ないけど)半分ほどに切った手拭を使おうかな。

・・・て、そこまでこだわらなくてもいいか。(カトー)

http://kenticlin.org

|

2008年4月22日 (火)

らくだ的な

Photo

信楽の大谷工作室さんは彫刻を学んでいたそうです。

銭湯で展示されていたこのらくだ君と目が合って、縁あって手元に。

何ともいえない絶妙な力の抜け具合と銭湯ののんびりとした空間

いいでしょ

ご本人ものほほんとした穏やかそうな人。

大谷さんに作品名を聞いたら「ん~。らくだ的な・・・かな」ですって(カトー)

大谷工作室 「らくだ的な」  全高 11.5センチ(台座含む)

http://kenticlin.org

|

2008年4月21日 (月)

first theme 3*20*10

Dsc_0001

今度の学校は水戸。

県内唯一のデザイナー養成学校です。

眺めがいいね。

Dsc_0006

本日のテーマは 3×20×10の構成。

外壁とよばれるものを作らないこともルール。

Dsc_0027

学生ちゃんたち、まずまず課題の主旨を理解してくれました。

お利口です。

Dsc_0142

総勢36個の個体の集合。

ちょっとした町屋モデルですね。

Dsc_0150

一つ一つの力が集まった形。

最初から飛ばしたのに学生の皆さんがんばりました。

これからよろしくね~。(カトー)

http://kenticlin.org

|

2008年4月20日 (日)

shigaraki lump3

Shigaraki_lump3

信楽ACTでPOSTO展示用につくった照明器具です。

その名も「shigaraki lump」。

細い電線を同サイズの針金で形作ります。

電線は電気を流す重要な役割をしていて、それなのに邪魔者のような扱いを受けます。

昨年、教えている学校の課題で一人の学生に街中で景観上悪者扱いを受けているものをピックアップさせ、それをだけを使ってオブジェとして再構築させてみました。

なぜ必要なのに邪魔な存在感をあたえるのか。

不当な扱いを受けているのはなぜか?

この照明器具はそんなことを問うてみようと生まれました。

ソケットには100ワットまでの電球を取り付けることができます

写真は5ワットの電球を取り付けて、部屋の片隅にポツンと掛けてみたshigaraki lumpです。

作った順にナンバリングしてあって、これは3番目に作ったのでshigaraki lump3です。

造形心をくすぐって、気がつくとホームセンターでパーツを漁る日々が続いております。

写真の照明器具では陶器製のモーガルソケットを使っていますがプラスチック製・スイッチ付きなどを買い込んであるので、いろいろ試してみたいと思います。(カトー)

http://kenticlin.org

|

2008年4月16日 (水)

信楽ACT2008

033072dpi

信楽マップ

100_7214

私たちPOSTOの展示、フロッタージュで町を記憶する。

Dsc_0003

のぼり

Dsc_0034

仏様が寝ています。

Dsc_0042

安永正臣さん インスタレーション

Dsc_0054

青木挙さん ワークショップ

Dsc_0056

藤岡貢さん

Dsc_0069

宮本ルリ子さん

Dsc_0075

Dsc_0090

滋賀県立大による民家の改装「shiroiro-ie」

Dsc_0100

空景

Dsc_0134

南野馨

Dsc_0137

高山博信

Dsc_0139

Dsc_0144 

大谷工作室

http://kenticlin.org

(カトー)

|

2008年4月15日 (火)

Mokei

(か)さん模型作成中。

|

2008年4月10日 (木)

信楽ACTの様子です。左は(か)さんが良いと思ったところ。右は(か)さんたちPOSTOの展示様子です。
とても楽しくいろいろな出会いがあったそうです。
来年は(は)も行きたいです。(は)

Sigaraki Sigaraki2

Photo By(か)

|

2008年4月 8日 (火)

今日の雨風で桜が散ってしまいました。お花見してないのに・・・。これは北上するしかない!と時間もないのに意気込みだけは3人前。

少し前になりますが映画をみました。(←音が出るHPです。)
あんまり恋愛映画は観ないのですが、louleの甲斐みのりさん他見た人の
感想を読むと評判がよかったので気になっていたら近くで上映していたので仕事帰りレイトショーに。
感想は・・・恋愛のドキドキや苦しみや楽しさがぎゅぎゅっとつまっていて。。。
恋愛真っ只中の人。
恋ってなんだっけ。と忘れかけている人。
にオススメです。
あ、要はみなさんに見ていただきたいとってもいい映画でした。(は)

|

2008年4月 4日 (金)

(か)さんがひそかにせっせとHPを更新しています。
http://kenticlin.org/
ぜひぜひご覧くださいませ。
ちなみに(か)さんは今日から信楽で行われているイベントのため現地に行っています。
もしお近くの方いらっしゃいましたらぜひぜひ。
遠くの方もぜひぜひ。(は)

http://posto.exblog.jp/

|

年明けに今年の目標は珈琲の味がわかる大人になることです
とブログに書きましたが、今は珈琲熱がやや冷めつつあります。。。(早すぎ)

以前から(は)が自宅で飲んでいたハーブティを事務所に持ち込み飲むようになりました。
http://www.leafcafe.com/
写真の左のクラシックインドスパイスティは牛乳で煮出すとおいしいチャイになります。
右のレモンジンジャーティはプラクチカのあっこさんに勧められて飲むようになりました。
こちらは今からの季節さっぱりと飲めそうです。
いろいろ種類があるので次は何飲もうかと楽しみ。
けど好みじゃないのを買ってしまったら消費するのが大変なんですが。(は)

Habu

|

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »