« 工房からの風 | トップページ | D-BROS 「GとPのあいだ」 »

2006年11月 2日 (木)

中銀カプセルタワー

こんにちは。朝晩はめっきりと秋らしく冷え込んできました。
この冷えてすぅーっと背筋が伸びるような空気がいいですね。

さて、けんちくりんの友人夫妻のSさんが先日建築ジャーナルの取材を受け、その記事が今月号の巻頭を飾っています。
内容は夫妻が購入した中銀カプセルタワーについて。
簡単な説明としては、黒川紀章設計のもと1972年に完成した分譲のマンシオンです。
メタボリズム(新陳代謝)の思想をかたちとした建物で、カプセル(細胞)を交換して(新陳代謝させて)建物を持続させていくというものです。
しかし、カプセルの交換は一度もされず建物は老朽化して今年9月に取り壊しが決まりました。

夫妻のカプセルを購入したいきさつやカプセル生活が2ページの中にぎゅっと詰まっています。
ぜひ手にとってくださいませ。
ただ通常の本屋さんでも取り扱いが少ないので、下の建築ジャーナルのHPで取扱店をご覧になってから出向くか通信販売をしていただけると幸いです。

http://www.kj-web.or.jp/
けんちくりんにもあるので、事務所に見に来てくださってももちろん大歓迎です。(は)

画像は右から今号の建築ジャーナル、中銀カプセルタワーの新聞記事、中銀カプセルタワーの写真((か))さん撮影)

Jounal_1 Img099 Dscn1208

|

« 工房からの風 | トップページ | D-BROS 「GとPのあいだ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 工房からの風 | トップページ | D-BROS 「GとPのあいだ」 »